MENU

2017年11月

blog
なぜまらそん50 神戸マラソン | 社長のひとり言

なぜまらそん50 神戸マラソン

“社長のひとり言”では頻繁に登場するマラソンブログもあっという間に50回!記念の50回ということで少々長文となることをお許しください  11月12日のいびがわマラソンでは、またまた32キロ過ぎに大失速してしまったので、11月19日の神戸マラソンは、最初の5キロを25分、35キロまでは5キロ23分のペースを守り、残りの7,2195キロド根性で走る!というプランを立て走る、と前回のブログにて宣言させて頂きました 今までも「前半飛ばし過ぎ」とよく言われましたが、前半飛ばすといけない理由がよくわかっていなかったので、結局抑えることがでませんでした。ところが今回、要約すると「スタート直後に消費するエネルギーは非常に大きく、特に5キロくらいはアップのつもりで抑えて走ることで、消費量も大きく抑えられる」という話を聞きましたその話が妙にハマって、「アップしないなら、最初は抑えなければいけないんだ!」と考えることができたのでした 最初飛ばさなくてよい」と考えるだけで、早くから競って整列する必要もなくなり、更にスタートしてからもごちゃごちゃの中で左右にすり抜け走る必要もなくなるなど、かなり心のゆとりも持てました :-D ゆったり走ったつもりでも最初の5キロは23分。このペースで35キロまでいこう!と心に決め、ひたすら5キロラップを気にしながら走り続けました。30キロ過ぎてもいつものようにカラダが重くなるようなことはなく、目標の35キロを通過!ここからはど根性!というプランでした。しかし「神戸は37キロ付近で難 関の坂道があるので、その坂道までは今のペースを保ち、登り切って最後の2.2キロをど根性でいこう!」と冷静に走り続けました。 今までは「後半失速して当たり前」と考えていた私でした。しかしずっと同じペースで走り続け、更にはまさかのラストスパートまでかけることができました「自分もまだこんな走り方ができるんだ!」とペースアップしながら嬉しさがこみあげてきて、涙しそうになった瞬間もありました最後は「なんとか3時間14分台に乗せたい」の一心でゴールを目指し、3時間14分47秒。エイドでも立ち止まることなく、走り続けたのは2013年以来だと記憶しています  記録的には自己ベストには及ばない6番目の記録ですが、“同じペースで完走できた”ということと、“2年ぶりに3時間15分を切れた”ということから、諦めかけていた夢に向かって挑戦できる勇気を与えてくれた大会となりました 神戸には、ご主人の転勤により退職され、大阪に引越しした吉岡さんが応援しに来てくれていました!吉岡さんから「35キロ付近で応援してます!」と連絡をもらっていたので、「とにかく35キロまでは笑顔で頑張ろう!」と思いながら走ったことも、よかったと思います!!結局、吉岡さんは10キロ付近で応援していたらしく、私は気づけませんでしたが・・・ しかし吉岡さんは私に気づいてくれたようです 完走後、なぜか食べたくなるラーメンを付き合ってもらい、元気にされている吉岡さんとたくさんお話ししてきました このブログが100回に到達する時には、2時間台の夢を叶えたい、そのための練習方法をもう一度見直そうと考えています (S.K@社長)

なぜまらそん49 第30回いびがわマラソン | 社長のひとり言

なぜまらそん49 第30回いびがわマラソン

今秋は3つのフルマラソンを予定していましたが、横浜マラソンは台風で中止になった為、昨年同様、いびがわと神戸を2週連続で走る予定をしています。その内まずいびがわを走ってきました 昨年のいびがわ3時間18分、神戸は3時間26分と2本共に後半大失速してしまいました。1年ぶりのフルマラソンとなるいびがわは紅葉もきれいなので「楽しく走ろう!あと何キロもある」と思うのでなく、「あと何キロも楽しめる!」って気持ちで行こう!と考えるようにしました。また前半飛ばし過ぎないように心掛けました。 例年よりは抑えめに1時間35分で折り返しました。あとはどこまでこのペースを守れるか?それも楽しもう!と思いながら走っていました。が、30キロ過ぎからカラダは重くなり、32キロでは屈辱にも歩いてしまいました。昨年は後半の下りでは坂道だからなんとか走りきれたのですが、今年は坂道も歩いて更に大失速、5分遅れの3時間23分でした 19日は神戸マラソンですが、後半大失速しないよう本番でどうやって走るのか?ネットなどで経験者の意見を調べながら検討中ですが、前半の5キロを25分、35キロまでは5キロ23分のペースを守り、残りの7,2195キロど根性で走る!(笑)というプランでいこうかと考えています!そんなうまくいくかな?ですが、いつも好タイムを狙い前半を飛ばし過ぎるので、しっかり最初だけでも抑えたら自分のカラダがどうなるのか?試してみたいと思います! ちなみに、台風で中止となった横浜マラソンですが、私の望み通り、来年の出走権が頂けるようです!もちろん参加費は必要ですが、完走すれば今年と来年分の完走メダルが2個頂けるそうです!来年こそ横浜を走りたいですね! (S.K@社長)

なぜまらそん48 横浜マラソン | 社長のひとり言

なぜまらそん48 横浜マラソン

新庄村でのトレイルランニングに続き年内に3つのフルマラソンにエントリーしています。その1つ目の横浜マラソンが10月29日(日)に開催されました!というよりは、開催されるはずでした・・・が、なんと台風22号の影響で中止に。。 前日受付の為、28日夕刻横浜に着きチェックインを済ませ、着替えて軽く走りながら受付会場へ行こうとしていたその時、友人から中止の連絡が入りました。途方に暮れるというのはこういうことを言うのか。。。と思えるほどの目先が真っ暗になりました。「マラソンは雨天でも決行!」という考えが私のスタンダードだったからでしょう。現実を受け入れられない、行き場のない怒りを鎮めながら、とりあえず受付会場へ行き、会場のイベントを見学していました。その間、一緒に大会に出る予定をしていた横浜在住の後輩から明日は一緒に走りましょう!と誘いをもらい、うっぷん晴らしの場も見つかったこともあって、落ち着いたのか、ホテルに戻るころには現実を受け止めることが出来ました!(笑) 翌日後輩や後輩の仲間と日産スタジアムの屋根のある場所で走りました。とにかくすごい人がトレーニングしていました。中には私と同様に横浜マラソンの参加賞Tシャツを着てうっぷん晴らししている人が大勢いました。またつけて走ることができなかったゼッケンをわざわざつけて走っている人も大勢いました。私もゼッケンをつけて走ろうかと、前日考えたのですが、やめました。しかしみんな考えることは同じだな!って思いました(笑) 考えることは同じという意味では、私たちは1周約1キロのコースを21周走りましたが、「意地でも42周走るぞ!」という人も多かったのではないかと思います 参加費15000円は返金されないとのことです。中止になっても費用はかかっているので、仕方ないと思いますが、「せめて来年は参加費も支払いますので抽選なしで走れるようにして頂きたい!」って願っています。また「願わくばフィニッシャーズタオルや完走メダルも記念に頂きたい!」って思います。  後輩の仲間は、世界で最も大きいマラソン大会“ニューヨークシティーマラソン”に参加するために渡米したそうですが、前日洪水で中止になったことがあるそうです。その話を伺ってからは、「横浜ならかわいいもんだ!」とすごい説得力ある話に慰めてもらいました 午後は大学時代の仲間と楽しいひと時を過ごすことができ、大会は中止だったけれどわざわざ横浜まで来た甲斐があった!って思えるようになりました 帰りの新幹線は、乗車時刻は定刻でしたが、台風の為三島でストップ!!名古屋に到着したのは1時間遅れでしたとても残念な横浜マラソンでしたが、いろんな意味でとても印象に残る大会になりました (S.K@社長)  

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

CONTACT

各種相談窓口フォーム

家づくりの疑問や不安、専門の
スタッフに相談してみませんか?

家づくり・家さがし
無料相談会

家づくり・家さがし無料相談会

展示場や分譲物件の見学予約、
カタログなどの請求はこちらから

お問い合わせ

お問い合わせ