木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2015年5月19日 火曜日

第5弾 住宅展示場 配筋検査

毎日、暑いですね~
先日、私は地区行事の江浚いに参加しました~
また、子どもの学校行事のウォークラリーにも参加してきました~
その日は、天候も良く顔や首が真っ赤、ヒリヒリです!!!
このままでは、夏が来る前に真っ黒に…
201505191
第5弾:住宅展示場の進捗についてお伝えしま~す
本日、配筋検査を行いました~

201505192





配筋検査では、鉄筋の径やピッチ、継手など設計図面通り出来ているかを検査します!!!
配筋の状況は、コンクリートを打設すると見えなくなるため工事写真を記録として残すことも大切です!!!

検査の結果、手直しもなく合格でした~!!!また、次工程についてご報告しますね!!!

ますます暑くなるこれからの季節、熱中症対策と紫外線対策をお忘れなく!!!

(Y.T@建設チーム)

2015年5月14日 木曜日

第5弾 住宅展示場 基礎工事

各地で、夏日や真夏日となっていますが、体調など崩していませんか?
身体が暑さに慣れていないこの時期も真夏と同じくらい熱中症には要注意です!!!

先日、第5弾:住宅展示場の地盤改良工事についてお伝えしました~
今回、基礎工事に着手しました~

20150514
基礎工事といえば、まず初めに丁張(ちょうはり)です
丁張りとは、工事に着手する前に 水杭や水貫などを使用し
建物の正確な位置と高さを出す作業のことで、
遣り方(やりかた)とも言います。
大変重要な作業になります!!!

 

丁張が完了すると、丁張を基に設計図面を確認しながら
根切り(ねぎり)、砕石敷き、転圧、防湿フィルム敷きを行いま~す
根切りとは、基礎を造る場合の土を掘削して所要の空間を造ることです

次工程は、鉄筋の配筋になります。また、ご報告しますね!!!
暑くなるこれからの季節、現場の皆さ~ん、水分と塩分の補給をお忘れなく!!!

(Y.T@建設チーム)

ここ何日か気温が25度を超えるような夏日が続きますね~
まだ、5月だというのに…
今年の夏も暑いのでしょうか?

第5弾住宅展示場ですが、先日、地盤改良工事を行いました~
地盤調査の結果、地盤の補強が必要の判定。
検討の結果、柱状改良を行うことに

柱状改良は、地盤を大きなドリルの様なもので掘削。
排出される現地土と固化材を混合。
これを孔内でドリルを逆回転させ、締固めて大きな杭をつくる工事です

201505011

まず初めに、杭の配置を決めます




201505012

掘削、混合、締固めの順に行います




201505013

所定の本数等を確認し完成で~す

               次は、いよいよ基礎工事です!!!

 (Y.T@建設チーム)

2015年4月27日 月曜日

防蟻工事

我が家も築7年になり、以前から気になっていた防蟻工事をしました。

工程は、まず床下に潜り、ほこりや虫の死骸などを綺羅に掃除をする事から始まります。
201504261201504262201504263201504264










201504266
そのあと床下に丁寧に薬剤を散布(思っている以上の薬剤で床下はビショビショ)していきます。
床下からでは届かない箇所には壁に穴を開け、特殊な工具で薬剤を注入していました。
工事は2時間ほどで終了しました。


201504265これで我が家もしばらく安心です。虫もよってきません!!

通常、白アリの保証期間は5年間なので今後は5年ごとに行って行きたいです。

(J.S@営業チーム)

201504171本日、弊社では第5弾となる住宅展示場の地鎮祭を行いました~
昨日までの天気とは打って変わって暑いくらいの良い天気でした~

社内では、雨男と評判の私が係わっているにもかかわらず・・・。
幸先の良いスタートを切ることが出来ました~!!!

地鎮祭には社長をはじめ、設計メンバー全員が参加しました~
第5弾の住宅展示場に掛ける思いがヒシヒシと伝わってきま~す

201504172
ゴールデンウィーク明けに工事着手!!!
9月末に竣工?

今も設計メンバーは、狭い打合せルームにこもりきりです・・・
まだ、まだ、先は長いようですが…
竣工の日が待ち遠しくて・・・

(Y.T@建設チーム)

2015年3月23日 月曜日

シデコブシ

201503221 暖かい日が続いていますね。毎年この時期花粉で苦しめられています。そんな中でも、多治見GV東山“公園通り”みどりの小径に植えられています「多治見市の木」シデコブシが今年も綺麗に咲いてくれました。

 201503222私はシデコブシの花が大好きで毎年楽しみにしています。

皆さんも分譲住宅見学と同時にシデコブシも是非見てください。

(K.M@営業チーム)

2015年3月18日 水曜日

K様邸のその後③

ようやく完成を迎え、
本日はK様邸の社内竣工検査を行いました

先日のブログで竣工検査の様子をお伝えしましたが
K様邸も設計図どおりできているか、
検査項目をひとつひとつ確認しました

201503181・・キッチンまわりで確認中・・・

201503182次は・・和室で確認中・・・





2015031832階から・・・確認中・・・

201503184・・・K様の営業担当・・・
チェック項目確認中!?・・・





うーん、なかなか良い出来です
とはいえ、しっかりお引渡しをむかえるために
これから最終の手直し・調整を行います

本当にもうすぐお引渡しです、もう少しだけお待ちくださいね!

(W.F@建設チーム)

2015年1月26日 月曜日

H様邸リフォーム工事☆

No.41.201501

(@リフォームチーム)

 s20141114立冬を迎え、公園通りのドウダンつつじも赤く色づきとても美しいです もみじ いかがお過ごしでしょうか。

 お待たせいたしました。いよいよ51期の建売分譲住宅、完成間近かですムード

販売センターの東側の建物も内装工事が行われプシュン・トントントンなど軽快な音が聞こえています耳完成予定は今月末ですが、建物の中もご見学いただけます目

又、今回から採用のエコカラットという室内壁材・・・コンセプトは「暮らしの空気環境を快適&健やかにする」 注目ですdouble exclamation

つまり この壁材の凄いところは手 (チョキ)お部屋の臭い・結露軽減ホルムアルデヒド低減ジメジメ低減(カビ・ダニ 抑制)なる優れものひらめき 販売センターではこのエコカラット壁材へ直に霧を吹き水分を吸収できる効果を実演にてご覧いただけますぴかぴか (新しい)興味ある方は是非お越しください。感動ものです黒ハート

ぜひ、東山“公園通り”までお出かけくださいね。スタッフ一同ご来場お待ちしていますほっとした顔

(K・M @営業チーム)

みなさんこんにちは。お久しぶりの「木kori(キコリー)の木工教室」です。
第4弾住宅展示場、無事に完成、オープンさせることができ、施工者側としてはホッとしております。

u2014101600今回の住宅展示場では、「柱のない新構造の家」「木造3階建て」ということで、新しい構法を取り入れた建物になっています。
「SE(Safety Engineering)構法」という特殊な構法により、大空間や床レベルに段差を持たせた建物を、木造で安全に建てる事ができます。

一番の魅せ場はその空間ですが、私が本当に見て欲しいのは、使用されている構造材の大きさです。
完成してしまえば見えなくなってしまうので、今更見てもらう事はできないのですが、SE構法を象徴する大切な部分です。

「見えないのなら、ミニチュアをつくればいいじゃない」という事で、自分自身の復習の意味も兼ねて、今回は構造模型を作ってみようと思います。
専門的な知識や、図面を見る事が出来なければ製作できないので、皆様も真似して作ってみてね、とは言えませんが、一応製作の過程を説明していきます。

u2014101601・まずは模型を固定するための「基礎」を製作します。本物の建物でも同じように、基礎が一番重要で、一番最初に工事します。
今回は「木工教室」という事で、全て木材を使用して製作していきます。ベースはベニヤ板、立ち上がった部分は工作用の細長い木材を使用しています。…できました。このままでは基礎に見えない感じなので、後で塗装したいと思います。



u2014101602・続いて、一番大きい面になる、東・西側の外壁面について、柱・梁を一面組み立てていきます。


今回の構造模型は1/30のスケールで製作しています。当社の柱、梁は幅が120㎜ですので、1/30すると4㎜になります。
4㎜の大きさで市販されていた木材は、4×4㎜、8㎜、10㎜、15㎜、20㎜の5種類ですので、これ以外のサイズのものは1段階大きなサイズのものを削ったりして用意しています。
当然長さも91cmのものになりますので、欲しい長さに1本ずつ切り出します。
u2014101603今回切り出したパーツの数は…ん~、数え忘れた…。でも実際の建物と同じ本数のはずなので、約160本になります。

・両側の壁を起こし、間の部材を一つ一つ組み立てていきます。今回接着に使用しているのは、速乾性の木工用ボンドです。釘、金物などは一切使用していません。
今中央に見えている梁が、今回一番見て欲しいメインの梁になっています。実物の大きさは60㎝にもなり、ガレージの上はほぼこの梁でもたせています。
u2014101604構造模型で使用している材料でも、一番大きな4×20㎜の材料です。

・あとは次々に組み立てていくだけです。材料の長さを調整しながら組んでいったので、思ったより時間がかかってしまいました。
u2014101605大変な工作になってしまいましたが、自分自身でSE構法の復習ができて、よかったと思います。
この構造模型は今、第4弾住宅展示場に展示してあります。お近くにお寄りの際には、展示場共々、ぜひ見ていって下さいね。

(T.U@建設チーム)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地