岡山県新庄事業所

岡山県新庄事業所

岡山県新庄事業所

自ら木を育てることで、環境を守りながら住宅をつくるという
考え方。新庄事業所で取り組む森づくりについてご紹介します。

創業以来、山を愛し、木を慈しむ心を大切にしています。

新庄事業所
▲冬、雪に包まれる新庄事業所

新庄事業所では、社有林1450haの維持・管理に努めています。
鳥取県との県境に位置する新庄村は、緑あふれる豊かな 自然に包まれています。
新庄村は岡山県を流れる旭川の源流にあたり、 下流域に豊かな水を供給しています。

新庄村の森林には様々な木が生い茂っています。
杉や桧の人工林、樹齢100年を超えるようなブナやトチノキの天然林…
中には幹の周囲が大人3人でようやく抱えられるような大木もあります。
この森林の一部は、大山隠岐国立公園にも指定されている貴重な森林と
なっています。

人工林を健全な状態に保つためには手入れが必要です。
國六では、下刈・枝打・除伐・間伐といった人工林の育成に必要な施業を行っています。 さらに杉や桧のような針葉樹だけでなく、広葉樹の植林にも取り組んでいます。
木が育つのには長い年月がかかります。現在ある森林も、先人達が大変な苦労をして育ててきたものです。今を生きる私達も、将来を見据えた森づくりをしなければなりません。また、下流域へ水を供給している森林を所有している以上、森林のもつ公益的機能を十分に発揮できる健全な森づくりは、我々に課せられた使命でもあります。
新庄事業所
▲上空より撮影した岡山の山林
新庄事業所
▲新庄事業所前にて

林業は体力的にはきつい仕事です。
施業を行うには、鉈・刈払機・ チェーンソー等の道具や林業機械を使います。
自然相手の仕事ですので、 苦労することも多々あります。
しかし自分が施業を行い、森がきれいに なることで、他では得られない達成感を
味わうことができます。 その時の森は、まるで喜んでいるようにも見えるから
不思議です。
新庄事業所のメンバーは、夏の暑い日や冬の寒い日も、森を守るために 駆け回っています。

新庄事業所
▲広葉樹からなる天然林。
中には樹齢100年を超える
ようなブナの森もあります。
新庄事業所
▲「晴れの国おかやま国体」で使用された國六の森林コース
また2005年10月には、岡山県で「晴れの国おかやま国体」 が開催されました。その中の山岳(縦走)競技では、 國六の森林がコースとして選ばれました。
野土路のスタート地点~金ヵ谷山~朝鍋鷲ヶ山の5.4kmの 道のりです。標高が上がるにつれ、杉や桧の人工林から ブナ等の天然林へと景色も変化していきます。
競技では全国から参加した選手達が、國六の森林を颯爽と 駆け抜ける姿を見ることができました。

新庄事業所

  • 住所:岡山県真庭郡新庄村3950-1
  • TEL:0867-56-2635
  • FAX:0867-56-3272
  • E-mail: shinjo926@kuniroku.co.jp
  • 地図

新庄事業所