木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2019年9月17日 火曜日

配筋検査

20190917先日N様邸の鉄筋が組み上がったので見に行ってきました。

人通口の位置やホールダウン、スリーブ位置などのチェックをしてきました。

ミス無く仕上がっていたので次の工程に進んでいきます。

 

次の工程はコンクリートの打設工事です。

今後も進捗状況を見守っていきたいです。

 

(Y.H@設計チーム)

2019年8月26日 月曜日

家族サービス

20190826残暑はなお厳しく、皆様いかがお過ごしでしょうか。早速ですが、先日、1週間遅れのお盆休みを利用して、一泊二日の旅行に行って来ました。基本、私達の家族旅行は、1ヶ所行き先を決め、それ以外はノープラン。今回は一度行ってみたかった、諏訪大社へ。初日は清里まで足を延ばし清泉寮へ。天気が良ければ高原の景色を楽しみながら富士山が見られるのですが、当日の天気は曇り(途中豪雨に)名物のソフトクリームを食べながら、素晴らしい景色を見る予定でしたが、日頃の行いが悪く実現できませんでした。(ソフトクリームは美味しく頂きました)

 

次は、星野リゾートのリゾナーレ八ヶ岳へ。宿泊先ではないのですが、色々なお店があり楽しむ事が出来ました。その後、宿泊先に向かったのですが、途中、道の駅、街道沿いの産直売り場へ寄り、産直のぶどう(山梨名産のぶどうは美味しかったです)やトウモロコシを購入し宿泊先へ。宿泊先は上諏訪温泉。部屋は諏訪湖が一望出来、食事も美味しく温泉もかけ流しで、家族でゆっくりする事が出来ました。

 

2日目は、メインの諏訪大社へ。諏訪大社は、諏訪湖周辺に4ヶ所あり、御柱祭で有名な神社です。時間的に2ヶ所(下社秋宮。春宮)を参拝しました。秋宮、春宮共に国の重要文化財に指定されており、敷地内に入ると周りとは違う「気」が流れている感じで、とてもパワーを感じました。そのパワーを直接見る事が出来たのは、大きなしめ縄で重さは500キロあるそうです。春宮は、秋宮と違うパワーを感じました。「結びの杉」があり、縁結びで有名なパワースポットであり、縁結びのパワーを感じたのかもしれません。

 

諏訪大社を後に、自宅へ。途中、諏訪湖サービスエリアに立ち寄りお土産を購入。(私達のお土産もしっかり購入)無事に自宅に到着。充実した2日間でした。(子どもは、その後テニススクールへ。子どもは元気で疲れ知らず。夫婦2人は、ぐったりです)

 

家族旅行に行くと、いつも思う事があります。仕事柄、基本休みは、平日で土日祝は仕事になります。妻も仕事をしており、妻は、土日祝が休み。休みが合わない中、休みを調整しています。子どもは、子どもで、物心ついた時から、私の仕事を理解し、「遊びに行きたい」と言わず、(我慢しているのかもしれませんが)年に一度の旅行を楽しみにしています。家族に感謝しかありません。

 

毎日の生活で、家族に感謝を伝える事は難しいかもしれません。私の様な仕事人間は特にそうかもしれません。しかし「家族あっての私」であり、家族の支えがあり仕事が出来ていると思います。日頃の感謝を伝える事は出来ないかもしれませんが、これからは言葉に出して感謝を伝えていければと思っています。皆様も恥ずかしがらずに感謝を伝えましょう。

(M.S@営業チーム)

2019年8月23日 金曜日

たくさん収納を確保するには?

20190824お客様から間取りのご要望をお聞きしたとき、「収納スペースを確保したい!」という方が多くいらっしゃいます。

今回はその中でも、玄関まわりについてお話ししたいと思います。

〈図1〉

最近人気を集めているのが、通り抜けるシューズクロークです。
「玄関をお客様用と家族用とに分けることでスッキリ見せられる」「扉を開閉しなくていい」などのよい点があり、ご要望をいただくことも多いです。
もちろんデメリットもあります。
通り抜けるということは、それだけのスペースが必要になる…つまり、限られた住宅の面積の中で、廊下の役割にあたる面積が増えてしまうことになります。

〈図2〉

こちらのプランでは、大き目の土間収納を採用したプランです。通り抜けできない代わりに奥に棚を付ける、玄関収納を大きくするなどして、収納量を多く確保しています。
また、東側に窓がたくさんとれるので、明るい印象の玄関になりますね。

〈図3〉

アウトドアなどの趣味も無いし、ペットもいない…そんな方には、こちらのプランはいかがでしょうか?
土間収納を小さくした代わりに、リビングに大きな収納をつくることができました。玄関収納が大きいので、靴などの収納量もたっぷりできます。

注文住宅を考えるとき、面積が大きくなるほどお金がかかってしまいます。そんなときは、どの機能を大切にしたいのか?一度考えてみてはいかがでしょうか。

(R.H@営業チーム)

2019年8月22日 木曜日

子どもの成長と間取りについて

20190821住まいづくりを考えるとき子どもたちにとって理想な間取りを考えてみませんか?

パパ・ママが「ランドセルしまったの?」「宿題したの?」という前に、
子どもが自分で「ランドセルしまったよ!」「宿題したよ!」と言ってくれたら・・。
想像するだけで嬉しくなりませんか?

規則正しい習慣を身に着けるためには、子どもたちの成長・変化・時期に合った収納計画と、効率よく子どもたちを導く動線計画が必要となります。

例えば「整理整頓」では「いつ・どこで・なにを」を具体的にして子どもにもわかりやすい具体的なルールを作ってあげます。
環境をととのえることが、子どもたちが“自分自身でできること”そして“できることを増やすこと”にもなります。

もっと話を詳しく聞きたい!子どもを導く導線計画て何?て思われた方は是非間取り相談会にご参加ください。ご来場お待ちしています。


★2日間限定★ 間取り相談会開催!
  
会 場:正木住宅展示場
日 時:9月7日()・8() 10:00~17:00
テーマ:子どもがすくすく育つ間取り

 

 正木住宅展示場

 規格住宅「子ども導線×木こりの家」

(A.N@総合企画室)

201907081玄関の鍵はどんどん便利に使い易くなっています。

 

リモコンやカードや、タッチキーで開け閉めできるシステムで、子どもにもお年寄りにも使い易い最新のキースタイルになってきています。

(クニロクホームでも、最新のキースタイルをオプションにてお選びいただけます。)

 

私の自宅は、こんな便利な鍵ではないので、現在の玄関扉の鍵はとても便利で安心で生活しやすいのではないかと思い、見る度にとても羨ましく感じています。

もし、二回目お家を建てるなら、絶対便利なドアにしたいと思います。

 

201907082というのも、自宅の玄関は昔ながらの木製建具の鍵ですので、雨の日なんかは、木が膨張して鍵が開けづらく、開閉にちょっとしたコツが必要になります。子どもには、難しくて開けられないくらいです。

防犯性も最新のものと比べると何となく不安を個人的に感じています。

 

先日、自宅ちょっと不自由な玄関扉の合鍵を作り、少し気に入って玄関ドアを少し好きになれました。不自由な玄関ドアですが、まだ変えるわけにもいかないので、これからも玄関ドアと仲良く暮らしていこうと思いました。

(M.K@設計チーム)

2019年7月2日 火曜日

この時期の必須アイテム

梅雨の真只中、皆様いかがお過ごしでしょうか。この時期の必須アイテムと言えば「傘」です。皆様はどの様な傘を使用していますか?私は、ビニール傘を使用しています。雨が降っても殆ど傘を利用しない人間なので、必須アイテムでは無いのですが、この時期には欠かせないアイテムです。

日本では、年間6,500万本のビニール傘が製造されています。単純計算で日本人の2人に1人が、ビニール傘を利用している事になります。皆様も、ビニール傘を利用して忘れた事はないでしょうか。その忘れたビニール傘が警察に届けられるのですが、殆ど引取りが無く、リサイクル業者に引取られていきます。しかし、このビニール傘、リサイクルが不向きで、リサイクル業者は引取りに関して、後向きだそうです。

今のビニール傘は、とても丈夫でリサイクルに手間もコストも掛かり、採算が取れない商品で、今話題になっている中国のプラスチック製品(ゴミ等)の輸入禁止も重なり、リサイクル業者も困っているとの事です。

街中で壊れたビニール傘も問題になっています。収集に自治体の費用がかさむ点、壊れたビニール傘がとても危険な点等、挙げられています。何故、ビニール傘を忘れてしまうのか。「つい忘れてしまう」が一番多く、その「つい忘れてしまう」は、安価で丈夫なビニール傘がどこでも購入できる事が第一の原因であり、「つい忘れてしまう」だけではなく、「使い捨て」になっている事も現状として挙げられます。最近では、ビニール傘のシェアも始まっています。そのアプリを利用している人は「つい忘れてしまう」「使い捨て」がゼロだそうです。(この地方でのサービスはまだ、開始されていません)

まだ雨が降る季節が続きます。ビニール傘を利用されているお客様は、自分の相棒のつもりで、愛用して頂ければ幸いです。

 

※傘の持ち方も今問題になっています。道路と平行に横に持つ(特に男性の方がビジネスバックと一緒に持つ)と傘の先の部分が調度、子どもの目線と合い非常に危険です。傘は道路と直角(縦)に持って頂ければと思います。

(M.S@営業チーム)

おはようございます。

日頃から弊社ホームページを見て頂きありがとうございます。

新しく「分譲住宅設備」のページを設けましたので、ぜひチェックしてください^^

クニロクホームの分譲住宅、こだわりのTOCLASキッチンや幅900のひろびろ洗面台など充実の設備が揃った住まい。

実際に現地で確認しても、住んでみないと分からない細かい機能もあります。毎日使う部分だからこそ、使いやすく綺麗に保つことができるような資材の選定をしています。

分譲住宅設備ページは各物件詳細の「プラン・価格」ページの

●分譲住宅の標準設備をみる<<

というテキストリンクからジャンプできます。

 

(Y.K@総合企画室)

 

20190627梅雨の真っただ中、皆さん洗濯ものを室内干しされている方も多いと思います。

雨でなくても共働きの方、花粉や黄砂、PM2.5の影響で外に干したくない方も多いと思います。外干しは気持ちよく理想ですが、これから先ますます室内干し派の人が増えるのではないでしょうか。

室内干しをするスペースはリビングや寝室が多いようですが、常に洗濯物が見えているストレスを考えると、思い切って間取りを考えるときに室内干しできるスペースを考えてはどうでしょう?理想を言えば2階ではなく1階にスペースがあれば効率的です。ランドリースペースのある正木展示場で家づくりのアイデアを見つけてください。

(A.N@総合企画室)

 

2019年6月4日 火曜日

タタミルームが人気

20190604若い世代ほど畳が好き?

注文住宅を建築した20代~40代の単世帯家族を対象に「間取り実態調査」を行った中で

タタミの有無について調べた記事が載っていました。

20代で「有り」と答えた世代が、76%、30代では75.6%、40台で70.6%という結果が出ていました。若い世代ほどタタミルームの採用に積極的で、広さについては6畳未満が約80%を占めそのうち40%が4.5畳未満とのことで、タタミルーム=「客間」というよりも「子育て」「家事」「趣味」など自由に使える一つの“スペース”としてとらえているそうです。特に小さなお子様の遊び場(昼寝・遊び場など)としてニーズが高まっています。狭くても日本らしい落ち着く空間は若い世代でも注目を集めているのですね。

クニロクホームの分譲住宅でもLDKとつながる和室を標準としています。リビングの一部として日頃はオープンに使用し、間仕切り戸を閉めると独立した空間にもなるように設計しています。是非タタミルームの空間を注目してみてください。

(A.N@総合企画室)

2019年5月24日 金曜日

現場監督

2019052425月だというのに既に気温30℃を超えていますが、現場の工事は順調に進んでいます。

こちらはガーデンスクエア笠松田代12です。
側溝の設置やブロック積み工事を行っています。
あとひと月ほどで完成の予定です。

実はこの現場には、特別な現場監督がいます。
四六時中現場に目を光らせているのは・・・

 

 

201905241この鳥です(笑)
近くに巣があるので、近づくとすごい勢いで威嚇されます。
鋭い声で鳴き、空から急降下してきます。
つがいで卵を守っているようです。
「ケリ」という名前の鳥で、気が強いそうです。
現場監督にはピッタリかも!?

夏に向かって暑くなりますが、熱中症に気を付けて工事を進めていきます。

(Y.H@開発チーム)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地