木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2017年11月8日 水曜日

なまずまつり

2017110911月12日、羽島市のなまずまつりで恒例の『みんな☆おどり』に参加します。
先日発表会も無事終わり、これが今年の踊り収めなので、楽しんできます!

βちゃんからのコメントです
今年もこの季節がやって来ましたよよよ~!
『なまずまつり』毎年パワーアップしてますが、今回もおもしろ企画が満載で御座います!!
是非、岐阜羽島駅前”なまずまつり”会場まで~
あっ私にも逢いに来て下さいませ~(笑)
みなさんで楽しみましょ~う

(K.H@設計チーム)

2017年11月7日 火曜日

私の読書日記40

大暴落~ガラ~

幸田真音

201711051 以前のブログ(2014年11月6日)でも紹介した氏の「スケープゴート」の続編です。

前作では、大学教授だった三崎皓子(みさきこうこ)が民間出身の閣僚として金融担当大臣となり、その後参院議員に出馬し当選。今度は官房長官に任命され任務をこなしていると数か月後、総理大臣が倒れ辞任。三崎は与党の総裁選に立候補し敗れたものの、一部野党の支持も得て国会で次期総理大臣に選出されるというところまででした。

201711052(あらすじ)

 総理大臣に就任した当日から三崎が直面したのは、関東地方北部を襲った集中豪雨。荒川の水が上流域で上昇し、危険水域に達するかも知れないという情報が届く。そこへ大型台風接近の予報。もし台風が東京を直撃したら、更に水位が上昇し荒川が決壊する。その場合、被害は流域周辺だけでなく都心にも及ぶ。事前に手を打たなければ、大変なことになる。洪水を前提とした対応をしなければ、被害を最小限に抑えることができない。

 そのような危機意識を基に、次々と対応を指示するが肝心の閣僚や与党幹部たちが動かない。まだ、都心は晴れている、そんな危険はない。もし、予想が外れたら企業に対しどう責任を取るんだ、と反発する長老たち。それを総理大臣の権限と責任で押し通し、企業や交通機関に事前対応を要請する。

 結果、荒川は決壊し、都内の一部は水没し犠牲者も多く出たが、被害は最小限に食い止められた。三崎に対し批判は出たが、事実経過が判明するにつれその対応に賞賛の声が上がり始める。

一方で、市場では洪水とも関連し日本国債の暴落が始まっていた。もちろん洪水はきっかけに過ぎない。1000兆円にものぼる国債残高が臨界点に達していたのだ。だからこの大暴落は必然であり、止める手段はない。日本に対する国際社会の信任が地に落ちる結果になる。

このどうしようもない危機に三崎は立ち向かう。ここでも三崎の証券会社での勤務経験が生きることになる。

(感想)

 日本国債の危険度については、幸田氏は以前にも小説を書いています(「日本国債」2000年文芸春秋社刊)。このような題材は氏の得意分野です。

 今回、私が興味を持ったのは、荒川の存在です。江戸時代から幾度となく大規模水害に見舞われてきたこの流域では、荒川の決壊を防ぐため、荒川の水流を変える新たな川(荒川放水路)掘削を計画。周辺の土地を買収し、大正の終わりから昭和の始めにかけ17年かけて、多くの犠牲者も出しながら、実に22kmに及ぶ人口の川を作ったのです。この荒川放水路が完成して以後、東京は洪水に見舞われてはいません。東京の暮らしはこのような多大な犠牲の上に成り立っているのです。なお、現在では荒川放水路が荒川で、それまでの荒川は隅田川と呼ばれています。

とは言え、現在でも荒川決壊の危険は完全になくなったとは言えません。この小説も決して絵空事を書いているのではないのです。

前作「スケープゴート」はWOWWOWでドラマ化されました。主人公三崎皓子は黒木瞳が演じました。本作もまたドラマ化されることでしょう。

(M.T@総務部)

2017年11月6日 月曜日

かき氷!

201711063先日、友人とかき氷を食べに行きました。

岐阜の「赤鰐」というお店なのですが、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

非常に有名なお店で、真夏には2時間以上の行列をつくるそうです。

伺ったのは10月28日、偶然にも台風が来ている日で、なんと並ばずにいただくことができました!
私が注文したのは「焼き芋ミルク」という季節限定のかき氷です。初めての食感と濃厚なソース、そして小さな器に入れて添えてあるカラメルソースがアクセントになって、とっても幸せでした。

並ばずに入れる今がチャンスです。ぜひみなさんもかき氷を食べに行ってみてください。

(R.H@設計チーム)

2017年11月1日 水曜日

なぜまらそん48 横浜マラソン

201711021新庄村でのトレイルランニングに続き年内に3つのフルマラソンにエントリーしています。その1つ目の横浜マラソンが10月29日(日)に開催されました!というよりは、開催されるはずでした・・・が、なんと台風22号の影響で中止に。。泣き顔

前日受付の為、28日夕刻横浜に着きチェックインを済ませ、着替えて軽く走りながら受付会場へ行こうとしていたその時、友人から中止の連絡が入りました。途方に暮れるというのはこういうことを言うのか。。。と思えるほどの目先が真っ暗になりました。げっそり (顔)「マラソンは雨天でも決行!」という考えが私のスタンダードだったからでしょう。現実を受け入れられない、行き場のない怒りを鎮めながら、とりあえず受付会場へ行き、会場のイベントを見学していました。その間、一緒に大会に出る予定をしていた横浜在住の後輩から明日は一緒に走りましょう!と誘いをもらい、うっぷん晴らしの場も見つかったこともあって、落ち着いたのか、ホテルに戻るころには現実を受け止めることが出来ました!(笑)

201711022翌日後輩や後輩の仲間と日産スタジアムの屋根のある場所で走りました。とにかくすごい人がトレーニングしていました。中には私と同様に横浜マラソンの参加賞Tシャツを着てうっぷん晴らししている人が大勢いました。またつけて走ることができなかったゼッケンをわざわざつけて走っている人も大勢いました。私もゼッケンをつけて走ろうかと、前日考えたのですが、やめました。しかしみんな考えることは同じだな!って思いました(笑) 考えることは同じという意味では、私たちは1周約1キロのコースを21周走りましたが、「意地でも42周走るぞ!」という人も多かったのではないかと思いますわーい (嬉しい顔)

201711023参加費15000円は返金されないとのことです。中止になっても費用はかかっているので、仕方ないと思いますが、「せめて来年は参加費も支払いますので抽選なしで走れるようにして頂きたい!」って願っています。また「願わくばフィニッシャーズタオルや完走メダルも記念に頂きたい!」って思います。

201711024 後輩の仲間は、世界で最も大きいマラソン大会“ニューヨークシティーマラソン”に参加するために渡米したそうですが、前日洪水で中止になったことがあるそうです。その話を伺ってからは、「横浜ならかわいいもんだ!」とすごい説得力ある話に慰めてもらいましたグッド (上向き矢印)

201711025午後は大学時代の仲間と楽しいひと時を過ごすことができ、大会は中止だったけれどわざわざ横浜まで来た甲斐があった!って思えるようになりましたグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

帰りの新幹線は、乗車時刻は定刻でしたが、台風の為三島でストップ!!名古屋に到着したのは1時間遅れでしたがく〜 (落胆した顔)とても残念な横浜マラソンでしたが、いろんな意味でとても印象に残る大会になりましたグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

(S.K@社長)

 

201711
朝夕はめっきり冷え込んできておりますが、皆様お変わりございませんか。

ふれあいタイムズ フクロウ号を発行しました。

前回のホウセンカ号でも紹介させて頂きました、鷺山住宅展示場3棟まとめての11月3日にオープンです。3棟それぞれが異なるコンセプトで設計されているので、外観や間取りプラン、内装仕上げにいたるまで、家づくりを様々な角度から楽しむことの出来る展示場になっています。是非、ご家族揃ってご来場ください。

PDFのダウンロードはこちら

20171012110月7日土曜日 
クニロクの森ふれあいバスツアーに行ってきました。
前日から雨が降っていてどうなのかなと心配していましたが、当日は曇りのち晴れで
本当に良かったです。
201701122
最初に根尾の森へ 伐採見学や手のこでの枝打ち体験などを行いました。
小さなお子さんも頑張って手のこを上手に使って枝打ちをしてくれました。



201710123201710124場所を移して
重機の操作体験、コースター作りを楽しんでいただきました。

森林セラピー弁当を食べてちょっと休憩。

201710125

昨年に引き続き、森林セラピー体験へ
森の中を散策し、マットをひいて寝転んだりしてとてもリラックス。
森の中でオカリナの演奏を聞いたのですが、コンサートホールで聞く音とは違う響き方の音色を感じられとてもいやされました。

201710126201710127
参加頂いた皆様より、「普段できない林業作業体験ができてとても楽しかった。」などの感想を頂きました。



実際に山に入って現場を見て頂くことで、木に対する愛着や国産材を使っていくことの大切さなどを感じて頂けたら嬉しいです。参加して下さった皆様有難うございました。

(A.N@総合企画室)

2017年10月5日 木曜日

志摩地中海村

201710051先週の休日に志摩地中海村へ行って来ました。
地中海村はスペインの雰囲気が漂うリゾート施設で宿泊もできます。
駐車場からゲートまでは国内にいる気分でしたが、ゲートをくぐった瞬間に本当にスペインに来たような感じがしました。
建物は白くすべて塗り壁で外壁には植栽があり、玄関は日本のように上がるのではなく下へ降りてから家へ入る造りで日本の住宅より屋根が低く見えました。
201710053スペインの街並みや景色が国内で楽しめてとても良かったです。

帰りに海の幸を食べてから帰りたいと話になり、地中海村の漁港の方へ行き刺身と牡蠣を食べてお腹も満たされました。

久しぶりの長距離運転で疲れましたがその分楽しい休日を過ごせたので良かったです。
みなさんも是非行ってみてください。

(T.K@施工チーム)

10月1日、岡山県新庄村のクニロクの森で行われたトレイルランニングの大会に参加しました!新庄村の人口はわずか約900人、そんな小さな村に600人の選手が集結、村は大賑わいでした :-P 大会実行委員長は新庄事業所長の黒田が務めていますが、スタート前には新庄特産の“ひめの餅”入り雑煮が振る舞われるなど、村外からの選手をしっかりおもてなしの心でお迎えさせて頂きました!!

201710031201710032また会場内は手作り感満載で、“ゴジラ”がいたり、ゴールにはクニロクの森の木で作られたゲート、完走後アイシングする為のヒノキ風呂、ステージや表彰台・会場のテーブル、ゴール手前50mのレッドカーペット、などなど黒田の考案で作ったものばかりでした。

この大会は75キロと22キロの2つのコースがあるのですが、75キロはなんと午前5時スタート、制限時間は午後8時までの15時間!超過酷な大会です。私は迷わず22キロを選択しました(笑) そして山道は走る場所でないから相当時間もかかるな、と思っていたので、目標は4時間以内と設定していました。

201710033201710034201710035







マラソンで鍛えていますので自信はあったのですが、下りの走り方が下手なせいか、太もも前側にかなりの負担がかかり、何度もつってしまいました。しかし「平地なら負けないぞ!」という自負とクニロクのノボリを振って応援して下さるクニロク関係者の方々の大声援に後押しされ、3時間33分でゴールグッド (上向き矢印)なんと50歳以上の部ではぴかぴか (新しい)準優勝ぴかぴか (新しい)(笑)手 (チョキ)  総合でも300人中40位の大健闘でした手 (チョキ)

201710036マラソンと違いタイムをあまり気にしなくてもよい競技だと思うので、心のゆとりもあり、そのゆとりがあるからこそ、ブナの森や大山などの素晴らしい景色を眺めながら走ることができました。また後半の上りはほぼ歩いていたのですが、周囲の方と励まし合ったり、バカ話もすることができました。これらこそトレランの醍醐味ですね指でOK指でOK

参加者の方々からは、「おもてなしの心に感謝!ブナの森、最高!森の雰囲気だけでなく足廻りも腐葉土のふかふかクッションの上で走りやすかった!」など大好評でした :-P

設営に当たっては多くのボランティアの方々にご協力頂き、本当に素晴らしい大会でした。今後益々大きな大会になること間違いなしグッド (上向き矢印)と実感しました。クニロクの森でこんな素晴らしい大会を催すことをできるようにして下さった、小倉村長を初めとする新庄村民の皆様、大会実行委委員長を務めている黒田所長を始めとするクニロク新庄事業所の皆には本当に感謝です。ありがとうございました!私にとっては、趣味と自社の森を走れるという実益も兼ね、健康増進、更には地域社会に貢献できるという、いいこと尽くしのこの大会、来年も是非参加したいですわーい (嬉しい顔)手 (チョキ)

(S.K@社長)

2017年10月4日 水曜日

お引渡し

住宅事業部 営業 村田です。

先月3件のお住まいのお引渡しをさせて頂きました。

お引渡し日の1ヶ月程前より建物検査や名義変更等ドタバタになるのですが、トラブルなくお客様へお渡しが無事出来ました!

201710041お引渡しの時にご施主様へ鍵をお渡しさせて頂くのですが、工事期間は工事キー(仮の鍵)を使用のためご施主様へお渡しする鍵は未開封の鍵です。その鍵をお渡しさせて頂き喜んでみえる施主様の姿を拝見するのが私は好きです。本当に良かったと毎回思います。
201710042施主様と出会いからお引渡しまでの期間が走馬灯のように思い出す瞬間でもあります。

今後もこの喜びをたくさん感じることができる様に日々精進して、お客様が喜んで頂ける住まいの提案をしていきたいと思います。ここ最近、朝夕はめっきり寒くなりました。風邪には皆様お気をつけ下さい(^^)

(S.M@営業チーム)

2017年9月26日 火曜日

USJ ハロウィーン

201709261約8年ぶりにUSJへ家族と遊びに行ってきました。
中学生の子どもに憶えているか聞くと、なんとなくの記憶しかないらしい。

201709262土曜日とあって想像以上の大混雑でした。
定番のジョーズやジュラシックパーク、ハリーポッターなどを楽しみつつ、
子どもに誘われ、恐々乗ったフライングダイナソーがなんと面白い。
ハリウッドドリームが苦手な私でも、これは大丈夫でした。

夜はハロウィーンホラーナイトの始まりです。
たくさんのゾンビがパーク内を徘徊、ダンスパフォーマンスで楽しませてくれます。
201709263
怖いけど見てみたい、でも近づくと周りの悲鳴で一緒に逃げるの繰り返しでした。

恥ずかしながら、久々に子どもと一緒にはしゃいでしまった1日でしたわーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)

(K.I@総務部)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地