木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2014年3月27日 木曜日

~ ほどほどが心地よい ~

ようやく暖かい季節になり桜も咲く頃ですが、「春眠暁を覚えず」ということわざがある程にこの時期はよく眠れます。

それでも現代はストレス社会!だからこそリラックスして眠れる環境が必要。。。

皆様、快適な眠りはできてますか?

 と、ある専門誌の記事欄に 「床」と「天井」にムク材を使用しているお部屋は良好な睡眠を得るのに効果的、という研究結果がありました。
m002

 眠りは寝具や枕、空調等の影響にも大きく左右されますが、心地よい空間で質の良い睡眠を得る為のひとつの方法として、内装を木質化した空間で、無垢材の香りや見た目の効果と、睡眠との関係の実験を行った結果、木質化率を50%程度にしたお部屋が一番リラックスでき、

良い睡眠が得られやすくなるとの事でした。

 

m001室内の全面を木質化すると、逆に暗い印象や圧迫感を感じやすくなるため、半分程度に留めておくのがおすすめです。

木造住宅のご新築をお考えの方はもちろん、今のお部屋の天井に無垢板を貼る事も可能です。

 

又、国の補助事業の一環として「木材利用ポイント」という制度も併せて利用すれば、さらにお値打ちに。

木質化等をご検討中の方にはお得な制度ですのでこのチャンスを生かしてみてはいかがでしょうか。

木材利用ポイントについては下記リンク先で詳しく調べる事ができます。

http://mokuzai-points.jp/index.html

(M.M@リフォームチーム)

IMG_06563月になりそろそろ春の兆しが、見えたと思いきや 雪がチラチラ雪

今年は珍しく雪が降らないと思っていたら、日本中を寒波が襲い全国的に被害が出て、普段雪が降らない地域ではそれなりの備えができていない為、大災害になってしまいましたね。

雪国の人たちには、そのぐらいでと、思う人もみえたのではないでしょうか。

冬場の植物の水遣りのタイミングはむずかしく、表面の土が乾いていると、ついつい水をあげてしまいがちですが、冬場は成長が遅く水の吸い上げも弱い為根腐れしてしまう危険があるので、3~4日に1回ぐらいが丁度でした。

この冬も無事に越せそうで、やれやれです。

早く暖かくなり桜の季節がくるのを、待ちわびる今日この頃です桜

(T.T@営業チーム)

2014年3月13日 木曜日

男前アイロン

こんにちは。営業の村田です。

ここ最近、体型が以前に増して増えてきた気がします。自分ではなかなか気づきづらい・・いや、気づかないふりをしていたのかもしれません。汗。

これから頑張って走り込みを行い、スマートな体型になれるように努力をしたいと思います。日々努力すれば成果は表れるものなので後日報告していきたいと思いますので、応援宜しくお願いします!

airon又、日々と言えば社会人になってから必ず行っている作業が私にはあります。

「アイロン掛け」です。私は営業職になりますので体型はともかくシャツは常に気を付けています。
最近購入したアイロンは「男前アイロン」。響きが素敵すぎます。

内容もよく「素早い立ち上がり」「先端強力ショット」等、心もシャツもビシッとしてくれますぴかぴか (新しい)

「先端強力ショット」は先端からスチームショットが水平状態で打てます。我が家では必殺技と言い、子どもには大好評ですわーい (嬉しい顔)

使いやすいものが増えておりますが「男前アイロン」おすすめです手 (チョキ)

(S.M@営業チーム)

2014年3月12日 水曜日

S先輩宅リフォーム工事中!

hari現在、私の先輩宅のリフォーム工事をさせて頂いております。このS先輩とは20年くらいのお付き合いですが、親分肌で男が惚れる人物で、いつも周りには男がいっぱい、私も大好きな先輩です。そんな先輩と奥様に昨年10月の敷島町住宅展示場オープンイベントにお越し頂き、リフォームの話しを頂いたのでした。



kamachi当初はクロスのみの話がキッチンなど水廻りや建具に広がり、結局LDKとその隣の応接をひとつの部屋にするという大規模なリフォームへと発展していきました!!

S先輩はとてもセンスがよくデザインにもかなり気遣われ、詳細の納めのひとつひとつにデザインへのこだわりが見受けられます。我々としても、従来隠れていた立派な地松の梁を魅せたり、和室コーナーに使用していたケヤキを框として再利用するなど、クニロクならではの“木のぬくもり溢れる空間”というコンセプトも表現させて頂きました。
hitsuziもちろん断熱材は“羊さん”です!

 毎年かなり手も入れられメンテナンス状況も素晴らしい純和風豪邸のLDK大改造!

とても楽しみです。3月末には完成しますのでまた紹介させて頂きます!

(S.K@社長)

3月9日に開催された、名古屋ウィメンズマラソン2014に参加してきましたグッド (上向き矢印)

1394503084215周りを見渡すと、見事に女子ばかり。(当たり前ですが・・・)

女子高に通ったことの無い私は、ちょっと異様な景色に圧倒されちゃいましたふらふらさすが、女性だけのフルマラソン大会の参加者数としてギネス記録に認定されているだけありますね。カラフルなウェアに身を包んだランナーに感心しつつ割とリラックスをしてスタート時間を迎えました。


a-20140309


スタートから30キロまでは順調に進んでいけましたが、30キロ以降足が痛くなりだしてからは大幅ペースダウン右斜め下
とにかく辛くて辛くて何度も立ち止まってはストレッチをして走りました。歩かないように必死でしたが、沿道の声援や応援メールに支えられ苦しいながらもなんとかゴール。速報ではネットタイム5時間24分18秒でした。


完走賞のティファニーのペンダントも無事ゲットしましたよ手 (チョキ)1394498853251




応援して下さった皆様有難うございましたハートたち (複数ハート)

(A.K@総合企画室)

2014年3月7日 金曜日

私の読書日記(17)

蜩(ひぐらし)の記

葉室 麟

t06平成23年度下半期の直木賞受賞作です。この作家の作品は初めて読みましたが、なかなかの名作だと思います。

(あらすじ)

舞台は江戸時代中期、豊後(今の大分県)の小藩である羽根(うね)藩。

物語の中心人物は、元郡奉行(地方役人)で民衆からの信望も厚く、将来を家老になるであろうと評判のあった戸田秋谷(とだしゅうこく)という人物。秋谷は7年前江戸勤務の際、藩主の側室と不義密通があり、それを咎めた藩士を切り捨てた、との罪により切腹を命ぜられた。しかし刑の執行は10年後と定められた。それは、秋谷が当時藩命により編纂していた家譜(藩の歴史書)を完成させるためであった。10年の間に家譜を完成させ10年後の期日に切腹せよとの命令である。秋谷は藩内の山村で幽閉されて家譜編纂を続けている。

もう一人の中心人物が、若手藩士の檀野庄三郎(だんのしょうさぶろう)。庄三郎も藩内で同僚と刃傷沙汰を起こし、切腹を申し付けられたが、切腹を免ずる代わりに、3年後に切腹する戸田秋谷を監視せよ、との命を受ける。

庄三郎は秋谷と近く接するうちに、秋谷の真っ直ぐな生き方、清廉さ、潔さに触れ、次第に尊敬するようになり、秋谷の罪は冤罪ではないかとの疑問を抱き、密かに調査を始める。すると、事件の裏には藩内の隠された秘密があり、その隠蔽工作と関係があることがわかってくる。

しかし、秋谷本人は自らの罪について肯定も否定もしないで、たんたんとした日々を送っている。自分に課せられた使命(家譜編纂)を完遂するとこだけを考え、助命嘆願の気持ちは全くない。

 やがて、事件の全貌が明らかになるが、秋谷の切腹は執行されるのか?

(感想)

 武士とはこういうものなのか、と考えさせられます。突如として自分に降りかかった運命を、一切言い訳せず受け容れて、ただ自分のなすべきことをなす。自分の死が間近に迫っていても、慌てず騒がず静かにその日を迎える。自分に置き換えてみてそんなことはとても考えられませんが、本物の武士とはそういうものだったのでしょうか。ちょっと現実感がない話ではありますが、考えてみると私も60歳を超え、人生残り少ない年齢だけに同じような境遇かもしれません。後悔しない生き方をしたいと思います。

 ちなみに、この本も映画化されるそうです。秋谷は役所広司くらいかなぁ、と思っていたらひらめきホントに役所でした手 (チョキ) 庄三郎役はいろいろ候補があるなと思っていたら岡田准一。このところ「永遠の0」「軍師官兵衛」と続いていますが、売れっ子ですねわーい (嬉しい顔)

(M.T@総務部)

いよいよ迫ってまいりました。名古屋ウィメンズマラソン2014足

皆様、私がエントリーしたことを覚えて見えましたか?

先日(と、言っても2週間ほど前)大会の参加案内と共にナンバーカード引換証が届きました手 (チョキ)



昨年の3月から、少しずつ、ホントーに少しずつですが練習してきた成果が試されると思うと、かなりドキドキもうやだ〜 (悲しい顔)

本番まであと10日。あまり走り込みは出来ませんが、しっかり準備したいと思います。

結果はまたご報告しまーすハートたち (複数ハート)

(A.K@総合企画室)

2014年2月24日 月曜日

今年のゆき

testこの冬は関東地方や甲信越地方で大雪となっています。 岐阜は例年よりはまだ少ないでしょうか。
根尾の現場も一面白くなっていますが、まだそれほど 奥で無い現場には行けるようです。
冬前は今年は大雪になりそうという話も多く聞かれました。 まだこれから大雪になるかもしれません。
備えは十分にしたいと思います。

(T.Y@岐阜)

2014年2月5日 水曜日

夢のマイホーム(2)

m02こんにちは。営業の村田ですわーい (嬉しい顔)

我が家の住まい造りの進展状況をお伝えさせて頂きたいと思います。

現在、我が家はというと昨年の12月解体が終わりましてまっさらな土地になりました。
私は産まれてからずっと29年間住んでいた住まいなので、何もなくなるとちょっと寂しくなりました。

その分良い住まい建てるぞ!と再認識しました。

1月は東側の石積を擁壁に変更するため石積の撤去を行いました。
大きな石がゴロゴロあり撤去する職人さん達の腕に惚れ惚れしてしまいました手 (チョキ)


最近では家具やタイル等を見学にいく事が多くなり、住まいのイメージを膨らませています。

(S.M@営業チーム)

2014年2月5日 水曜日

私が講師Ⅱ

IMG_0410 以前、私が講師となったメキシコ人の方を対象としたセミナーのご紹介をさせて頂きましたが、先日は岐阜聖徳学園大学にて「企業が望む人材とは?」というテーマで講義をさせて頂きました。岐阜新聞のコラムなどでもおなじみの同大学の河野公洋教授と懇意にさせて頂いており、河野教授から2年前に引き続き2回目の講義の機会を頂いたのでしたぴかぴか (新しい)

 2回目とはいえ大きな講堂で大勢の方を目の前に話をするのは緊張します。ましてや普段話す機会のない学生さん、自分の話を聴いてもらえるのかな~?と不安な気持ちでいっぱいでした。また対象は大学2年生でしたが「やはり2年生で就職や進路のことを真剣に考えなければいけないんだな」と、2年生のころは遊び呆けていた自分を振り返っていました。 約80分、パワーポイント資料を使用しながら私自身やクニロクの紹介や「職業選択」という授業でしたので珍しい林業の話など前半にした上で、私が考える企業が求めている人材について話をさせて頂きましたカラオケ
IMG_0434①諦めない強い心を持っている人
②誠実で素直である人
③常に他人の責任にせず、言い訳なしに自責を問える人
④おかげさまの心で人と触れ合える人
⑤身の回りと頭の整理整頓できる人
その他「目的意識の話」などいろいろさせて頂きましたが、私にとってはあっという間の時間でした。

 その後、河野教授や大学の職員の方、また学生さんと共に昼食を頂きました。場所はもちろん学食!久しぶりの学食、ウキウキワクワクでしたウッシッシ (顔) きれいな学食、多くの学生さんが集まっており活気も満ち溢れており、これぞ懐かしい大学の香り~!って感じでした。 定食を頂きましたが味も抜群!でしたわーい (嬉しい顔)
IMG_4808IMG_4807









 講義の内容は少しでも今後の就職活動や社会に出てから活かして頂ければと思いますが、私自身こういった機会を頂き、改めて学生の頃自分がどんなことを考え、何を求めて生活してきたかなど振り返り、今の自分はどうであるかなど考える素晴らしい機会を頂けたことに感謝です。 つたない話を真剣に聴いて頂き質問までいろいろして頂いた学生の皆さん、こんな素晴らしい機会を頂いた河野教授をはじめとする大学職員の皆様に感謝申し上げます。 ありがとうございましたハートたち (複数ハート)

(S.K@社長)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地