木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2014年3月31日 月曜日

すっかり春らしくなりました。皆様はどこかにお出かけしますか?

a02ずいぶんと暖かくなりもうすぐお花見が出来そうです。

街中もなんとなく華やかに感じられ、花粉症の私にはつらい時期でもありますが、ついどこかに出掛けたくなります。

街中では最近オレンジ色の車や黄緑色の車を見かける事が多くなりました。ちょっと私には勇気がいる色です。なんとなく個性的な人が乗っているのかなと思ってしまいます。

 

a01私はずっと自分の色彩センスが良くないと感じていて、服やスニーカーの珍しい色を選ぶ時にも「この色ってどう思う」と人に聞いてしまいます。色彩に対する保守的な考えの人はどうも日本には多い様で私の様な方は少なからずいるのではないかと思います。

 

日本人は万葉集の時代から色彩については保守的で表現力が豊かでなく全ての色彩を「赤」「青」「白」「黒」の4系色に分類していたそうです。その為か日本語で色を表す時に赤色、青色、白色、黒色と言いますがこの4色のみ「赤い色」、「青い色」、「白い色」、「黒い色」と漢字の間に平仮名の「い」をいれても日本語として通用します。

他の色では「黄い色」、「緑い色」、「紫い色」等となり日本語として変です。

そういった国民性もあり日本の自動車の色は保守的で外国車ほど奇抜でなかったのですが最近は少し変わってきたのか、かなり派手な色の国産車も目にする様になりました。

これも国際化が一因でしょうか?

同様に住宅でも外壁の色、内装の色、家具の色など極めてオーソドックスな物が好まれて来たのですがこれらもこれから趣向が変わるのかなと思ったりします。

 暖かくなったとはいえまだまだ寒暖の差が激しく体調を崩しやすい時期でもあったりします。くれぐれも健康にはお気をつけ下さい。

(K.A@開発チーム)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地