木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2018年11月2日 金曜日

私の読書日記48 うらさだ さだまさしとゆかいな仲間たち

20181102「下町ロケット ヤタガラス」を買うつもりで書店に行ったら、隣にこの本があり、立ち読みしている間に止まらなくなってしまい、買ってしまいました。「読書」と言っていいカテゴリーではないとは思いますが、あまりに愉快な本なので紹介することにします。とは言っても、さだまさしファンにとって愉快なだけなのかも知れません。悪しからず。

 

(内容)

 さだまさしファンを自認する各界の著名人が、さだまさしについて語り尽くす対談やインタビューで構成されています。

●笑福亭鶴瓶×立川談春 (ともに落語家) 対談「談志も嫉妬したトークの腕」
●高見沢俊彦 (シンガーソングライター)「しゃべりにギターをつけさせられた」
●鎌田實(医師、作家) 「『病』を世間に伝播させている」
●小林幸子 (演歌歌手) 「『小銭ならある』と楽しませる人」
●ナオト・インティライミ(シンガーソングライター)  「アラファト議長との共通点」
●カズレーザー (お笑いタレント) 「焼きたてのトーストみたいな存在」
●泉谷しげる (シンガーソングライター) 「個人的な『ため息』を表現」
●レキシ(ミュージシャン)  「破天荒な生き方は初期衝動のため」
●若旦那 (ミュージシャン) 「さだまさし=親父」
●堀江貴文(実業家)  「『1兆人に1人」のレアな価値」

 

 これらの顔ぶれからもわかるように、さだまさしの交友関係は極めて広い。何しろ、歌手としてだけでなく、作詞(さだの場合は作詩と言います)、作曲(他の歌手にも提供)、演奏(ギターにバイオリン)、小説家、噺家(コンサートではトークの面白さが有名で、トークだけのCDも販売)、パーソナリティー、など実に広範囲に活動しています。作った歌は500曲を超え、コンサートは通算4,300回超でダントツの日本一。それほど超多忙な中、地震や洪水などの災害が起これば、真っ先に現地へ駆けつけて被災者を励ます活動を行い、今やそれが「風に立つライオン基金」として定着しています。更に、生番組にこだわり、NHKでほぼ月1度深夜放送している「今夜も生でさだまさし」は10年を超えています。

 

 そんな、さだまさしとはいったい何者なのか。さだの友人たちが、自らの思う「さだまさし論」を展開します。中身までは到底紹介できませんが、書店で見たら、一度立ち読みしてください。私自身さだの大ファンとして是非皆さんに、さだまさしを詳しく知ってほしいと思います。

(M.T@総務部)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地