木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2019年7月2日 火曜日

この時期の必須アイテム

201907011梅雨の真只中、皆様いかがお過ごしでしょうか。この時期の必須アイテムと言えば「傘」です。皆様はどの様な傘を使用していますか?私は、ビニール傘を使用しています。雨が降っても殆ど傘を利用しない人間なので、必須アイテムでは無いのですが、この時期には欠かせないアイテムです。

日本では、年間6,500万本のビニール傘が製造されています。単純計算で日本人の2人に1人が、ビニール傘を利用している事になります。皆様も、ビニール傘を利用して忘れた事はないでしょうか。その忘れたビニール傘が警察に届けられるのですが、殆ど引取りが無く、リサイクル業者に引取られていきます。しかし、このビニール傘、リサイクルが不向きで、リサイクル業者は引取りに関して、後向きだそうです。

今のビニール傘は、とても丈夫でリサイクルに手間もコストも掛かり、採算が取れない商品で、今話題になっている中国のプラスチック製品(ゴミ等)の輸入禁止も重なり、リサイクル業者も困っているとの事です。

街中で壊れたビニール傘も問題になっています。収集に自治体の費用がかさむ点、壊れたビニール傘がとても危険な点等、挙げられています。何故、ビニール傘を忘れてしまうのか。「つい忘れてしまう」が一番多く、その「つい忘れてしまう」は、安価で丈夫なビニール傘がどこでも購入できる事が第一の原因であり、「つい忘れてしまう」だけではなく、「使い捨て」になっている事も現状として挙げられます。最近では、ビニール傘のシェアも始まっています。そのアプリを利用している人は「つい忘れてしまう」「使い捨て」がゼロだそうです。(この地方でのサービスはまだ、開始されていません)

 

201907012まだ雨が降る季節が続きます。ビニール傘を利用されているお客様は、自分の相棒のつもりで、愛用して頂ければ幸いです。

 

※傘の持ち方も今問題になっています。道路と平行に横に持つ(特に男性の方がビジネスバックと一緒に持つ)と傘の先の部分が調度、子どもの目線と合い非常に危険です。傘は道路と直角(縦)に持って頂ければと思います。

(M.S@営業チーム)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地