木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2013年10月17日 木曜日

寒い季節におすすめ

猛暑が終わり最近めっきり肌寒くなってきました。
寒くなると温かいものが食べたくなります。

img1042303322先日、ピザや焼き物好きが高じてコンベクションオーブンなるものを購入しました。
オーブントースターに熱風循環機能がついたような割とシンプルなものです。今までは電子オーブンレンジで焼いてましたが、時間がかかり温度もすぐ下がる等使い勝手もいまいちでした。
しかしこれで焼いてみると・・・

予熱も速く、トースターやレンジとは一線を画すパワーと遠赤外線の効果なのかパンの焼きムラはほとんどなくいいかんじのキツネ色に、スーパーで売られているチルドピザや冷凍ピザでさえも外はサックリ、中はフカフカの焼き上がりになり感動!

mma冷めた天ぷらやフライの温め直しもいいかんじで油を落とす事ができサックサクになります。
食パンの初焼きは、有り余る火力目を離した隙にでパサパサの真っ黒焦げに・・・
パンの焼き上がりはポップアップトースターの次点くらいでしょうか。
又、このコンベクションオーブン、肉料理やお菓子づくりで本領を発揮するそうで。
まぁとにかく何でもよく焼けるのが特徴です。

200Vの業務用オーブンやガスオーブンにはかないませんが家庭で手軽に本格的なオーブン料理ができるコンベクションオーブン。
これからの季節ますます活躍してくれそうです。

(M.M@営業チーム)

2013年10月16日 水曜日

試掘調査

shikutsu埋蔵文化財の試掘を行いました。

埋蔵文化財の包蔵地に指定されていると、土地を掘削する際には届出をしなくてはなりません。

普段の生活では地面の下のことなど考えたりしませんが、家を建てる際にはちょっと調べなくてはなりません。

この試掘で重要な文化財などが出てくると、詳細な調査が必要になる場合もあります。
調査には時間がかかるので、我々にとってはありがたくないですね・・

(Y.H@開発チーム)

こちらのイベントは終了いたしました

refomegifuto 

  10月12日「新」住宅展示場 ⇐ここをクリック
                                 
グランドオープン

     
      10月12日()・13日()・14日()
  
      ぴかぴか (新しい)オープン記念イベント(3日間)を開催します。
                                        am10:00~pm5:00

      会場:岐阜市敷島町4丁目7の「新」住宅展示場です。家

 

岐阜市敷島町住宅展示場クニロク本社から西へ約1.3km・車で約5分の距離に位置し

比較的大きな幹線道路に面しており、存在感のある外観に仕上がっています。
内装はもちろん“木”をふんだんに使った仕上げで、ぬくもり溢れる“木”の住空間になっています。

建物プランは、大きな吹抜があるリビングに外との広がりを感じるサッシが配置してあり、
光と風を運んでくれます。また、様々な収納スペースが片付けのちょっとしたヒントを与えてくれると思います。


住宅展示場は皆様に見て実感して頂くため街にジャストサイズの住宅となっております。
住宅を検討されている方や住宅を新築されたばかりの方、
リフォームを検討されている方など、どなたでもお気軽に見て頂けます。
ご家族やお友達にご近所の方と一緒にぜひご来場ください。お待ちしております。

(A.N@総合企画室)

2013年10月10日 木曜日

私の読書日記(14)

画像 永遠の0                                               永遠の0(ゼロ)                   百田尚樹

 本年2月26日のブログで採りあげた「海賊と呼ばれた男」の作者、百田尚樹氏のデビュー作です 鉛筆

単行本としては2006年に出版されましたが、文庫化されて大ブレイク、250万部のベストセラーとなっているようです。映画化もされており、12月に公開されます TV

(あらすじ)
 26歳の佐伯健太郎とその姉の貴子は自分たちの現在の祖父は祖母が再婚した相手であり、血はつながっておらず実の祖父が別に存在していたことを知る。そして母の実の父親であった祖父、宮部久蔵は第二次世界大戦当時、航空隊のパイロットであり、特攻隊として死んだことを知り、どのような人物であったのか興味を持ち、調査を始める。

 各地の戦友会に手紙を書き趣旨を告げ、祖父を知っている人を紹介してもらう。祖父と同年代であれば80代後半。多くの方が亡くなっているはずだがそれでも何人か、祖父を知っている人たちがいた。二人はその人たちに会いに行く。

 最初訪ねた老人からは「宮部は航空隊一の臆病者だった」と蔑んだ言い方をされ、ショックを受ける。「宮部は生き延びることばかりを考え、戦場では逃げてばかりだった」と。

 しかし、続いて何人かの老人の話を聞く内に、次第に宮部久蔵の「臆病」の真相が明らかになっていく。宮部はゼロ戦のパイロットとして素晴らしい技術を持っており、出撃すれば必ず何機か敵の戦闘機を撃墜し、味方の命を何度も救い、それでも決して敵機には撃墜されることはなかった。「臆病者」と呼ばれたのは、常に死と隣り合わせのパイロットであるのに、生き延びることを優先し、無謀な戦いを決してせず、部下にも死に急ぐ戦いはしないよう、厳に戒めていたからであった。あの当時、戦地においては「生きて帰りたい」とは絶対に口にしてはならない言葉だったのだ。

 宮部はなぜ生き延びようと決意していたのか。そして、それだけ生に執着していたにもかかわらず、なぜ最後は特攻隊に志願して死んだのか。それらの大きな疑問を抱きながら調査が続き、元戦友たちが宮部の実像を語っていく。そして、最後に二人が行きついた先は……。

(感想)
 第二次世界大戦時の特攻隊を扱った小説です。主人公など人物の設定はフィクションと思われますが、真珠湾以降の戦闘の推移やゼロ戦の戦闘能力、いつくかの実際の戦闘シーンはとてもリアルで実話に基づくものと思われます。

 読み進むに連れ、なぜ日本はあのような勝算のない戦いに突入してしまったのか、そしてなぜ、誰の目にも敗色濃厚となった段階で戦争を止めることができなかったのか、強い疑問と憤りを感じます。当時の陸軍や海軍の幹部や参謀たちが現実を直視せず、国民にはウソばかりを伝え、精神論だけで国民や兵士に戦争の継続を強要し、尊い命が失われていった事実が浮かびあがります。その象徴の一つが特攻隊です。

特攻隊は志願の形を取ってはいますが、その実態は命令なのです。兵士に死を命じるのです。その特攻隊も緒戦こそ戦術としての効果はあったものの、米軍に研究され、後には飛び立った戦闘機はほとんど敵艦まで到達できず、途中で撃ち落とされているのです。そういう状況の中でも作戦は繰り返され、若い兵士たちは「祖国を守るため」と信じ飛んで行ったのです。

  私たちのような世代も「戦争を知らない子供たち」と呼ばれたくらいで、戦争の実態を知りません。まして、今の若い世代であれば戦争は歴史上の出来事であり、自分たちには関係のない遠い過去の話でしょう。そんな人たちにこの本を是非読んで頂きたい。映画も観てほしいですが、その前に是非読んでほしい。読み始めれば感動のラストまで本が手放せません。心揺さぶられる本です 本

(M.T@総務部)

u01みなさんこんにちは。「木kori(キコリー)の木工教室」の時間です 美容院 (鋏)

さて、10月になり、気候も秋らしくなってきましたね もみじ
10月31日は全国的に「ハロウィン」という事なので、今回はハロウィンらしいものをつくってみたいと思います。

はい、材料です。これ以外にも白、黒、赤のフェルトも使ってます。どれも百均で手に入るものばかりです。

u02まずはかぼちゃに顔を書いてみましょう 鉛筆
マジックで書くだけなので、簡単ですね。

…意外とリアルになりましたね~。
子どもが見たら怖がってしまうかもしれません がまん顔

u03では次に、お化けをつくりましょう。
デコレーションボールという毛玉にフェルトの顔をくっつけるだけですが、今回はよりリアルにするために、しっぽ(?)をつけたいと思います。
これもフェルトでつくります。先をとがらせるように三角のつつを作り、ボールに貼り付けます。
三角のつつは糸で縫いつけ、ボールには接着剤でつけました。
結構かわいくつくれたと思いますが…。もはや「木工教室」ではないような気が…。
いやいや、ここから「木工」の部分がでてきますよ。

u04最初に作ったかぼちゃ顔を、少し太めな木の枝の先端にくっつけて、体をつくります。
さらにその周りにフェルトのマントをつけてあげると…。何となくハロウィンっぽくなりましたね。
あとはこれらを台座にくっつけて、それらしく見せるために木の枝を付ければ完成です。
台座や背景を描いた板は、クニロクの工事現場で出た床などの廃材を利用しています。
背景の絵はスプレーを使って描いています。
意外といい感じに仕上がってるのではないでしょうか?

今回つくったオブジェは、もう少し簡易的でつくりやすいものにして、家 敷島町「新」住宅展示場オープンイベント(10月12日~14日)会場でもつくれるように準備しています。
興味がある方は、新しい展示場を見に来ていただくついでに、「木kori(キコリー)の木工教室」に寄っていってくださいね~待ってま~す わーい (嬉しい顔)

(T.U@建設チーム)

2013年10月7日 月曜日

剣道

先日、町の剣道の大会がありました。わが家からは、一年生の息子が出場しました。

剣道を初めて一年余り経ちますが…。少しは形になってきたのでしょうか?本人以上に、緊張する瞬間です。

 

t01まだ、息子は一人で防具を付けることが出来ませ~ん。

たぶん、頭の後ろまで手がまわらないのでしょう…。

t02防具をつけて、いざ試合です!

防具を付けた姿は、何かのフィギュアみたいで…。

 試合の方は、いつも以上に気合が入っていました。

声が、誰よりも出ていていい試合でした~。

本人以上に、私は満足のいく試合でした。

t03結果は、準優勝で~す!!!

一年生なので、まだ出場人数が少ないのもありますが…。

次の郡大会には、優勝を狙うそうですよ。頑張れ!!!

 こんな小さな息子が、とても頼もしく見えます。

t04 

しかし、本人は準優勝よりも参加賞のおにぎりとジュースの方が…。


(Y.T@建設チーム)

2013年10月5日 土曜日

お客様訪問

私が社長になってから始めたことのひとつに「35年間無料定期点検」があります。正確には平成15年4月から10年間無料定期点検を開始し、平成16年4月から35年間に拡大した経緯があります。
家 いろいろな想いはありますが、「大切な家に良い状態で末永くお住み頂きたい」そしてその為に「クニロクがいるから安心」と感じて頂きたい、そんな想いでメンテナンスの充実を図ってまいりました ムード
更にそのメンテナンスの状況を見て、お客様のご意見を聞かせて頂き、今後に反映させていくために「お客様訪問」をさせて頂くようになったのが平成16年11月からです。 突然訪問しご迷惑と承知しつつ、ご購入頂いたすべての皆様宅にお邪魔させて頂いております わーい (嬉しい顔)

k20131005 例えば、私同様マラソンをされている公園通りのN.K様とは、マラソン談義に花を咲かせいつか一緒に走れれば・・・なんて思いました!! また岐阜市内T.K様宅では、突然訪問させて頂いたにもかかわらずお家にあげて頂き家の活用状況をお見せ頂きいろいろ学ばせて頂いたり、とっても元気なお子さんとたくさん遊ばせて頂いたり・・・、私にとってはとても楽しく有意義な時間でした ぴかぴか (新しい)

これからも申し訳ございませんが、皆様のお宅を訪問させて頂きいろいろなご意見をお聞かせ願いたいと存じます。どうぞよろしくお願いします ハートたち (複数ハート)

(S.K@社長)

2013年10月2日 水曜日

消費税について思う事

まだまだ暑いですが少しは秋らしくなって来たかなと感じています。食欲の秋ですが食べ過ぎには注意したいものです。

 話は変わりますが~

0012私は牛丼が好きで週に一度は食べに行くのですが、ここ最近の消費税の報道を受け考えていることがあります。
それは消費税増税日の前日の23時55分に入店注文して牛丼を食べて日付が変わった0時5分にお勘定を払う場合どちらの消費税率が適用されるのかということです。
0014また仮に注文時の税率が適用されるとしたら23時59分に牛丼を注文し0時1分にお味噌汁を注文したら1会計で2つの税率が用いられるのでしょうか?

同様にコンビニで店員さんがレジを打っている間に日付が変わった場合はどうなるのでしょうか?
かごの中の10品中3品は新税率なんてことになる事はないと思うのですが・・・

さて暑い夏の最中も弊社では次の分譲地を着々と準備していました。

今後の分譲地の予定を少し申し上げますと岐阜市西鶉 笠松町田代 各務原市蘇原月丘町 瑞穂市馬場などがございます。

ご興味がおありの方は是非弊社までご連絡下さい。またお知り合い、お友達が探されているエリアであれば是非教えて上げて下さい。

(K.A@開発チーム)


times201307
手づくりのコミュニケーションペーパーをつくっています。

暮らしに役立つ住まいの耳より情報から お客さまからの投稿記事まで、 

あたたかみのある内容でお届けしています。

是非、ご覧ください。



  PDFのダウンロードはこちら

2013年9月30日 月曜日

次女の結婚式

春奈353皆様、営業の遠田です。いよいよ秋らしくなってきましたね!
今回のブログは私ごとで申し訳ございません。

 9月28日大阪にて次女が結婚式を行いましたハートたち (複数ハート) 久しぶりに私の家族(妹夫婦・長女夫婦などなど)が集まり秋祭りのような結婚式でした ハートたち (複数ハート) 相手が大阪人ですから。(笑)

春奈348婿はもともと大阪出身ですが名古屋の支社にいるときに娘と知り合ったようです。今年大阪本社に戻ることになり娘も決断をしたと言っていました バースデー

 これで2人の娘がそれぞれ埼玉・大阪に嫁ぐことになります。嫁さんと猫三匹になり少しは淋しいですが、ふたりとも、我が家にちょくちょく遊びに来てくれますのでまあ仕方がないかと観念しています。

長女の婿はプロカメラマンで式の間も2,000枚の写真を撮ってくれましたカメラ

春奈378今回の結婚の件も次女は何かと長女に連絡したり、出向いて相談をしたりしていたそうです 手 (チョキ)

 私のお客様もお子さんがお見えになる方が多いです。よくご案内の時とか、お打合せの時にお客様の赤ちゃんを抱っこさせて頂いたりしています。また自分の娘のような若いお客様もここ数年は非常に多くなってきたようにも感じます。

皆様もご結婚当時はそれぞれの親御様より、溢れんばかりの愛情を頂き幸せを願ってこられたと思います。

 住まいは人生にとって、お子様の人格形成にとってまた安全な生活を送っていく為にも非常に大切な器ではないかと、私は感じております。大きい小さいは問題ではなく家族が協力して楽しく元気に生活をしていく場として欠かせないものではないのでしょうか。

 これからも私と同年代のお客様から私の娘のような年代のお客様、また自分の親のような人生の大先輩であるお客様等など様々なお客様と出会っていくでしょうぴかぴか (新しい)

 衣・食・住の中の住宅に携わっていられる事に責任と感謝を感じてこれからも皆様の人生に関わっていけたらと思っています わーい (嬉しい顔)

(K.T@営業チーム)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地