木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2016年4月25日 月曜日

トクラス工場へ研修

201604262先日、リフォームチーム3名で浜松にあるトクラス工場へ研修に行きました。

10年ほど前のYAMAHA工場の際も一度訪れた事がありますが、トクラスになってからの工場見学は初めてとなります。

工場内で製造工程や製品の特徴をしっかり説明を受けてきました。その中でも、特に印象深かった事が、工場内部で働かれているスタッフの方ほぼ全員の方が、作業中であってもしっかりと挨拶がされていました。(本当に気持ちのよい挨拶で印象深かったのです)

201604261工場内での製造過程の最中に手を止めて挨拶をするって事はとても大変だと私は思います。手元の仕事に集中しながら他の気配を意識しなければなりません。昔の工場見学では、必死に製品をつくる職人たちの姿を、後ろから見てるイメージがありましたが、トクラスさんは違いました。一人一人が挨拶をしっかりされます。製品をただ作るだけではなく、お客様に良い製品を届けて下さいと言われたような気がしました。

ただ、製品を売るだけではなく、作り手の気持ちやこだわりなど、そういった日本人らしい気持ちを届ける必要を感じた研修でした。

(T.M@リフォームチーム)

2016年4月19日 火曜日

お花見

201604192営業の遠田です。4月上旬妻の両親と一夜城へ 桜 お花見に出かけてきました。毎年行っておりますが今年も春らしい風が吹き、身体全体で春を感じる事が出来大変気に入っています。

今回も晴天に恵まれ穏やかな一日を過ごしてまいりました。地元でもあり毎回知り合いに会います。

今年はお客様にお会いしました。

新年度も始まって早くも3週間が過ぎました。九州では大変大きな震災が頻発しており心が痛みます。

クニロクの住宅は安心安全をモットーに皆様の笑顔をはぐくむことができる明るい住宅を今期も提供していきます。ゴールデンウイークには六条南展示場にてイベントを行いますので是非ご家族お誘いの上遊びに来て頂けたらと思っております。

(K.T@営業チーム)

2016年4月19日 火曜日

1年ぶりの来客

我が家の軒先にはツバメの巣があります。
初めて巣を作ったのは2年前。その時にはヒナも誕生し無事巣立っていきました。
昨年は何羽か物件調査には来ましたが、住み着く事はありませんでした。
フンは困りますが、なんだか寂しい一年を過ごしました。
今年も春がやって来て、家族で「今年はツバメ来るかなと?」と話をしていました。
すると、何羽か物件調査に来る様になりました。その後なんと今年は1つの巣をめぐってケンカも発生しました。
しばらくすると、ケンカも落ち着き1組のツバメ夫婦が住み着きました。
「今年はツバメ来てくれたね」と一安心しました。

201604191ツバメの巣は縁起が良いと言われます。
   ・ツバメの巣ができたお店は繁盛する。
  ・ツバメの巣ができた年は金運が上がる。
  ・ツバメの巣ができた年には子宝に恵まれる。
そうです。

2年前に初めてツバメが巣を作った年に次女が誕生しましたので、本当に縁起が良いかもしれません。
今年は金運が上がる事を願って、温かく見守っていきたいと思います わーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)

(A.H@施工チーム)

2016年4月14日 木曜日

お庭について

201604151先日、ふと自宅の庭を見ると、ドウダンツツジ(灯台躑躅)の花が満開でした。

幼いころから庭にあり、祖母や母と写真を撮ったり、ちょうちんのような小さな花をこっそりちぎっておままごとに使ったりと、様々な思い出のつまった木です。

201604152また、春だけでなく、秋にはモミジの木と一緒に紅葉し、お庭を彩ってくれます。

また、玄関先にはハナミズキ(花水木)が咲いていました。こちらは終わりかけですが、ピンクが鮮やかです。実がついたり紅葉したり、見どころが多くある樹木で、近所の庭先等で見かける機会も多いのではないでしょうか。

201604153お庭に植える樹木は、季節の景観を楽しみ、香りを感じ、思い出を残してくれる大切なものです。

マイホームをお考えの際には、ぜひ庭の樹木についても考えてみるのはいかがでしょうか。

(R.H@設計チーム)

春は出会いの季節でもありお別れの季節でもありますね 桜桜桜

クニロクでも先日、江南プレカットセンターで歓送迎会が開かれました。新卒で12年間、コツコツ総務の仕事をしてくれた女性社員が退社されたのです。

冒頭の挨拶でもお話ししたのですが、彼女は入社当時、あどけなさたっぷりで、まだあかぬけない(アッ、ごめんなさい。。。)女の子だったのですが、どんどん化粧洗練され、ぴかぴか (新しい)きれいになりぴかぴか (新しい)、昨年7月にご結婚指輪 そして5月中旬にはお母さんになるというのですわーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)ホント、時の流れの速さを実感するとともに、見守ってきた保護者??の私もとても嬉しい気分でした。小柄で細身の彼女でしたのでお腹もだいぶ大きくなっていましたが、ぎりぎりまで働いてくれ、後任にしっかり引き継ぎもしてくれました。

201604061後任の新入社員は、元気いっぱいで明るくとても素直な女の子。話していても、やっぱり素直っていいことだ!と改めて感じさせてくれるような、いい子ですわーい (嬉しい顔)手 (チョキ)

2名が主役の歓送迎会でしたが、笑いあり、涙あり、サプライズありのとてもほんわか温かいひと時を過ごすことができ幸せでしたワイングラス

お別れはさみしいのですが、かわいい赤ちゃんを連れてまた会社に遊びに来てくれることを約束すると共に、今後益々の彼女の幸せを願い、最後にみんなで記念撮影しました!、みんな笑顔でいっぱいでした!

201604062201604063さて、江南プレカットセンターでは、現在男子25名、女子4名が日夜汗を流しております。圧倒的に男子が多いですが、工場担当は男子ばかり!先日は工場の一部の社員さんたちの食事会が行われ、私も参加してきましたビール  男子会らしくガッツリ“肉”でしたウッシッシ (顔)

日頃より住宅を販売させて頂く中では、住宅事業部のメンバーが表に出ておりますが、クニロクの家は100パーセント江南プレカットセンターにて構造躯体を生産しております。江南プレカットセンターのみんなの頭脳と汗の結晶がクニロクホームの骨格なのです!!

(S.K@社長)

2016年4月4日 月曜日

リフォーム完成物件のご紹介

先月初めに引渡した完成物件をご紹介したいと思います。

場所は笠松町下本町にある国の登録文化財、杉山邸

同建物は明治24年に建造で、築100年以上の歴史を感じる、素晴らしい木造建築です。

工事範囲は、2階の表座敷と納戸、そこにつながる廊下で、砂壁の砂を落し、聚楽壁の仕上げを塗りなおしたり、古畳を新畳に取替えをしたり、襖を新調したりと、現状をそのままで、内装をきれいにする復旧工事でした。

①    納戸
201604051201604052









着手前                  完成後

②    表座敷
201604053201604054









着手前                  完成後

③    廊下
201604055201604056












着手前            完成後

なお、杉山邸は毎週金、土、日と祝日に一般開放しております。入場無料ですので、

興味のある方は、是非一度立ち寄られてみたら、いかがでしょうか。

(F.H@リフォームチーム)

2016年4月4日 月曜日

いちご狩り

201604041最近暖かい日が続いたため高校時代の友人2人と蒲郡までいちご狩りに行って来ました!!!

時間が無制限の所でしたので、約2時間いちごを食べ続けました(笑)

今までの人生で一番いちごを沢山食べた日になりました。

食べ過ぎたのでお腹の中のいちごを消費する為、近くに竹島があり探検しに行きました。

201604042竹島には初めて行った為、わくわくしながら島を一周して楽しく過ごしました。

竹島は海もあり木々もあり癒される島でした。

お腹と心が満たされた一日となりました。

次は桜が散らないうちに美味しいお酒を飲みながら花見をしたいと思います。

(M.K@設計チーム)

2016年4月2日 土曜日

~ 満開の桜 ~

あちらこちらで桜の開花が見られるようになりました。早咲きの花は見頃を迎えています
大垣市 曽根堤の 桜並木
201604021201604022201604023







こちらは大垣市の曽根町にある桜並木です。
とても見事な桜のトンネルを通ってきました。
更に今週の土日の夜になるとライトアップが施され、幻想的な雰囲気になります。






021604024


大垣市 船町公園 水門川の
桜並木

この川では「水の都おおがき舟下り」が楽しめます。
さらに明日4月3日(日)は「春の芭蕉祭」が開催されます。

 

201604025 



羽島市の木曽川河川敷にて

とても春らしい風景です

 

 



桜 岐阜市内のお花見スポット情報 http://www.city.gifu.lg.jp/8422.htm

桜 大垣市・西美濃地区のお花見スポット情報 http://www.ginet.or.jp/nisimino/tokusyu/hanami/

(M.M@リフォームチーム)

2016年4月1日 金曜日

私の読書日記31

ギリシャ人の物語Ⅰ 民主制の始まり

 塩 野 七 生

20160401イタリアに在住し、ヨーロッパを舞台にした歴史物語を多く執筆してきた著者の最新作。

 全三巻構成でⅠ巻は紀元前6世紀頃からのアテネスパルタを中心とした都市国家(ポリス)の成立から、二次に亘る東方の大国ペルシャとの戦いが描かれている。

(あらすじ)

ギリシャはこの時代を通じて一つの統一国家として存在したことはなく、各都市がそれぞれ独立した国家として成立しており、その数は300を超える。代表的な都市国家はアテネとスパルタであるが、この二つの国家の政治体制は全く異なっている。

スパルタはがいて(王は常時2人制で軍事のみを担当)、身分制も厳格な完全な軍事国家。生まれた子供はその時点の健康状態を見て進路が決められる。7歳になると集団生活に入り20歳まで徹底的に軍事訓練を受け、卒業時には、1週間無一文で見知らぬ土地へ放り出され、帰還する時は一人の奴隷を殺してその首を持って帰らなければならない、というすさまじい試練が課されている。

 一方アテネは身分制はあり、身分に応じた兵役義務があるものの、国家の方針を決めるのは直接、市民が参加する直接民主制。各地域からの代表者で構成する執行機関はあるが、任期は1年。有名な陶片追放で国家を追われる権力者もいる。アテネは主に経済力で成長してきた。

 これらの都市国家同士は争いが絶えず戦争ばかり。たまには戦いを止めないか、ということで始まったのがオリンピックの由来である。

 このように発展してきたギリシャ諸国が東方から興った大国ペルシャの侵略で国家存亡の危険にさらされる。普段は争っている諸国家、特にアテネとスパルタがこの時は同盟した。ペルシャの戦力はその数20~30万人、対するギリシャ軍は各国合わせても数万。戦力的には勝ち目はなかった。

 しかし、第一次ペルシャ戦役ではマラトンの戦い(紀元前490年)でアテネの陸軍がペルシャを撃退(マラソンの由来)、その10年後第二次戦役ではサラミスの海戦(紀元前480年)でアテネを中心とした海軍が勝利、陸戦ではスパルタ王レオニダスが300人の兵で戦ったテルモピュライの戦いで戦死した(「300」というタイトルで映画化された)が、プラタイアの戦い(紀元前479年)でペルシャ陸軍を撃破。

 二次に亘る戦いでペルシャ側は完全に撤退。その後百数十年間、外国の侵入はなくギリシャの隆盛が始まる。

(感想)

 歴史上の変革期には必ず英雄が現れる。これらの人物なくして変革はなかっただろうし、その国の隆盛もなかったであろう。この時期のギリシャでは、アテネのテミストクレス、スパルタのパウサニアスはその代表格であるが、戦死したレオニダスは英雄として語り継がれた一方、圧倒的劣勢の中、マラトンとサラミスでいずれも戦略を立案し勝利に導いたテミストクレス、プラタイアの戦いの功労者パウサニアスの最期は悲しい。特定の個人が活躍するとそれだけ他人の嫉妬を買うのだろうか。

私は歴史物語が好きだが、特にギリシャ、ローマの歴史が大好き。塩野氏は「ローマ人の物語」全15巻を1992年から毎年1巻ずつ刊行。これが終わると「ローマ後の地中海世界全2巻」「十字軍物語全4巻」「皇帝フリードリッヒ二世の生涯全2巻」と主にローマ後の中世ヨーロッパを中心に執筆してきた。そしていよいよ今回、ローマから前に戻ってギリシャを扱った物語が始まった。

私にとっては待望のテーマであり、ワクワクしている。今から続刊が楽しみである。

(M.T@総務部)

201603191ご存じの通り、名古屋駅周辺は大きなビルの開発ラッシュです。
3月9日にオープンしたばかりの「大名古屋ビルヂング」に行ってきました。
話題のイセタンハウスがあったり、名古屋初進出のお店があったり、平日にも関わらずオープンの11時前には多くの人が並んでいました。
今日は10F・11F「住まいの情報スペース」にあるハウジング・デザイン・センター(HDC名古屋)に行ってきました。新築・リフォームをはじめキッチン・建材・インテリア・不動産など37のショールームが一堂に集結した“住まいの情報スペース”で、中でも「ビルナカ材木屋」さんにお邪魔しました。
201603192多くの材木や無垢の木を使ったカウンター、床材、羽目板材など国産材を使った住宅建材を見たり・触ったり出来るショールームでした。さらに国産材を使うことはとても共感できるショールームでした。やっぱり木の家づくりは温かみがありとっても落ち着けるスペースでした。普段はなかなか目にする事が出来ない柱や梁などの構造材も触れることが出来ます。大名古屋ビルヂングに遊びに行かれた時は10Fまで上がってみるのもオススメですよ。

今日は時間の都合で他のスペースを見たり、食べたりする事は出来ませんでしたが、今度はゆっくり遊びに行ってみようと思います。おいしい物を食べに・・・・

(K.T@住宅事業部)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地