木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

IMG_7793おかげさまで國六株式会社は平成30年3月で創業120年を迎えました。

120周年を記念して、「クニロククロック」を制作いたしました!

この時計は、岡山県新庄村のクニロクの森で育てられた樹齢120年のヒノキの木を伐り出してつくられました。

新庄事務所で木を伐りスライスし、江南プレカットセンターで乾燥&製材し、本社でデザインしました。
時計盤は実は「クニロク」にちなんで9・2・6のみになっています。これまでの120年の歩みを大切にしながら、これからも森、山とともにトキを刻んでいくことを意味しております。

大きい時計は、地面にしっかりと根を張り、太陽に向かってまっすぐと伸びています。これはクニロクのロゴマークの中にある「赤」色の意味を込めました。

 

◇赤色の意味:「お客様へ燦燦(さんさん)と幸福の光が永遠に降り注ぎ続けることを願う強い思い」

 

また、小さい時計は4台あり、新庄事業所、江南プレカットセンター、リクシルリフォームショップ、ショールームの各拠点に設置されます◎1枚のスライスしたヒノキを横に4等分しているので、120年の年輪が1台1台に刻み込まれております。

4台ともに十字のマークがあるのは、ロゴマークの中にもある十字の意味を込めました。

 

◇十字の意味:「お客様の笑顔がクニロクの一番の喜びです」を成就させる為、4つの思いを胸に刻み込んだ社員全員の誓い

 

4台の時計をつなぎ合わせると、なんと年輪と十字がつながります!森づくり、プレカット、土地&住宅、アフターメンテナンス、社員一丸となってお客様のためによりよい暮らしをご提供させていただけるよう、日々精進いたします!!

 

120周年という節目を迎えたクニロクホームを、これからもどうぞよろしくお願いいたします。



woody

すっかり秋の気候になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

「木の香りを楽しみながら、素足でも心地よい暮らしをしていただきたい。」
クニロクの分譲住宅・注文住宅のLDKではフローリングではなく、無垢材の床を提案しております。

注文住宅をお考えの方、ベースとなる無垢床をどれにしようか迷ってしまいますよね、ぜひ新しいページをご参考にしていただければと思います。

 

◇無垢材とお手入れ方法のページはこちら ◇

 

また、本社隣にあるショールームでは、実際に無垢床を比較しながら体感することができます。木の種類によって、踏んだ感じや歩く感じが異なります。床や壁の中身まで、どんな構造になっているのかも目で確かめられます。安心・納得して住まいづくりをして頂くために~

無垢材の床って、メンテナンスや掃除が大変そう・・・と思われがちですが、普段の汚れは乾拭きや水拭きで落とせられることが多いんです。春夏秋冬、季節の移ろいを感じながら木も成長し続けます。気候によって変化する木を感じならの暮らしも楽しいものです。家族の会話の中にも「木」の会話が増えると嬉しいですね。

家族の成長とともに床も年を重ね、味わいのある色や雰囲気になっていきます!家族で住まいを育てましょう☆

メンテナンス方法や無垢材に関する事、ぜひお気軽にお尋ねくださいね。

(K.K@総合企画室)

2018101810月に入り、朝晩は涼しくなってきましたね。

工事現場も作業がしやすい気候になってきました。

 

こちらはガーデンスクエア蘇原希望町の現場ですが、電柱の設置が完了しました。

電柱を建てることを建柱といいますが、作業は中部電力さんが行います。

電柱を吊り下げている光景は、普段の生活ではなかなか見られませんね。

今週、道路の舗装工事も終わったので間もなく宅地造成工事は完了となります。

 

次は住宅の建築ですが、現在は分譲住宅の設計が進行中です。

どんな建物になるのかな?

完成は来年になります。私も楽しみです。

(Y.H@開発チーム)

20180102ガーデンスクエア柳津町上佐波Vでは北欧スタイルのモデルハウスを期間限定住宅展示場としてお気軽に見学していただけるように、イベントを9/22.23.24の三連休、9/29.30に開催しました。

後半のイベント期間は台風でご覧いただけなかった方もいらっしゃると思います。こちらのモデルハウスは10月末まで引き続き期間限定で住宅展示場として建物をご見学いただけます。注文住宅をお考えの方、これから家探しを始められる方、建売をお考えの方どんな方でも大歓迎です。まずは“クニロクの家”を見に来てください。(土、日、祝は直接現地にご来場ください。平日に見学ご希望の方はご予約お願いいたします。)

又、2棟のモデルハウスはコーディネートされた家具付き分譲住宅として販売も開始しています。先着順で受付しています。

(A.N@総合企画室)

20181001クニロクの岡山の森で行われているトレイルランニングが、今年から「新庄-蒜山 FORESTRAIL(フォレストレイル)」と名称を変え開催されました。第3回目の今年は、業者さんのサポートを減らし、村民を中心とした手作りの設営を心掛け、村内だけでなく県外からも多くのボランティアの方々にお越し頂き、素晴らしい大会を開催することができました!今年も大会実行委員長を務めさせて頂いた新庄事業所長の黒田の苦労は計り知れないものがあったと思います。

 

さて私は、「今年はちょっとテンションを下げ、山の中できれいな景色とおいしい空気を楽しもう!」と考えていましたが、スタートの合図と共にいつも通りのテンションで走り始めていました(笑)

昨年は下りの走り方が下手な為、太ももが痙攣を起こし後半ボロボロでした。その経験を活かし、今年は「下りはゆっくりにし、抜かされても構わない、でもアスファルトで挽回しよう!」と決め徹底しました。また昨年より後半に2つの山越えが加わり3キロ距離が増え25キロとなったのですが、黒田から変更したコースをしっかり伝授してもらい、どんなプランで走るかをしっかり描くことができました。

その甲斐あって、下りでは多くの人に道を譲りましたが、13.5キロ以降は抜かさせることなく、20人抜き返すことができました!<しっかり数えながら走りました(笑)>結果、昨年より10位順位をあげ、266人中ですが30位、50歳以上の部で2年連続の準優勝でした!!

 

自社の森を走れることはこの上ない幸せです。しかしそれ以上に、自社の森をこんな多くの人が訪れ、楽しんで頂けることがとても嬉しくてたまりません。開催して下さった新庄村の皆様、多くのボランティアの皆様、本当にありがとうございました。益々この大会が大きくなることを願っています!!

 

4人の写真は、実行委員長の黒田、自転車でスタート直後先導役を担った西田と塚田です。森の中の2人の写真は10キロ付近で道案内役を担った入澤です。

UFOと宇宙人は、最後の最後の登りで心が折れそうな時にいきなり登場したものです。和んでもらおうと皆さんへ心配りした黒田が創作したファンタジーです!

(S.K@社長)

 

20180919

先日、岐阜県飛騨市にある「FabCafe HIDA」に行きました。

築100年以上の町家を改装したファブリケーション&ものづくりカフェです。飛騨の広葉樹を活用してデザイナーとコラボしたプロダクトなど、店内で歴史と町を感じることができます。昔からの木材と現代風のパーツ、北欧の布などがうまくミックスされていて心地の良い空間でした◎すべて飛騨の木材が使用されています!

特に印象に残ったことは、店員さんが子育て中のママさんで、背中に眠っている赤ちゃんをおぶりながら、テキパキ仕事されていたことです。働き方も最先端だなぁ・・・と感じながら、どこか昔ながらの古民家にお邪魔したかのようなほっこりした気分になりました。

フランス菓子のカヌレのピックにはクジが付いており、アタリがでたらもう1個もらえる!などワクワクする仕掛けがあったりと嬉しいです。また、飛騨の木を利用したワークショップや、暮らし、デザインセミナーなど一般の方でも楽しめるイベントが沢山あります。

クニロクホームの木の家でも、木の質感だけでなく、木の楽しさや面白さをみなさまにお伝えできればと思います。

ぜひ飛騨に行かれる方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 (K.K@総合企画室)

 

 

20180913今や超売れっ子作家となった池井戸潤の最新作。3年前にドラマ化された「下町ロケット」の続編です。本書も日曜午後9時のTBS日曜劇場枠での放映が既に決まっています。

(あらすじ)

 都内で機械製造工場を経営する佃航平は新事業として、自動車用トランスミッション(変速機)のバルブ製造に進出しようとする。バルブの製造であれば、自社でこれまで培った技術が活かせると考えたからだ。供給先として狙うのは、若い会社だが技術力に定評があり多くの自動車会社へトランスミッションを提供しているギアゴースト。ギアゴーストは帝国重工の社員であった伊丹と島津の二人が会社を飛び出して作った会社だ。とりわけ島津(女性)は天才技術者と言われている。納入企業はコンペによって決められるが、佃は大手企業に勝利しギアゴーストへの供給が決まる。

 ところがそのギアゴーストが、特許権の侵害でライバル企業であるケイマシナリーから訴えられる。訴えられた損害額は15億円。ギアゴーストではとても払えない金額だ。伊丹と島津は会社の顧問弁護士に相談するが、特許権の侵害は明らかで勝ち目がない。15億円は支払うしかないと言われる。途方に暮れた伊丹と島津は佃に相談に来る。社運を賭けてギアゴーストを支援すべきかどうか。悩む佃の下した決断は???

(感想)

 いつも波乱万丈、ハラハラドキドキの池井戸作品ですが、今回も充分楽しめます。前回のドラマの延長ですから、各登場人物の姿を思い浮かべながら読めます。佃航平役の阿部寛、前回人気の出た山崎技術部長役の安田顕など今回もお馴染みの顔が登場します。

 しかし、新しく登場する女性技術者島津役がイモトアヤコとは驚きです。イメージとしては加藤綾子アナのような女性だったのですが...アヤコ違いか?!

 また、いつものようにハッピーエンドで終わらないのが本書の特徴です。むしろ次作への余韻を残した終わり方です。次作の刊行も予告されていますから、おそらくドラマでは次作の内容も含めて展開されることでしょう。今から10月が楽しみです。

(M.T@総務部)

2018年9月6日 木曜日

岐阜県木造住宅相談員

20180906昨日、岐阜県美濃市にある 岐阜県立森林アカデミー内にあるテクニカルセンターにて

岐阜県産材の使用を目的とした住宅営業マンに対しての「岐阜県木造住宅相談員」養成講座を受講してきました。岐阜県の森林・林業の現状や森林づくりの施策・木材の特性と強度試験の体験などありました。

強度試験ではヒノキの撓りや強い強度がわかり、改めて木の良さが分かりました。

岐阜県材の木の良さを、今後もどんどん皆様に理解して頂けるようお話しさせていただきます。

(K.M@営業チーム)

2018年9月3日 月曜日

今年の夏

20180903こんにちは。クニロクの後藤です。

8月は過酷な暑さが続きましたが、皆様いかがおすごしでしょうか?

 

地球温暖化が問題視され始めてから長く経ちますが

年々異常気象の影響が身近に感じるようになってきたと実感します。

特に今年の夏は全国的に猛暑日、最高気温の更新が相次ぎ、

熱中症での被害も毎日のようにニュースになっていましたね。。。

 

個人的にも、あまりに暑い日が続いたので、家族で外出する日も少なかったのですが、

少しでも涼を求めて、先日、妻とナイトアクアリウムを見に行きました。

結婚前に行って以来でしたので、お互い懐かしさを感じながら、

幻想的な演出と水の中を泳ぎ回るきれいなキンギョを見て気分だけでも涼しくなりました。

 

まだまだ9月も残暑が厳しい日が続きそうですが、

皆様も体調には十分にお気をつけてお過ごしください。

(H.G@営業チーム)

2018年9月3日 月曜日

姫路城

20180902先日、1泊2日で、家族旅行に行って来ました。行先は、姫路城。一度、観てみたいお城で、平成の大改修の後、直ぐにでも行きたかったのですが、タイミングが合わず、念願の見学となりました。お城の周りは、公園が整備され、周りには、高い建物も無く、東西南北どこからでも、お城が目に入り、とても壮観で、感動しました。駐車場からお城までの道のりも公園内を歩き、緑を感じながら、暑い日でしたが、とても気持ち良く、お城まで行く事ができました。お城に近づくにつれて、観る角度によって違う顔があり、どこから観てもかっこいいお城で、立ち止まりながら、写真を撮りました。城内に入ると、テレビ、映画でよく見た、門構えを目にして、懐かしさを覚え、自分なり江戸時代を感じながら見学が出来、子どもと一緒に、昔の人の生活を感じながら見学できました。今回、一番感じた事は、姫路城は、世界遺産であり、観光客も多く訪れる観光地(当日は、平日でしたが、多くの観光客が見学し、外国人観光客も多く訪れていました)ですが、市民のシンボルであり、周辺も都市計画を考えながら、市民自身がお城を守っている「我が町のお城」を感じました。

その日は、温泉宿に宿泊し、自分の町のシンボルは何か、そのシンボルを自ら守っているのかを考えながら、温泉に入り、美味しい食事を食べながら、久しぶりの家族団欒の楽しい時間を過ごす事が出来ました。皆様も、これからも守っていかなくてはいけない町のシンボルを考えてみてはいかがでしょうか。

(M.S@営業チーム)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地