木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2018年12月12日 水曜日

休みの使い方

201812111先日、父と義理の兄とゴルフへ行ってきました。2カ月に一回程恒例になりつつある村田家の行事になっています。

毎回練習なしでコースへ行くのでスコアーは毎度の事ですがボロボロです。

私自身ゴルフも楽しみですが、ゴルフで一番は季節感を非常に感じる瞬間です。前回は山々が紅葉し、少し風が強く肌寒さを感じました。そして心身共にリラックス出来ました。

普段とは違う日常の使い方にて体を休める事も大切だと思います。皆様も無理せず、冬場になると事故も増えます。安心・安全にて年末まで過ごしていきたいと思います。

(S.M@営業チーム)

blog20181211

完成間近の「ガーデンスクエア南鶉ⅡA棟」「ガーデンスクエア笠松田代ⅨAB棟」を見に行ってきました。ここで少しご紹介したいと思います。

南鶉ⅡはLDKと和室が一続きになっていて、使いやすさ抜群の間取りです。玄関靴箱には嬉しい姿見ミラー、キッチン隣にはニッチ棚(料理雑誌やスマホ・アイパッドでレシピを見ながら料理できるんです!)もあり、女性設計士ならではの配慮や工夫が沢山組み込まれています。

 blog20181211_02つづいて笠松田代ⅨのAB棟は、優しい風合いの木目がかわいらしい、明るい住まいです。特に多目的カウンター周りには、棚や羽目板でかわいらしくデザインして、楽しくカウンターで作業できる工夫がされています。勉強をしたりパソコンをしたり、目を使ったりと、頭を使う場所に優しい木目があると落ち着いて、作業効率もアップします!

どちらも、現在は内装工事はほとんど終わっており、外構工事中です。

建物内に、ご案内できますので、お気軽にお問合せくださいね♪

 

ガーデンスクエア南鶉Ⅱ

ガーデンスクエア笠松田代Ⅸ

 

(A.N@総合企画室)

2018年12月6日 木曜日

ホームパーティー

20181206先日お引渡しいたしましたお客様のホームパーティーにお呼ばれして、お伺いしてきました。引き渡し後初めてお家の中を拝見させて頂きました。とてもセンス良く、テレビも壁掛けになり、収納ラックもセンス良く、素敵なリビングでした。

 

ご招待されたお友達にも挨拶させていただき、楽しいひと時を過ごさせていただきました。ありがとうございました。

 

(K.M@営業チーム)

2018年11月30日 金曜日

なぜまらそん58 大阪マラソン

201811302014年以来となる大阪マラソンにチャレンジしてきました。4年前は「絶対3時間切るぞ!」と意気込み、ハーフを1時間26分台で飛ばし、26キロで撃沈した大会です!今秋は横浜、いびがわ、と1週ずつ空けて3回目のフルマラソンとなるこの大阪をメインレースと位置付けて練習してきました。

前半からキロ4分25秒で走り続けよう!と決めてスタート!大阪は32000人の大会であるにもかかわらず、28000人の横浜より混雑はなく、スタートは同じ3000位からでしたが、とてもスムーズに走れました!その甲斐あって、順調な5キロラップも刻めました!

後半はエイドでパインを食べながや、コーラを飲みながらストレッチしては、気合いを入れ直し、35キロ過ぎでは、「ここだ!ここで踏ん張れ!」と自分に言い聞かせ、正に老体に鞭打ち走りました!!自己ベストには届きませんでしたが、5年ぶりに3時間1桁の3時間8分32秒でゴール!!まだ3時間1桁で走れる力があるんだ!と思うととても嬉しいです。また、いろんな方のアドバイスを取り入れ、スピードトレーニングや長距離走などコツコツ積み重ねた甲斐があり、成果を数字で実感できることの喜びを感じることができました。

特にスピードトレーニングはつらいですが、2月の京都マラソンでは自己ベスト更新を目指し、トレーニングしていきたいと思います!

 

追伸:大阪マラソンは芸能人も多く走っておられ、すぐ隣から小杉竜一さんがいました!さすが芸人さんで周りを和ませてくれていました!

 

(S.K@社長)

2018年11月28日 水曜日

岐阜県木造住宅相談員

20181128先日、「岐阜県木造住宅相談員」養成講座に参加致しました。

これは岐阜県が住宅購入希望者と最初に接しその後も対応する機会が多い工務店、設計事務所の営業担当者等が「県産材(国産材)の良さ」、「県産材を使用する意義」等の知識を身につけ、県産材住宅についての相談に対応できる人材を育成することを目的として平成24年度から「岐阜県木造住宅相談員養成講座」を実施しています。

 

講座は3回実施され今回は2回目の開催となり冒頭、岐阜県立森林文化アカデミーの小原先生より「木造建築の耐震性について」の講義がありました。大きな地震があった年(阪神淡路大震災、東日本大震災)は不慮の事故死亡者が格段に増えるため建物の耐震性を高めることは非常に大切で「性能設計」をすることで被災を最小限に食い止めることができるとのことで実際、地震の被災地へ出向き状況確認をするとほとんど被害がないとのことです。

今回の講座に参加して住宅とは単に住むためだけのものではなくいざというときは家族の命を守る空間として性能設計は大切なことであると改めて思いました。今後は積極的に性能評価を薦めていこうと思います。

(Y.H@営業チーム)

20181127来年春にオープン予定の、当社モデルの建設工事がスタートしました。

先日、建物で重要な基礎の鉄筋検査を行って来ました。

下請けさんも、モデルなので、気合が入っているのでしょうか、いつもきれいに組んでくれていますが、今回はさらに綺麗に組まれていました。

配筋検査員としては、指摘事項も少なく、とても有難いです。

これからも、現場の進捗状況や、現場で働く私たちや、職人さんたちの働く姿勢をお伝え出来ればと思っています。

(H.F@施工チーム)

20181115現在放映中の「下町ロケット」も第5話を終え、いよいよ後編に突入します。後編の原作は「下町ロケット ヤタガラス」です。別の本にはなっていますが、前編からの続きで主要な登場人物は変わりません。

(あらすじ)

 ギアゴースト社を支援して、特許権侵害に対する裁判を共に戦った佃製作所佃航平であったが、裁判には完全勝訴したものの、ギアゴースト社伊丹社長の態度が一変。実は、ギアゴースト社に対して、佃たちのライバル会社であるダイダロスからM&Aの話が水面下で進行していたのだ。あくまでも佃製作所とのこれまでの経緯や信頼関係を重視する島津と、目の前の利益と帝国重工への復讐に憑りつかれた伊丹との間に亀裂が生じ、ついに島津はギアゴーストを退社する。

 そんな中、帝国重工財前が、新たに、農業用ロボットの開発プロジェクトを立ち上げ、佃にも協力を要請する。財前は「日本の農業を救おう」と熱く佃に語る。実際、日本の農業は高齢化と後継者難で担い手がおらず、極めて深刻な状態だ。農業用ロボットは人手不足を解消し、高品質な農作物を提供することで、日本の農業の姿を大きく変えることができる。ロケットで培った技術を活かすことでこのプロジェクトに貢献しよう、と佃は決意する。佃が提供するのは、ロボットのエンジンとトランスミッションだ。

順調に始まるかと思われたプロジェクトであったが、帝国重工内部での陰湿な派閥争いが絡み、財前がプロジェクトの実権を奪われ、次期社長候補と目される的場が指揮することになる。ここからプロジェクトは迷走を始め、部品の内製化を進める的場は佃製作所を外注先から外してしまう。

 一方、帝国重工のライバルとして、下町の中小企業数社が協力して立ち上げた「ダーウィングループ」が台頭して、同様に農業用ロボを発表する。何とこのグループの中心はダイダロスで、ギアゴーストの伊丹も加わっているのだ。そして、ダーウィングループと帝国重工がともに参加した農業フェアのプレゼンの場で、帝国重工とダーウィンの無人トラクターが直接対決することになる。

(感想)

 後編では、帝国重工内の派閥争いや主導権争いなど、大企業内の闇の部分が表面化します。その中で悪役(敵役)に注目です。今回ではなんと言っても帝国重工の的場俊一。演じるのは日頃悪役などでは見たことがない神田正輝で、なかなか見ものです。

 今回のドラマではキャスティングもユニークです。落語家の立川談春は前作から引き続きですが、アナウンサーの古舘伊知郎福沢朗が悪役で出ており、歌舞伎の尾上菊之助、吉本新喜劇の内場勝則に、なんとピコ太郎でブレイクした古坂大魔王まで出演していました。後編から登場する新たな人物には誰が起用されるのか、楽しみです。

(M.T@総務部)

20181112今年もいびがわマラソンに参加してきました。今年は再来週に控えた大阪マラソンを本命にしていますので、難コースのいびがわは大阪の練習としてキロ4分45秒で最後まで続けることを目標にしました。しかしほとんど最前列に並べてしまったので、周囲には速い人ばかり!(笑)そんな中でゆっくり走れるほど大人の走りが身についていない私は、4分30秒で走り切る目標にあっさり変更!(笑)

30キロまではほぼそのペースを守り、結構いいタイム出るかも!と思ったりもしましたが、そんな甘くなかったです。30キロからペースダウンで、結局3時間16分でゴール。苦しいレースでした(汗)。。。

 

先々週の横浜マラソンでは、もっと走れた!と思えるくらいでしたが、いびがわマラソンでは30キロ以降惨敗、ペース配分の難しさを痛感しています。

ペース配分など考えず、ガツガツ走ってしまえていた昔が懐かしいな。。。(笑)

(S.K@社長)

20181108先日岐阜県木造住宅アドバイザーの講習を受けてまいりました。

この講習では、県産材を活用した木造住宅に関する相談・要望に応えることが出来る建築士として知識を学びます。

何回か講習があり、各講習にテーマが設けられていて、今回は木材市場や製材加工工場の見学でした。

 

岐阜の森林から切り出された原木が市場に置かれ、市場で売られ、そして住宅の材料としての加工されていく様子を学ぶことが出来ました。

実際の原木市場には、山積にされた原木が沢山ありました。

天候や消費税の駆け込み需要などの影響で、原木(特に桧)の量が足りてない状況であることが分かりました。

十分そうにみえる資源であっても、資材として利用には大変で簡単に製品になっているわけではない。

原木が市場に降りてくるまでには、森そして木を育て、それを伐採して市場まで運んでくるといった地道な作業があっての材料であり、沢山の手間暇がかけられここにあるのだと感じました。

 

市場の原木にはQRコードが一本一本つけてあり、商品管理や原産者への連絡などに活用されているようで、とっても便利だと感じました。

製材工場では、原木の皮はぎから、木取り、乾燥方法等々、製品になる様子を見学させていただきました。

あっという間に、大きな機械によって原木から次々に製品に加工される姿には圧倒させられました。

きっと、柱や梁など住宅部材を見ると、原木の姿も目に浮かぶようで、ますます材木への愛着がもていい講習だったと思います。

打合せで、木の良さで、木の知識などをお伝えできるようになっていきたいです。

(M.S@営業チーム)

20181102「下町ロケット ヤタガラス」を買うつもりで書店に行ったら、隣にこの本があり、立ち読みしている間に止まらなくなってしまい、買ってしまいました。「読書」と言っていいカテゴリーではないとは思いますが、あまりに愉快な本なので紹介することにします。とは言っても、さだまさしファンにとって愉快なだけなのかも知れません。悪しからず。

 

(内容)

 さだまさしファンを自認する各界の著名人が、さだまさしについて語り尽くす対談やインタビューで構成されています。

●笑福亭鶴瓶×立川談春 (ともに落語家) 対談「談志も嫉妬したトークの腕」
●高見沢俊彦 (シンガーソングライター)「しゃべりにギターをつけさせられた」
●鎌田實(医師、作家) 「『病』を世間に伝播させている」
●小林幸子 (演歌歌手) 「『小銭ならある』と楽しませる人」
●ナオト・インティライミ(シンガーソングライター)  「アラファト議長との共通点」
●カズレーザー (お笑いタレント) 「焼きたてのトーストみたいな存在」
●泉谷しげる (シンガーソングライター) 「個人的な『ため息』を表現」
●レキシ(ミュージシャン)  「破天荒な生き方は初期衝動のため」
●若旦那 (ミュージシャン) 「さだまさし=親父」
●堀江貴文(実業家)  「『1兆人に1人」のレアな価値」

 

 これらの顔ぶれからもわかるように、さだまさしの交友関係は極めて広い。何しろ、歌手としてだけでなく、作詞(さだの場合は作詩と言います)、作曲(他の歌手にも提供)、演奏(ギターにバイオリン)、小説家、噺家(コンサートではトークの面白さが有名で、トークだけのCDも販売)、パーソナリティー、など実に広範囲に活動しています。作った歌は500曲を超え、コンサートは通算4,300回超でダントツの日本一。それほど超多忙な中、地震や洪水などの災害が起これば、真っ先に現地へ駆けつけて被災者を励ます活動を行い、今やそれが「風に立つライオン基金」として定着しています。更に、生番組にこだわり、NHKでほぼ月1度深夜放送している「今夜も生でさだまさし」は10年を超えています。

 

 そんな、さだまさしとはいったい何者なのか。さだの友人たちが、自らの思う「さだまさし論」を展開します。中身までは到底紹介できませんが、書店で見たら、一度立ち読みしてください。私自身さだの大ファンとして是非皆さんに、さだまさしを詳しく知ってほしいと思います。

(M.T@総務部)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地