木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

20200131新規分譲地のガーデンスクエア六条北

分譲住宅3棟が工事着手しました~

天気も良く工事は順調です!!!

 

工事の進捗に合わせ、現在は内装の仕様決めの真最中!

外観もイメージしながら壁紙の色決め

 

なかなか内装のイメージがまとまらないので・・・

ひと目で分かるように壁紙プレゼンボードをつくりましたっ!

 

悩んだ甲斐あって、いい感じです⤴⤴

(自画自賛・・・)

 

まだまだ、工事はつづきます

わが子の成長のように?竣工までの過程が楽しみです!!!

(Y.T@設計チーム)

2020年1月27日 月曜日

各務原市 新分譲地情報

各務原と声に出して読もうとすると戸惑うことがあります。

市が定める正式な呼び方は「かかみがはら」ですがJR高山線の駅名は「かがみがはら」漢字表記も「各務ケ原」です。

市内にある高校は「かかみはら」高校、校歌もそう歌うそうです。

店名とか施設名称は「かがみはら」が多いそうです。

4通りもあると流石に迷います。

私も「かがみはら」と正式名称でない読み方をしている事が多いと思います。

間違えて読んでいても特に指摘されませんが、各務原市民は自分の住所にフリガナを付ける時にどう表記しているのか気になります。

 

さて、そんな各務原市鵜沼三ツ池町で分譲地を販売する事になります。

場所は国道21号線の牛丼の吉野家さんから少し北にはいった住宅街にあり、名鉄各務原線の「二十軒駅」まで10分程度で歩けます。

車でも鉄道でも交通の便の良い立地です。

今回の販売区画は1区画のみ、約60坪の東南角地です。

間口も広く当然日当たり良好です。

しかも接する道路(南側・東側)はどちらも6mで運転がちょっと苦手な方も安心です。

これまで鵜沼三ツ池町では3現場販売させていただきましたがいずれも好評で早期に完売しております。

ご興味がおありの方は是非お問合せ下さい。

(K.A@開発チーム)

2020年1月20日 月曜日

「新分譲地完成!!」

20200122人気の茜部エリアで新しい分譲地が完成しました。

茜部小学校までは徒歩で約8分

バロー茜部南店までは徒歩約4分

その他コンビニや飲食店が徒歩圏内にありながら、大きな通りから離れており、静かな住宅街にあります。

 

全7区画ある分譲地は、これから個性ある分譲住宅を建設する予定になっています。

各棟にこだわりある設計と装飾が見どころになる住宅を2月下旬から工事を開始して6月下旬の完成を予定しております。

 

詳細はホームページでも随時アップされていきます。

「ちょっと気になる」など、ございましたらお気軽にお問合せください。

(K.T@住宅事業部)

2019年12月28日 土曜日

本年もありがとうございました

201912281早いもので令和元年も残りわずかになりました。

今年は、平成から令和へ。元号も変わり、いつもと違う、1年だったのではないでしょうか。

 

「平成最後、令和初」がニュース等で報道され、世の中は、元号が変わる事に、多くの国民が沸き、「平成」から「令和」へのカウントダウンも行われ、「令和」の由来となった万葉集も注目を浴び、(私も本屋にて購入しました)今年の漢字には「令和」の「令」が選ばれました。1月となれば、「令和」初のお正月となり、更に盛り上がるものではないでしょうか。

弊社でも、「平成最後」の住宅展示場が岐阜市正木に4月にオープン。多くのお客様にご来場頂き、クニロクホームの「木の良さ」の家を実体験して頂き、数多くの「令和初」のお客様のお家を、お引渡しをする事も出来ました。

元号は、変わりましたが。弊社の基本は、変わりません。

「木を通じて心の潤いを提供する」

FOR YOUR WOODYLIFE(木の温もりをあなたに)

「木」を通じて、お客様により良い、家を提供していきたいと思います。

 

話は、変わりますが、弊社の「令和初」をご紹介したいと思います。

12月27日(金)17時~ 毎年恒例のクニロクファミリー会が開催されました。今回で17回目。「ファミリー会」名の通り、社員は勿論、家族も参加しての忘年会です。今年は、63世帯、124名が参加。最近では、SNS上で、「忘年会スルー」が多く見られ、忘年会の意義が問われる時代となりましたが、弊社では、全く関係なく、多くの社員、ファミリーに参加してもらい、親睦を深める事が出来ました。

 

201912282今回の催し物は、「チーム対抗歌合戦」住宅事業部2チーム、江南2チーム、岡山新庄1チーム、計5チームが参加。曲目は、子どもに人気のFoorin「パプリカ」、スーパー銭湯アイドル「純烈」での「ピンクレディーSOS」など大いに盛り上がり、催し物とは言え、真剣勝負。参加チームは勿論、審査員も力が入り、チームの団結力を感じる事が出来ました。参加者全員には、豪華景品が贈られました。

 

最後は、毎年恒例のビンゴ大会。今年は、「令和初」のビンゴ大会と言う事で、景品もグレードアップ。なんと1等商品は、旅行券5万円分。お酒でほろ酔い気分の社員も自分のカードを真剣に見ていました。例年以上に盛り上がったと思います。(幹事として、景品の予算アップの交渉した甲斐がありました。)

 

ファミリー会も無事終わり、感じた事があります。先程も記しましたが、「忘年会スルー」

忘年会の意義が問われる時代に、社員と家族が集まり、親睦を深め、大いに盛り上がり、楽しい時間を過ごす事が出来る。社員は、家族のサポートがあって仕事が出来、会社は、社員は、勿論、家族もサポートしている。社員は、会社に感謝し、社員は会社に貢献する。クニロクは、社員(家族を含め)「ONE TEAM」だと感しました。

お客様に対しても同じ気持ちです。「家を購入してもらう、建ててもらう」だけでは無く、購入後、建築後のアフターメンテナンス、リフォームの相談、住宅ローンの借換等、お住まいに関するご相談も気軽に受付出来る体制で、「ONE TEAM」だと思っています。元号が変わった年も残りわずかですが、クニロクは変わらず、お客様のマイホームをバックアップしていきたいと思います。

 

そこで、お知らせです。令和2年1月4日(土)から「木の家」初夢大見学会を開催します。6会場、全13棟が見学出来ます。家を見学「初見学」は、是非クニロクの「木の家」をご見学頂き、夢のマイホーム「初夢」を実現して頂ければと思います。家に関するご質問、お悩み等ございましたら、お気軽にご相談下さい。福袋もご用意しております。(数に限りがございます)お気軽にご来場下さい。

 

 

本年もたくさんのお客様と出会い、マイホームのお手伝いをさせて頂き誠にありがとうございました。皆様にとってより良い新年をお迎え下さい。来年もよろしくお願い致します。

(M.S@営業チーム)

20191210笠松町でも人気のエリア田代に建売分譲住宅が3棟完成しました。

今回のガーデンスクエア笠松田代Ⅺは全6区画での販売ですが、すでに3棟は販売済みです。

12年程前に初めて笠松町田代で販売を開始して周辺の物件含め約100棟販売済みです。

私自身も笠松町には思い出があり、今から約10年前にNHKさんからテレビの取材依頼がきて、笠松町の住みやすさについてインタビューに答えさせさて頂きました。

日曜日の「おはよう日本」に私が出演させてもらった時は、私の元にお客様や友人、知人から連絡があり影響絶大でした☺

住みやい木の温もりを感じる、ガーデンスクエ笠松田代Ⅺに住宅の参考、ローン相談等、遊びにお越し下さいませ。

今インフルエンザが流行り出してきていますので、皆様体調だけは気をつけてくださいね。

ガーデンスクエア笠松田代Ⅺ 詳しくはこちら

(K.N@営業チーム)

2019年10月10日 木曜日

山と工場見学ツアーレポート☆

20191010110月5日土曜日

山と工場見学ツアーが無事終わりました。当日は晴天!青空の下でのツアーとなりましたが、ちょっと暑かったです◎

午前中は、江南プレカットセンターの工場見学、CAD室にてパソコンの前で木を加工するための入力画面を見て説明を聞きました。その後工場で実際に木材が加工されている工程を見学しました。

 

そして、昼食はぎふ初寿司ランチ!おいしくて大満足でした◎

201910102午後は山での作業体験、恒例の重機操作体験も行いました◎

今回は山の話の中でクイズや実験を交え森林の役割や木を使う大切さについて学びました。

 

最後に正木住宅展示場でモデルハウスを見学、山や工場に行ったあとの見学だったため「木をふんだんに使ったモデルハウスがいつもと違って見えた!」などの感想をいただきました。

参加いただいた皆様より「普段できない体験ができて良かった!楽しかった!」と言っていただきスタッフも大満足の1日でした。

 

参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。

 (A.N@総合企画室)

2019年10月8日 火曜日

コンクリート打設

20191008基礎施工における配筋検査の後の工程は、基礎の型枠を施工してからコンクリート打設になります。コンクリートはスラブ部分と基礎の立ち上がり部分の二回に分けて施工していきます。

今回は一回目のスラブの打設になります。弊社はベタ基礎工法で、スラブとは土台をのせる基礎の立ち上がりを支えるコンクリートの床の部分になります。

構造体と基礎を緊結するための金物(ホールダウン金物・アンカーボルト)が所定の場所にあるか確認し、コンクリートへの金物の埋込深さを確保し定着をしっかりとさせます。

この現場は長期優良住宅であるため、床下の配管のメンテナンスが容易に出来る様スリーブ管をいれてありますが、このスリーブ管も一緒にコンクリートに埋め込むことで配管等を通すスペースをスリーブ管によって確保できます。

 

また、間取りを支えるガッチリとした基礎梁もありますが、このようにコンクリートを打設すると目には見えない部分になります。でも、とっても重要な部分ですのでクニロクホームでは大切に考え強度のある丈夫な基礎を施工しています。

 

これから、コンクリートの立ち上がりの型枠組と打設→コンクリート養生(強度を出すため)→土台敷→上棟の日を迎えます。

建て方や工事が無事に終わり、お客様のご納得いく仕上がりでお引渡しできるように努力していきます。

(M.K@設計チーム)

20190920木表は「キオモテ」、木裏は「キウラ」と読みます。

木を製材したときに、丸太の外側にあたる面が木表=オモテ。内側(芯に近い)のほうが木裏=ウラです。

 

板にしたときの見分け方は、木口(年輪が見える面)を見ればわかりやすいです。

木口には年輪が表れていますが、そのカーブの方向を見れば、どちらが木表か木裏かがわかります。

カーブが山になっている方が、木の外側ですから木表。

カーブが谷になっているのは、木の内側であり、木裏ということになります。

また、木口ではなく板目の様子も、木表と木裏では違っています。

木表は、年輪がもぐっているような感じ。

木裏は、年輪が乗っている感じ。

とよくいわれますが、正直、慣れていない人が見てもよく分かりません・・・。

私も初めは全く分かりませんでした。

しかし、慣れて来れば雰囲気がつかめるようになりますし、熟練の大工さんや製材所の職人さんは、一目見れば瞬時にわかるそうですよ!

とりあえず初心者の方は、木口を見て見分けるのがよさそうです。

(S.K@設計チーム)

20190916現在造成工事中のガーデンスクエア西中島Ⅲの様子です。

9月に入り、朝晩は涼しくなってきましたが、日中はまだまだ暑いです。

ブロック積み工事の職人さんも熱中症対策の空調服を着ています。

今年の夏はフランスでも45℃超の猛暑に見舞われたとか・・・

まだまだ油断せずに工事を進めていきます。

 

ここには3棟の住宅が建ちます。

どんな家になるのでしょうか。今から楽しみですね。

(Y.H@開発チーム)

2019年9月17日 火曜日

配筋検査

20190917先日N様邸の鉄筋が組み上がったので見に行ってきました。

人通口の位置やホールダウン、スリーブ位置などのチェックをしてきました。

ミス無く仕上がっていたので次の工程に進んでいきます。

 

次の工程はコンクリートの打設工事です。

今後も進捗状況を見守っていきたいです。

 

(Y.H@設計チーム)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地