木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2015年2月7日 土曜日

岡山からの“木”の先生

IMG_7616先日、弊社の新庄事業所で日頃より懇意にさせて頂いている岡山県真庭市の山下木材株式会社 山下専務に岐阜までお越し頂き、江南プレカットセンターや住宅事業部に対して“木”の勉強会を開催しました。

山下木材さんは今年で創業88年、製材やプレカットを中心に真庭地区はもちろん日本全体で“木”をいかに浸透させていくか常に取組み、業界全体の利益を為に汗をかかれている会社です。そんな会社を永年牽引されているのが山下専務。その知識を我々も吸収させて頂こう!というのが今回の目的です。

(山下木材ホームページ http://www.yamashitamokuzai.co.jp/index.html

IMG_6510まずはクニロクの3棟の住宅展示場をご覧頂き、我々の“木”の使い方を指導して頂きました。弊社では無垢のひのきや杉を無塗装で使用することが多いのですが、「柿渋」など塗って表情を変えることも有効だという提案を頂戴しました。

移動後江南プレカットセンターでは、弊社の山村工場長をはじめとする若手機械担当者から質問が続出、日頃より効率最優先で取り組んでいる皆がここぞとばかりに課題をぶつけていました。山下さんでは弊社と同じプレカット加工機メーカーを使用していることもありより深い内容について議論でき皆もとても有意義だったようです。

IMG_7618山下専務からはプレカット加工機の配置自体を変えることで更に効率アップになる等のご提案を頂き私自身も有り難かったです。

夜は山下専務を囲みおいしい食事とお酒を楽しみながら勉強会の続き。常に前向きでとても情熱的な山下専務ですからお酒も入れば更に議論は白熱!あっという間のひと時でした。

IMG_6514翌日は住宅事業部の皆との勉強会。乾燥機を10数台保有し乾燥技術を常に研究され続けている山下さんであるからこその詳細な説明を体験談を交えてして頂き、今後の材の使い方に対して大きな影響を与えて頂きました。

こうした勉強会を今後も開催しクニロク全体で更なるレベルアップを図りお客様に快適な住空間、そして木のぬくもりをご提供していけるよう努めてまいります。

(S.K@社長)

2015年2月3日 火曜日

オシャレな家

201502031住宅事業部営業の斉藤です。

 完成見学会にご協力いただく予定のお客様の建築写真です。

外壁に一部タイルを施工しており、モダンな外観です。

201502032また内装は、弊社お薦めのスイス漆喰と無垢材を使用しております。

完成が楽しみです。

 2月28日(土) 3月1日(日)に完成見学会を開催させていただく予定です。

お施主様のご厚意により開催させていただく特別な見学会です。ぜひ現地にてご覧ください。皆様のご来場お待ちしております。

詳しい日程等は、後日ブログにてご紹介させていただきます。

(Z.S@営業チーム)

201502021上棟が終わったところで
今度は現場で電気配線の確認をしました 家

現在は 柱だけの状態ではありますが
家具を置くと コンセントが隠れてしまう 冷や汗2 (顔) なんてところも 目 発見!!
今のうちにコンセントを移動して・・
これでちゃんと使って頂けそうで安心ですひらめき


201502022201502023201502024


大工さんは断熱材を施工中です
断熱材はあったかい ひつじ の毛山羊座、ウールブレス、壁も。天井も。

家じゅうぐるり覆うので、おうちがまるでセーターを着ているようで冬はとってもあたたかく、
『あったかくなったし、外の音も聞こえなくなってきましたね-』と、実感もして頂けたようです
完成が待ち遠しいですね、またご報告しますねわーい (嬉しい顔)

(W.F@建設チーム)

2015年2月2日 月曜日

私の読書日記26

風に立つライオン

さだ まさし

  201502011私の大好きなシンガーソングライター、さだまさしが1987年に作った歌をモチーフに、2013年に自ら小説化したものです。

 歌の方の「風に立つライオン」は、アフリカのケニアに派遣され、現地の住民や子供たちの病気の治療に取り組む若い医師が、かつて恋人だった女性から結婚をするとの手紙をもらい、その女性に返信する手紙の中で、ケニアの自然の偉大さ、子供たちの澄んだ心、ケニアで医療に携わることの使命感を綴る、という設定です。多くの医師や外国で働く日本人たちの間で愛されている曲です。

 201502012この曲の大ファンであった大沢たかおが、さだまさしに懇願し小説化が実現しました。そして彼の主演で映画化されこの3月公開予定です。是非、観に行って頂きたい映画です。(映画公式サイト http://kaze-lion.com/

(あらすじ)
 1987年長崎大学病院の医師、島田航一郎は仲間の医師とともにケニアの病院に派遣される。子供の頃、シュバイツアーに憧れて医師になった航一郎はアフリカの地で現地の住民たちのために働きたいという夢を持っていたため、志願しての派遣であった。その時恋人であった、秋島貴子は長崎の離島で地域医療に従事しており、地元の住民を見捨てて航一郎についていくわけにはいかなかった。
 現地へ着いて目にしたものは、内戦で負傷した多くの兵士たちであり、助かる見込みのある病人を優先して治療し、見込みの少ない病人は見捨てざるを得ない現実だった。中には、少年兵も多くいた。
 その中に、決して周囲のスタッフや子供たちにも心を開かない少年、ンドゥングがいた。ンドゥングは反政府軍に村を襲われ、父母を目の前で殺されていた。その上、捕らわれ少年兵とされ、9人の相手を殺してきていた。それが彼の心の闇だった。航一郎はンドゥングに対し、何とか心を開かせようと決意し、明るくそして粘り強く接し続ける。

(感想)
 歌の方はケニアでの話だけですが、小説は1991年のケニアから20年後の日本に舞台が移ります。2011年の震災後の日本です。ケニアにいて日本の震災の報に接したンドゥングは、すぐに日本に飛びます。それは自分の心を開いてくれた航一郎の恩に報いるため、日本からの支援にお返しをするためです。
 医師になっていたンドゥングは日本で多くの命を救います。航一郎によって救われた命が日本で別の人の命を救うのです。そしてンドゥングによって救われた命がまたいつか誰かの命を救う。そんな「命のバトン」がこの小説のテーマです。
 読んで泣くこと必定。絶対にお薦めの一冊です。全編に亘って関係者のインタビューまたは手紙・メール文、つまり語り口調で構成されていますので、すごく読みやすい本です。文庫版もあります。

(M.T@総務部)

2015年1月26日 月曜日

H様邸リフォーム工事☆

No.41.201501

(@リフォームチーム)

2015年1月26日 月曜日

雪山へ

20150125_135407

週末、ひるがの高原スキー場へ行ってきました。
子どもが小さいうちはスキー場へ行っても雪遊び程度しかできませんでしたが、小学生になった昨年からスキーデビューをさせました。
なかなか自分で教えるのは難しいので、スキースクールで教えてもらうことにしました。2時間ほどのスクールですが、少しは滑れるようになったようです。

最近では親子でスノーボードをしている光景をよく見かけるようになりました。スノボが流行り始めたのは20年ほど前からでしょうか?その頃に滑っていた人たちが、家族で滑るようになったのですね。小さな子でも上手に滑っています。

家に帰ってから思ったこと、、、
家族全員分のスキー板やブーツ・そり等々を仕舞うスペースが玄関にあったらなぁ~玄関に広い収納スペースがある家が羨ましいです。家を建てる際のご参考になれば・・・

Y.H@開発チーム)

2015年1月20日 火曜日

いちご狩り

201501205家族とイチゴ狩りへ行ってきました。
1月17日(土)にオープンしたばかりの「やまがたいちご楽園 雅」さんです。

場所は山県市てんこもり農産物直売所内にあり、岐阜市内から30分程の近さです。
岐阜市内から近いイチゴ園は少なく、すぐに予約で一杯になってしまっていたので、今回の山県市のオープンはイチゴ好きには嬉しいです。

201501204約30分間、甘くて大きな章姫と紅ほっぺが食べ放題です。
練乳とチョコ―レートは追加OK。しかしイチゴにチョコレートは微妙でした…。
子どもと一緒にいくつ食べられるか数えていたのですが、途中から分からなくなってしまいました。
解放される場所の調整はありますが、やはり大きくて赤いイチゴはオープン時間すぐに来るといいよと言われました。(予約優先)
また帰りに農産物直売所で買い物も楽しめます。私たちが寄った昼12時頃には、ほとんど品物が残っていませんでした。こちらも早い時間に行かないとダメですね。

大きなハウス・直売所ではありませんが、気軽に行ける場所としてお勧めです。

(K.I@総務部)

2015年1月20日 火曜日

上棟

K様邸の上棟を行いました 家  始める前の天気は・・なんと雪がチラチラ雪
少々雪も残っていましたが・・・、晴れという天気予報を信じて作業開始!!
201501201201501202









とっても寒い中、大工さん達も頑張ってくれています手 (チョキ)
ご家族みんなで見届け、夕方には無事、こんな姿に・・
201501203
K様にも 『本当に早いですね、建ちましたねー』と大変喜んで頂けました
これから しっかりと 工事を進めさせていただきますので
完成まで もうしばらくお待ちくださいね

これからも引き続き、よろしくお願いいたしますわーい (嬉しい顔)

(W.F@建設チーム)

2015年1月19日 月曜日

2つの大会。1つ目終了

1月11日日曜日。天気は晴れ

今シーズンエントリーした2つの大会のうちの1つ。美濃加茂ハーフマラソン大会10キロの部を走ってきました。

minokamo20151度出たことのある友人から、「とにかく坂がきつい」と聞いていましたが、想像を超えていました。


いつもジョギングペースで走っているため息が上がることは滅多にないのですが、ハァーハァーゼェーゼェーとしんどいことしんどいこと。まるで「心臓破りの坂」だらけ。

息も絶え絶え何とかゴール走る人

完走証をもらうと、なんと77位。 なんか縁起がイイ感じグッド (上向き矢印)

と喜んでいましたが、先日からインフルエンザに罹りダウンしちゃいました泣き顔

報告が遅れましたが、1つ目の大会はこんな結果でした。

3月には2つ目の大会。名古屋シティマラソンがあります。名古屋は坂がないから、美濃加茂よりはきっと楽に走れることでしょう。頑張りまーす手 (グー)

(A・K@総合企画室)

2015年1月8日 木曜日

私の読書日記25

村上海賊の娘(上)(下)

和田 竜(わだ りょう)

t201501083 2014年度の「本屋大賞」受賞作です。本屋大賞は4月に発表されたのですが、読むのがここまで遅くなったのは図書館でこの本の予約がいっぱいだったためです。作者和田竜は映画化された「のぼうの城」も書いており、歴史を題材としたエンターテイメントなお話が得意のようです。

(あらすじ)

舞台は天正4年(1576年)、信長と石山本願寺との争いで、信長が本願寺を包囲し兵糧攻めを展開中に起こった海上での戦い。

t201501084信長の兵糧攻めに苦しむ本願寺側は友好関係にあった毛利輝元に食糧の輸送を懇願する。その量、米10万石。毛利陣営には慎重論もあったが本願寺支援を決定。食料の輸送は海路しかなく、自前の水軍では足りず、当時瀬戸内の海上を支配していた村上水軍に協力を依頼する。

村上水軍には因島(いんのしま)村上、来島(くるしま)村上、能島(のしま)村上と三家あり、この内、因島と来島は協力を快諾。しかし能島村上は独立心が強く、なかなかウンと言わない。説得を重ねる毛利に対し、能島村上の首領村上武吉が出した条件は、20歳になる娘、(きょう)を毛利の武将に嫁がせること。実は、景は醜女で大女、おまけに海賊働きが大好きな男勝りの荒くれ者で、嫁の貰い手がない。景がかわいくて仕方がない武吉は困っていたのである。その条件を毛利が呑み、三家合わせて兵糧を運ぶことになる。

兵糧を積む船は700隻、これを守る兵士用に300隻の計1000隻の大船団が出来上がった。

一方、信長も泉州(今の大阪)の水軍に兵糧搬入阻止を命ずる。水軍を束ねるのは眞鍋海賊の首領、眞鍋七五三兵衛(しめのひょうえ)。こちらも300隻の船で大阪湾を封鎖する。

そして大阪湾で二つの水軍が激突し、海賊vs海賊の激しい海上戦が展開される。

(感想)

歴史上、木津川口の戦いと言われ、実際にあった戦いのようです。史実に基づいてはいますが、戦闘の様子は作者の創作力がいかんなく発揮され、映画を見ているようなリアルな描写が続きます。それぞれの登場人物もキャラが立っており、特に七五三兵衛はものすごい。プロレスラーのような大男がターミネーターのように不死身で、鯨を殺すように銛(もり)を投げ、兵士と船を一緒に破壊してしまいます。

映画になることを想定して書いているのではないかと思いますし、実際、映画化してCGをいっぱい使わないと戦闘シーンのすごさは描けないでしょう。レッドクリフ以上の海戦映画が出来上がるでしょう。

では、映画化したらキャスティングはどうなるのか。景は醜女の大女となっていますので選ぶのが難しい。南海キャンディーズのしずちゃんか、森三中の大島か。でも、泉州の侍からは別嬪と言われている(泉州では女性美への観点がまるで違うらしい)ので、米倉涼子にメイクをさせればいいのではないか。ずっとミスターXの大門未知子のイメージで読んでいました。

七五三兵衛は・・・、あんな大男、映画界にはいないので思いつきません。

(M.T@総務部)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地