木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2017年10月5日 木曜日

志摩地中海村

201710051先週の休日に志摩地中海村へ行って来ました。
地中海村はスペインの雰囲気が漂うリゾート施設で宿泊もできます。
駐車場からゲートまでは国内にいる気分でしたが、ゲートをくぐった瞬間に本当にスペインに来たような感じがしました。
建物は白くすべて塗り壁で外壁には植栽があり、玄関は日本のように上がるのではなく下へ降りてから家へ入る造りで日本の住宅より屋根が低く見えました。
201710053スペインの街並みや景色が国内で楽しめてとても良かったです。

帰りに海の幸を食べてから帰りたいと話になり、地中海村の漁港の方へ行き刺身と牡蠣を食べてお腹も満たされました。

久しぶりの長距離運転で疲れましたがその分楽しい休日を過ごせたので良かったです。
みなさんも是非行ってみてください。

(T.K@施工チーム)

10月1日、岡山県新庄村のクニロクの森で行われたトレイルランニングの大会に参加しました!新庄村の人口はわずか約900人、そんな小さな村に600人の選手が集結、村は大賑わいでした :-P 大会実行委員長は新庄事業所長の黒田が務めていますが、スタート前には新庄特産の“ひめの餅”入り雑煮が振る舞われるなど、村外からの選手をしっかりおもてなしの心でお迎えさせて頂きました!!

201710031201710032また会場内は手作り感満載で、“ゴジラ”がいたり、ゴールにはクニロクの森の木で作られたゲート、完走後アイシングする為のヒノキ風呂、ステージや表彰台・会場のテーブル、ゴール手前50mのレッドカーペット、などなど黒田の考案で作ったものばかりでした。

この大会は75キロと22キロの2つのコースがあるのですが、75キロはなんと午前5時スタート、制限時間は午後8時までの15時間!超過酷な大会です。私は迷わず22キロを選択しました(笑) そして山道は走る場所でないから相当時間もかかるな、と思っていたので、目標は4時間以内と設定していました。

201710033201710034201710035







マラソンで鍛えていますので自信はあったのですが、下りの走り方が下手なせいか、太もも前側にかなりの負担がかかり、何度もつってしまいました。しかし「平地なら負けないぞ!」という自負とクニロクのノボリを振って応援して下さるクニロク関係者の方々の大声援に後押しされ、3時間33分でゴールグッド (上向き矢印)なんと50歳以上の部ではぴかぴか (新しい)準優勝ぴかぴか (新しい)(笑)手 (チョキ)  総合でも300人中40位の大健闘でした手 (チョキ)

201710036マラソンと違いタイムをあまり気にしなくてもよい競技だと思うので、心のゆとりもあり、そのゆとりがあるからこそ、ブナの森や大山などの素晴らしい景色を眺めながら走ることができました。また後半の上りはほぼ歩いていたのですが、周囲の方と励まし合ったり、バカ話もすることができました。これらこそトレランの醍醐味ですね指でOK指でOK

参加者の方々からは、「おもてなしの心に感謝!ブナの森、最高!森の雰囲気だけでなく足廻りも腐葉土のふかふかクッションの上で走りやすかった!」など大好評でした :-P

設営に当たっては多くのボランティアの方々にご協力頂き、本当に素晴らしい大会でした。今後益々大きな大会になること間違いなしグッド (上向き矢印)と実感しました。クニロクの森でこんな素晴らしい大会を催すことをできるようにして下さった、小倉村長を初めとする新庄村民の皆様、大会実行委委員長を務めている黒田所長を始めとするクニロク新庄事業所の皆には本当に感謝です。ありがとうございました!私にとっては、趣味と自社の森を走れるという実益も兼ね、健康増進、更には地域社会に貢献できるという、いいこと尽くしのこの大会、来年も是非参加したいですわーい (嬉しい顔)手 (チョキ)

(S.K@社長)

2017年10月4日 水曜日

お引渡し

住宅事業部 営業 村田です。

先月3件のお住まいのお引渡しをさせて頂きました。

お引渡し日の1ヶ月程前より建物検査や名義変更等ドタバタになるのですが、トラブルなくお客様へお渡しが無事出来ました!

201710041お引渡しの時にご施主様へ鍵をお渡しさせて頂くのですが、工事期間は工事キー(仮の鍵)を使用のためご施主様へお渡しする鍵は未開封の鍵です。その鍵をお渡しさせて頂き喜んでみえる施主様の姿を拝見するのが私は好きです。本当に良かったと毎回思います。
201710042施主様と出会いからお引渡しまでの期間が走馬灯のように思い出す瞬間でもあります。

今後もこの喜びをたくさん感じることができる様に日々精進して、お客様が喜んで頂ける住まいの提案をしていきたいと思います。ここ最近、朝夕はめっきり寒くなりました。風邪には皆様お気をつけ下さい(^^)

(S.M@営業チーム)

2017年9月26日 火曜日

USJ ハロウィーン

201709261約8年ぶりにUSJへ家族と遊びに行ってきました。
中学生の子どもに憶えているか聞くと、なんとなくの記憶しかないらしい。

201709262土曜日とあって想像以上の大混雑でした。
定番のジョーズやジュラシックパーク、ハリーポッターなどを楽しみつつ、
子どもに誘われ、恐々乗ったフライングダイナソーがなんと面白い。
ハリウッドドリームが苦手な私でも、これは大丈夫でした。

夜はハロウィーンホラーナイトの始まりです。
たくさんのゾンビがパーク内を徘徊、ダンスパフォーマンスで楽しませてくれます。
201709263
怖いけど見てみたい、でも近づくと周りの悲鳴で一緒に逃げるの繰り返しでした。

恥ずかしながら、久々に子どもと一緒にはしゃいでしまった1日でしたわーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)

(K.I@総務部)

2017年9月19日 火曜日

「作ってみよう」の日

お店やお知り合いのお家で頂いたあの味が忘れられなくて、どんな食材で、どんな味付けだったのかな?と思うとき、ありませんか?そんな時、私は無性に自力で作りたくなります。あの隠し味は、あの調味料かな?なんて考えながら作る時間は、まさにパズルをワンピースずつ組み合わせていく感覚と似ているような気がします。

先日、テレビを観ていていた時の事。今話題のあのお店!なんて言われたら、家事の手を止めて凝視タイムです。その名は、ストロベリーボンボン行ってみたいけど東京までは行けないなと思いながら、行けないなら自分で作ってみようです。

どんな食材が必要かな?何かプラスすると美味しくなるかな?なんて考える瞬間が、楽しいですよね。まずは、一番重要な真ん中のスムージー。完全にオリジナルですがご紹介いたします。
20170918冷凍イチゴ+刻んだバナナ+牛乳+生クリーム+氷を、ミキサーにかけます。そうです。我が家のプラスワンは、バナナです。おそらく、今のイチゴは酸味が強いはずなので、バナナで甘みをプラスしました。とろりとして、イイ感じです。

次は、盛り付けです。グラスの一番下にイチゴ味のシャーベット(市販のモノ)その上にスムージーをのせます。スムージーの上には、ホイップクリームを回しのせて、冷凍イチゴとバナナをトッピング。(バナナバナナは沈んでゆきましたが。。。)

完成ですわーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)

最後に、流行りのアプリを起動させて、写真を撮りました。一口食べて、「美味しい~」良かった、大成功です。また作ろうね、と笑顔になる家族を見たくて、作ってみようの日は続くのでしたムード

(R.M@リフォームチーム)

2017年9月19日 火曜日

京都国際マンガミュージアム

先日、大阪に住む友人と一緒に京都へ行きました。
今回は今までに行ったことのない場所へ行こうという事で天気も良かったので歩きながら場所を探していました。
何回か休憩を入れながら探していると人工芝でたくさんの人が寝ころびながら本を読んでいる姿を目撃しました。
良く見ると外国人の方、年配の方、修学旅行生など様々な人が利用していました。

201709191その施設は廃校になった小学校を利用して作られた【京都国際マンガミュージアム】という施設で明治時代の雑誌や戦後の貸本など貴重な歴史資料や現代の人気作品、世界各国の名作など約30万点を所蔵しているそうです。

通路には壁一杯にマンガが入っており知らないマンガから読みたいなと思っていたマンガなどたくさんありました 本

201709192マンガミュージアムに入館した人は館内のマンガが全て読み放題となっており私達も気付けば3時間以上マンガを読み続けていました(笑)

私は読み終わったら直ぐに取りに行けるよう屋内で過ごしていましたが外でまったりと人工芝に寝転がるのもいいなと思いました。
次回訪れた時は人工芝に寝転がってみたいと思います。

(M.K@設計チーム)

2017年9月12日 火曜日

私の読書日記39

将棋の子

大崎善生

  20170912今年の将棋界は藤井聡太四段の活躍で大きく盛り上がっています。彼は中学3年生でプロ棋士になり、いきなり29連勝という大記録を打ち立てました。中学生でプロ棋士になったのは、加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明の4人のみ。いずれも名人または竜王になっていますから、藤井四段もいずれ名人位はもちろん、将棋界にある8つのタイトルを独占する日が来るかも知れません。彼が、10年~20年に一人の逸材であることは間違いなく、これからが非常に楽しみです。

  ところで、将棋のプロとは何でしょうか。何を以ってプロと言うのか。プロになるためにはどういう手段があるのか。

 将棋に少しでも興味がある方なら当然ご存知のことですが、将棋界にはプロ養成機関というべき「奨励会」という会があります。「将来プロ棋士になりたい」という夢を持つ少年たちはこの会に入会し、プロを目指します。会員には実力に応じて級または段位が与えられており、この級または段は日々の実戦の成績で上下します。6級や7級で入った会員は三段まで上がると、30人程で構成される三段リーグがあり、これで上位2名に入ると四段に昇格できます。そして四段になることがイコールプロ棋士になることです。この三段リーグは年2回開催です。つまり、年に4しかプロ棋士になれないのです。

  しかも、奨励会には年齢制限があり、26歳の誕生日までに四段(プロ)になれないと、強制的に退会となります。子供の頃から将棋だけに没頭し、世間を全く知らない青年が、26でいきなり社会に放り出されます。そこには様々な悲喜劇が生まれます。作者は、日本将棋連盟に勤務し連盟が出す雑誌の編集長を永年務め、大勢の棋士の卵たちを見てきました。この本は作者が、夢破れ、失意の内に去って行った青年たちのその後を追いかけた、ノンフィクションです。

 なお、作者は故村山聖八段の短い人生を描いた「聖の青春(私の読書日記34参照)の作者でもあります。

(あらすじ)
 
成田英二は北海道で貧しい家に生まれた。札幌の将棋道場で神童とか天才とか呼ばれ、高校1年の時、高校生の全国大会で優勝。17歳で奨励会に入会した。英二と母は東京へ出て一緒に暮らすことになる。その後、父も関東に仕事を見つけ東京へ出て来る。全て、英二がプロ棋士になることを支援するためだった。しかし、地元で無敵だった英二も、奨励会は同じような天才ばかりが全国から集まってくる場所。その中で勝ち進むのは容易ではない。英二の成績は次第に足踏みする。二段までは上がるのだが、その先は高い壁だった。そうこうする内、母が乳がんで倒れる。父が心筋梗塞で死亡する。母を懸命に看病するが、やがて母も死去する。一人になった英二は寂しさに耐えきれず、成績は低迷し、26歳を前にプロ棋士の夢を断念し、奨励会を退会する。

  奨励会を辞めた英二は、母が残してくれていた唯一の遺産300万円をギャンブルで使い果たした後、故郷の北海道夕張へ帰る。ところが、地元でも勤務先の倒産や不運が重なり、サラ金に追われる身となり、アパートから夜逃げし、いつしか廃品回収の日雇い労働者として、タコ部屋のようなところで住み込みで働いている。

(感想)
 
本書の中には、英二の他、何人かの元奨励会員たちの、奨励会退会後の人生が描かれています。なかには、退会後、自暴自棄になり多くの転職を繰り返した後、一念発起して不動産会社に就職し、その後司法書士の資格を取得し開業した者。世界中を放浪した後、ブラジルに定住し、ブラジルで開かれた将棋大会に優勝した者、等々様々な人生が綴られています。

 四段になれるかなれないか。その差は紙一重であり、運に因るものでもあります。しかし、その紙一重はあまりにも大きな差となって若者の後半生を襲います。

 藤井四段のように、脚光を浴びるトップ棋士がいる陰で、多くの若者はひっそりと将棋界を去り、その後の人生で塗炭の苦しみを味わいます。将棋界とは、なんと厳しい世界なのでしょうか。子供の頃から人生の全てをかけて挑んだ勝負に敗れ、去っていく若者の心を思うと胸が痛みます。

(M.T@総務部)

2017年9月11日 月曜日

思わぬ副産物

201709111我が家で起きた夏の副産物を、お知らせしたいと思います。

夏の始まりに家族で食べたスイカの種を、子ども達が庭に植えていました。

大人が気付かない内に何やら芽が出て、つるが伸び、気付いた頃には、スイカらしい小さな実が付いていました。

子ども達と数日観察していたら、直径25㎝ほどまで大きくなり、成長が止まりました。

201709112食べられるのか、甘味は有るのか、一抹の不安を抱きつつ、収穫して、食する事にしました。

家族で、夕食後に食してみたら、小ぶりながら、甘味も、水分も多く、美味しかったです。

我が家の三男が起こした出来事ですが、思わぬ副産物になり、家族の良い夏の思い出になりましたうまい! (顔)手 (チョキ)

(F.H@施工チーム)

201709101自称メモの魔の私はマラソンの記録もしっかりつけていますdouble exclamation過去のブログ)今はスマホがすべて管理してくれているので、以前のようにノートにつけなくてよくなりましたが、いつ・どこを・何キロ走ったかくらいは手帳にもメモは残しています。

スマホを待ち始めたのは2012年1月、その後いろんなマラソンアプリを入れ走っていましたが、今愛用している「ナイキプラス」で管理するようになったのは2013年11月くらい。 データが飛んだりして必ず正確とは言えませんが、先日走行距離1万キロを突破しました手 (チョキ)

掛川城

掛川城

振り返ると2014年は3541キロ、2015年は2500キロ、2016年は2920キロ、と年間走行距離もばっちりわかります(笑)


数値へのこだわりは相変わらずで、最近は走行距離よりも週5日走ることを心掛けています。毎日走っていた頃もありましたが、ケガをしてからは“休息も練習の内”と改めるようになりました。知人から「毎日走っているの?」などと尋ねられることが頻繁にあり、いろいろ説明していると長くなるので「毎日はカラダをこわすので週休2日制です」と答えるようになりました。

皇居

皇居

そうすると有言実行しなければ!ということで、週5は走るようになりました。逆に週2日は気兼ねなく休んでよい、ということで走らない日は起床時刻もゆっくりにしています。別に誰にも気兼ねする必要はないんですけれど・・・(笑)




兼六園

兼六園

いよいよ10月1日はクニロクの岡山新庄山林で開催されるトレイルランニングに出場です。その対策で金華山ドライブコースや金華山登りをメニューに入れています。トレラン後は10月11月で3つのフルマラソンを予定しています!2週間程故障箇所があり満足に走れていませんが万全な体調で走れるよう、しっかりカラダを作っていきたいですグッド (上向き矢印)

写真は最近朝出張先で走った時のお城の風景です。出張先での朝マラソンは三文以上得した気分ですわーい (嬉しい顔)

(S.K@社長)

201708182今年も企画しました~ バス

みなさんお誘いあわせのうえ、クニロク根尾山林に遊びに来ませんか?

普段はなかなか体験のできない山での伐採作業や重機を使った作業をご覧頂けます。

わくわくするようなメニューも用意しています。

どなたでもご参加して頂けます。是非ご応募くださいね~

日 時:平成29年10月7日(土)
     8:30~17:00 雨天決行

参加費:無料(昼食付き)

定 員:20名様

※お子様だけでのご参加は出来ません。ご家族でお申し込み下さい。
※お申込み多数の場合は抽選とさせて頂きます。

詳しくはこちらをご覧下さい。

(A.N@住宅事業部 総合企画室)

お申込み、お問合せはフリーダイヤル0120-055-926
または、下記メールまで

お申込み・お問合せ|お気軽にどうぞ!

クニロクの森 ふれあいバスツアー

[contact-form-7 404 "Not Found"]
  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地