木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

 

マラソン中に撮影した“天空に浮かぶ岐阜城”

マラソン中に撮影した“天空に浮かぶ岐阜城”

いよいよ京都マラソンが迫ってきました。昨年の秋以来、週に1回は30キロを走り、週12回は1キロ×5回や大縄場大橋往復の8キロタイムトライアルなどのスピードトレーニングを行うようにしていますグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

しかし最近思うのが、「トレーニングはきつい、走るのが楽しくない」ということです。寒さや朝の眠さもそう感じさせるのでしょうが、走り始めるのに時間がかかったりします冷や汗2 (顔)

今までのようにダラダラ走るのは得意(苦にならない)私も、トレーニング性が高まることで、「こんなに楽しくなくなるんだな!」って、実感しています。

先日、朝礼で営業リーダーのSさんが趣味の話をしていました。趣味とは、「自由時間に好んで習慣的に繰り返し行う行為など・・・」だそうです。今の私は趣味の域を越えてしまって、高校生の息子の部活を短時間にしたようなもんだな!って、笑ってしまいましたdouble exclamation

そうは言っても「まずは京都マラソンまでしっかりトレーニングだ!」という気持ちでふんばっていますグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

京都では神戸以上の記録が出せるよう、最初の5キロは控えめに、その後は1キロ4分半を越えないよう、前半から攻めていきます。このブログで良い報告ができるよう、頑張ってきます手 (チョキ)

(S.K@社長)



2018年も皆様にとって素晴らしい1年となることを心よりお祈り申し上げます。

さて2017年は皆様にとってどんな1年だったでしょうか?クニロクにとっては大きく動くことができた1年だったと思います。
①5月 本社のサテライト店として「リクシルリフォームショップ」オープン
②7月 本社隣りの國六ビル2階に「ショールーム」オープン
③9月 六条南展示場にて「ハウジングフェスタ」開催
④10月 クニロクの森「ふれあいバスツアー」開催
⑤11月 異なる3つのコンセプトで設計された3棟の「鷺山住宅展示場」オープン

①~⑤の内、鷺山住宅展示場のオープンイベントでは3日間で約280組のご来場を頂き、大盛況のイベントとすることができました。本当にありがとうございます。もちろんこれら5つはお客様にクニロクらしさを肌で感じて頂くために開催させて頂いているもので、まだまだこれからより多くの方に認知して頂き、クニロクテイストを気に入って頂かなければなりません。新年を迎え益々営業に汗を流し、多くのお客様に「クニロクの“木の個性”をPRしていくぞ!」と誓いを立てております。

創業1898年3月のクニロクにとって、今年は120周年となります。120年の歴史の中で私が携わっているのはわずか23年です。こうした歴史を背景に仕事ができていることに対しお客様や弊社OB、現社員の皆様に感謝すると共に、120年の重みを常に理解した上で行動しなければならないと戒めております。

ふれあいタイムズ 第51号では、120年を迎えるにあたっての私の気持ちや、今までの軌跡を簡単にまとめさせて頂いております。是非ご一読頂ければと存じます。

年末には昨年もクニロクファミリー会を開催することができました。今回はクニロクバンドは休憩でしたが、代わってサプライズイベントがあったりで昨年も大いに盛り上がることができ、更に一体感を皆で味わうことができ嬉しかったです!

201801011また私國井と言えば「走る人」というイメージが浸透しつつありますが、もちろん今年も走ります!50歳になったら楽しんで走る!と数年前に述べておりましたが、昨年秋の神戸マラソンで、今までできなかった走りをすることができ、「まだまだ頑張らなきゃ!」と考え直し、現在2月の京都マラソンに向け、今までやってきていないトレーニングを実施中です!

写真上 10月クニロクの森で開催のトレイルランニング 村長さん、黒田・西田と
201801012写真下 12月大垣マラソンゲストの千葉真子さんと私の親友とのスリーショット
です!今年もこのブログでニコニコのご報告ができるよう、走り続けます!!

2018年、今まで同様に“誠実”をモットーに、私を含めた個々が“自分改革”を実践することでクニロクを変えなければ、と考えています。2017年以上に大きく動いていきます!

本年もどうぞよろしくお願いします。

(S.K@社長)

2017年11月29日 水曜日

なぜまらそん50 神戸マラソン

“社長のひとり言”では頻繁に登場するマラソンブログもあっという間に50回!記念の50回ということで少々長文となることをお許しくださいあっかんべー

 11月12日のいびがわマラソンでは、またまた32キロ過ぎに大失速してしまったので、11月19日の神戸マラソンは、最初の5キロを25分、35キロまでは5キロ23分のペースを守り、残りの7,2195キロド根性で走る!というプランを立て走る、と前回のブログにて宣言させて頂きましたグッド (上向き矢印)

今までも「前半飛ばし過ぎ」とよく言われましたが、前半飛ばすといけない理由がよくわかっていなかったので、結局抑えることがでませんでした。ところが今回、要約すると「スタート直後に消費するエネルギーは非常に大きく、特に5キロくらいはアップのつもりで抑えて走ることで、消費量も大きく抑えられる」という話を聞きましたdouble exclamationその話が妙にハマって、「アップしないなら、最初は抑えなければいけないんだ!」と考えることができたのでしたひらめきひらめき

IMG_7477最初飛ばさなくてよい」と考えるだけで、早くから競って整列する必要もなくなり、更にスタートしてからもごちゃごちゃの中で左右にすり抜け走る必要もなくなるなど、かなり心のゆとりも持てました :-D

ゆったり走ったつもりでも最初の5キロは23分。このペースで35キロまでいこう!と心に決め、ひたすら5キロラップを気にしながら走り続けました。30キロ過ぎてもいつものようにカラダが重くなるようなことはなく、目標の35キロを通過!ここからはど根性!というプランでした。しかし「神戸は37キロ付近で難

関の坂道があるので、その坂道までは今のペースを保ち、登り切って最後の2.2キロをど根性でいこう!」と冷静に走り続けました。

今までは「後半失速して当たり前」と考えていた私でした。しかしずっと同じペースで走り続け、更にはまさかのラストスパートまでかけることができましたグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)「自分もまだこんな走り方ができるんだ!」とペースアップしながら嬉しさがこみあげてきて、涙しそうになった瞬間もありましたわーい (嬉しい顔)最後は「なんとか3時間14分台に乗せたい」の一心でゴールを目指し、3時間14分47秒。エイドでも立ち止まることなく、走り続けたのは2013年以来だと記憶しています手 (チョキ)手 (チョキ)

 記録的には自己ベストには及ばない6番目の記録ですが、“同じペースで完走できた”ということと、“2年ぶりに3時間15分を切れた”ということから、諦めかけていた夢に向かって挑戦できる勇気を与えてくれた大会となりましたグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

IMG_7488神戸には、ご主人の転勤により退職され、大阪に引越しした吉岡さんが応援しに来てくれていました!吉岡さんから「35キロ付近で応援してます!」と連絡をもらっていたので、「とにかく35キロまでは笑顔で頑張ろう!」と思いながら走ったことも、よかったと思います!!結局、吉岡さんは10キロ付近で応援していたらしく、私は気づけませんでしたが・・・冷や汗 (顔) しかし吉岡さんは私に気づいてくれたようですdouble exclamation

完走後、なぜか食べたくなるラーメンを付き合ってもらい、元気にされている吉岡さんとたくさんお話ししてきましたわーい (嬉しい顔)

このブログが100回に到達する時には、2時間台の夢を叶えたい、そのための練習方法をもう一度見直そうと考えていますグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

(S.K@社長)

201711170今秋は3つのフルマラソンを予定していましたが、横浜マラソンは台風で中止になった為、昨年同様、いびがわと神戸を2週連続で走る予定をしています。その内まずいびがわを走ってきましたわーい (嬉しい顔)

昨年のいびがわ3時間18分、神戸は3時間26分と2本共に後半大失速してしまいました。1年ぶりのフルマラソンとなるいびがわは紅葉もきれいなので「楽しく走ろう!あと何キロもある」と思うのでなく、「あと何キロも楽しめる!」って気持ちで行こう!と考えるようにしました。また前半飛ばし過ぎないように心掛けました。

201711173例年よりは抑えめに1時間35分で折り返しました。あとはどこまでこのペースを守れるか?それも楽しもう!と思いながら走っていました。が、30キロ過ぎからカラダは重くなり、32キロでは屈辱にも歩いてしまいました。昨年は後半の下りでは坂道だからなんとか走りきれたのですが、今年は坂道も歩いて更に大失速、5分遅れの3時間23分でしたふらふらあせあせ (飛び散る汗)

20171117119日は神戸マラソンですが、後半大失速しないよう本番でどうやって走るのか?ネットなどで経験者の意見を調べながら検討中ですが、前半の5キロを25分、35キロまでは5キロ23分のペースを守り、残りの7,2195キロど根性で走る!(笑)というプランでいこうかと考えています!そんなうまくいくかな?ですが、いつも好タイムを狙い前半を飛ばし過ぎるので、しっかり最初だけでも抑えたら自分のカラダがどうなるのか?試してみたいと思います!

ちなみに、台風で中止となった横浜マラソンですが、私の望み通り、来年の出走権が頂けるようです!もちろん参加費は必要ですが、完走すれば今年と来年分の完走メダルが2個頂けるそうです!来年こそ横浜を走りたいですね!

(S.K@社長)

2017年11月1日 水曜日

なぜまらそん48 横浜マラソン

201711021新庄村でのトレイルランニングに続き年内に3つのフルマラソンにエントリーしています。その1つ目の横浜マラソンが10月29日(日)に開催されました!というよりは、開催されるはずでした・・・が、なんと台風22号の影響で中止に。。泣き顔

前日受付の為、28日夕刻横浜に着きチェックインを済ませ、着替えて軽く走りながら受付会場へ行こうとしていたその時、友人から中止の連絡が入りました。途方に暮れるというのはこういうことを言うのか。。。と思えるほどの目先が真っ暗になりました。げっそり (顔)「マラソンは雨天でも決行!」という考えが私のスタンダードだったからでしょう。現実を受け入れられない、行き場のない怒りを鎮めながら、とりあえず受付会場へ行き、会場のイベントを見学していました。その間、一緒に大会に出る予定をしていた横浜在住の後輩から明日は一緒に走りましょう!と誘いをもらい、うっぷん晴らしの場も見つかったこともあって、落ち着いたのか、ホテルに戻るころには現実を受け止めることが出来ました!(笑)

201711022翌日後輩や後輩の仲間と日産スタジアムの屋根のある場所で走りました。とにかくすごい人がトレーニングしていました。中には私と同様に横浜マラソンの参加賞Tシャツを着てうっぷん晴らししている人が大勢いました。またつけて走ることができなかったゼッケンをわざわざつけて走っている人も大勢いました。私もゼッケンをつけて走ろうかと、前日考えたのですが、やめました。しかしみんな考えることは同じだな!って思いました(笑) 考えることは同じという意味では、私たちは1周約1キロのコースを21周走りましたが、「意地でも42周走るぞ!」という人も多かったのではないかと思いますわーい (嬉しい顔)

201711023参加費15000円は返金されないとのことです。中止になっても費用はかかっているので、仕方ないと思いますが、「せめて来年は参加費も支払いますので抽選なしで走れるようにして頂きたい!」って願っています。また「願わくばフィニッシャーズタオルや完走メダルも記念に頂きたい!」って思います。

201711024 後輩の仲間は、世界で最も大きいマラソン大会“ニューヨークシティーマラソン”に参加するために渡米したそうですが、前日洪水で中止になったことがあるそうです。その話を伺ってからは、「横浜ならかわいいもんだ!」とすごい説得力ある話に慰めてもらいましたグッド (上向き矢印)

201711025午後は大学時代の仲間と楽しいひと時を過ごすことができ、大会は中止だったけれどわざわざ横浜まで来た甲斐があった!って思えるようになりましたグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

帰りの新幹線は、乗車時刻は定刻でしたが、台風の為三島でストップ!!名古屋に到着したのは1時間遅れでしたがく〜 (落胆した顔)とても残念な横浜マラソンでしたが、いろんな意味でとても印象に残る大会になりましたグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

(S.K@社長)

 

10月1日、岡山県新庄村のクニロクの森で行われたトレイルランニングの大会に参加しました!新庄村の人口はわずか約900人、そんな小さな村に600人の選手が集結、村は大賑わいでした :-P 大会実行委員長は新庄事業所長の黒田が務めていますが、スタート前には新庄特産の“ひめの餅”入り雑煮が振る舞われるなど、村外からの選手をしっかりおもてなしの心でお迎えさせて頂きました!!

201710031201710032また会場内は手作り感満載で、“ゴジラ”がいたり、ゴールにはクニロクの森の木で作られたゲート、完走後アイシングする為のヒノキ風呂、ステージや表彰台・会場のテーブル、ゴール手前50mのレッドカーペット、などなど黒田の考案で作ったものばかりでした。

この大会は75キロと22キロの2つのコースがあるのですが、75キロはなんと午前5時スタート、制限時間は午後8時までの15時間!超過酷な大会です。私は迷わず22キロを選択しました(笑) そして山道は走る場所でないから相当時間もかかるな、と思っていたので、目標は4時間以内と設定していました。

201710033201710034201710035







マラソンで鍛えていますので自信はあったのですが、下りの走り方が下手なせいか、太もも前側にかなりの負担がかかり、何度もつってしまいました。しかし「平地なら負けないぞ!」という自負とクニロクのノボリを振って応援して下さるクニロク関係者の方々の大声援に後押しされ、3時間33分でゴールグッド (上向き矢印)なんと50歳以上の部ではぴかぴか (新しい)準優勝ぴかぴか (新しい)(笑)手 (チョキ)  総合でも300人中40位の大健闘でした手 (チョキ)

201710036マラソンと違いタイムをあまり気にしなくてもよい競技だと思うので、心のゆとりもあり、そのゆとりがあるからこそ、ブナの森や大山などの素晴らしい景色を眺めながら走ることができました。また後半の上りはほぼ歩いていたのですが、周囲の方と励まし合ったり、バカ話もすることができました。これらこそトレランの醍醐味ですね指でOK指でOK

参加者の方々からは、「おもてなしの心に感謝!ブナの森、最高!森の雰囲気だけでなく足廻りも腐葉土のふかふかクッションの上で走りやすかった!」など大好評でした :-P

設営に当たっては多くのボランティアの方々にご協力頂き、本当に素晴らしい大会でした。今後益々大きな大会になること間違いなしグッド (上向き矢印)と実感しました。クニロクの森でこんな素晴らしい大会を催すことをできるようにして下さった、小倉村長を初めとする新庄村民の皆様、大会実行委委員長を務めている黒田所長を始めとするクニロク新庄事業所の皆には本当に感謝です。ありがとうございました!私にとっては、趣味と自社の森を走れるという実益も兼ね、健康増進、更には地域社会に貢献できるという、いいこと尽くしのこの大会、来年も是非参加したいですわーい (嬉しい顔)手 (チョキ)

(S.K@社長)

201709101自称メモの魔の私はマラソンの記録もしっかりつけていますdouble exclamation過去のブログ)今はスマホがすべて管理してくれているので、以前のようにノートにつけなくてよくなりましたが、いつ・どこを・何キロ走ったかくらいは手帳にもメモは残しています。

スマホを待ち始めたのは2012年1月、その後いろんなマラソンアプリを入れ走っていましたが、今愛用している「ナイキプラス」で管理するようになったのは2013年11月くらい。 データが飛んだりして必ず正確とは言えませんが、先日走行距離1万キロを突破しました手 (チョキ)

掛川城

掛川城

振り返ると2014年は3541キロ、2015年は2500キロ、2016年は2920キロ、と年間走行距離もばっちりわかります(笑)


数値へのこだわりは相変わらずで、最近は走行距離よりも週5日走ることを心掛けています。毎日走っていた頃もありましたが、ケガをしてからは“休息も練習の内”と改めるようになりました。知人から「毎日走っているの?」などと尋ねられることが頻繁にあり、いろいろ説明していると長くなるので「毎日はカラダをこわすので週休2日制です」と答えるようになりました。

皇居

皇居

そうすると有言実行しなければ!ということで、週5は走るようになりました。逆に週2日は気兼ねなく休んでよい、ということで走らない日は起床時刻もゆっくりにしています。別に誰にも気兼ねする必要はないんですけれど・・・(笑)




兼六園

兼六園

いよいよ10月1日はクニロクの岡山新庄山林で開催されるトレイルランニングに出場です。その対策で金華山ドライブコースや金華山登りをメニューに入れています。トレラン後は10月11月で3つのフルマラソンを予定しています!2週間程故障箇所があり満足に走れていませんが万全な体調で走れるよう、しっかりカラダを作っていきたいですグッド (上向き矢印)

写真は最近朝出張先で走った時のお城の風景です。出張先での朝マラソンは三文以上得した気分ですわーい (嬉しい顔)

(S.K@社長)

201708041毎週日曜日16時過ぎといえば、我々が出演させて頂いている、ぎふチャンラジオ「オカダミノルの黄昏ないday!Sunday」ですよね!

7月30日は私の出番であったのですが、高山市に新たに開所した「飛騨國アニバーサリーステーション」での生放送にいってまいりました!

このステーションは、昨今の地方創生の流れの中で、都市部の企業が地方にもサテライト事務所などを積極的に設けるのであれば総務省がバックアップするという事業に、高山市と岐阜放送がいち早く手を挙げ、使われなくなっている民家を借り、飛騨の放送の拠点としていこうとしたものです。

8月1日のオープンに先駆けて、開所式典や「オカダミノルの黄昏ないday!Sunday」のラジオ生放送、そして「スーさんオカチャンの昭和がらくた劇場」のテレビ生放送が7月30日に行われたのでした。

201708042201708043
建物は平成元年に竣工した純和風家屋。放送局のステーションという感じではありません!!玄関を入ると飛騨の赤松などの梁を組んだ一般家屋としては考えられない3階建物程の高さのあるスケールの大きな吹抜けがお迎えしてくれます。

ラジオはその建物の奥座敷でいつものように行われました。
201708044201708045201708046

https://kuniroku.co.jp/wp/wp-content/uploads/radio/gifuragio20170730kunii.mp3

その後、玄関付近の大きな吹抜けの下でテレビの生放送も行われたのですが、普段より出演されているスーさん、オカチャンはさすがです!!ほとんど台本なしのアドリブだったそうです。いつもの収録でも一発本番で取り直しなし!だそうですので、生放送であっても問題なし!!とのことですが、改めて息の合ったおふたりの大物ぶりを実感しました!!!また、その現場を支えているスタッフの皆さんも秒刻みの進行に緊張感を持ちながらなのでしょうが、スケッチブックでいろんな指示をだしながら、きっちり仕切っていかれる様子を目の当たりにさせて頂きました。

これからもラジオではお世話になりますが、貴重な体験をさせて頂き岐阜放送さん、ありがとうございました。

(S.K@社長)

201707101平成26年11月に請負契約を締結、平成27年に着工させて頂いた珠泉院様(http://shusenin.or.jp/)の本堂と庫裡の新築工事が完了し、先月落慶式並びにこの度ご住職が副住職であられた息子様に代わられるということで、晋山式が盛大に執り行われました。

ふたつのおめでたい出来事が重なったということもあり、今回の式典には岐阜県内はもとより臨済宗の総本山を始め全国より約75名の僧侶様が駆けつけてこられました。珠泉院をここまで大きなお寺にしてこられた前住職の交友の深さと影響力の大きさを実感しました。

201707102201707103厳かに執り行われた落慶式では弊社が感謝状を頂くことができました。今回の感謝状は前住職のお取り計らいにより臨済宗妙心寺派管長様名で頂くことができ、誠に光栄なことでありました。情けないのは私の足・・・感謝状贈呈までの約50分間ずっと正座していたので、すぐに立ち上がることができず、進行役の方などに支えられながら移動することになってしまったのです。汗。。。皆さまご迷惑をお掛けしました。

501707104
晋山式では新住職が凛々しくかつ誠実さ溢れる口上を述べられ、これからの珠泉院も安泰である印象をすべての参加者が感じたに違いありません。

式典終了後は場所をホテルに移して祝賀会が行われました。檀家役員さんのアットホームな進行の下、謡曲や舞の披露、施工者である私や家田が201707105祝辞を述べさせて頂くなど終始和やかな雰囲気で楽しく時が流れました。

前住職、新住職始め檀家役員の皆様には本当に良くして頂き、気持ちよく仕事をさせて頂きました。ありがとうございました。また前住職令夫人様には打合せの中でもうまく意見を取りまとめて頂くなど、大変お世話になりました。

これからも珠泉院様が益々ご発展されることを心よりお祈り申し上げます。

(S.K@社長)

2017年5月23日 火曜日

嬉しい結婚式!

IMG_54455月21日、江南プレカットセンターの チャペル平岡君の結婚式ハートたち (複数ハート) に参列させて頂きました。入社5年目の平岡君、入社当初は加工チームで機械のオペレーションを担当してくれていましたが、27年1月からは元々有していた2級建築士の資格を活かす意味においても他でチャレンジしたい、という意向が本人からあり、現在はCADチームで頑張ってくれていますわーい (嬉しい顔)

IMG_5447チャペルでの挙式だったのですが、牧師様の前で「神に誓います」という形でなく、“参列者全員が立会人”の人前挙式でした。指輪 新郎新婦が皆に5項目を誓ったのですが、「ケンカをしてもその日のうちに仲直りします!」などユーモラスで彼ららしい誓いの言葉も含まれており、とても和やかな挙式でしたハートたち (複数ハート)

IMG_5479披露宴では、私が祝辞、江南プレカットセンター所長の細野が乾杯をさせて頂くなど、盛り上げ役を担わせて頂きました。ケーキ入刀ではお互いにケーキを食べさせ合う場面はよく見られますが、釣り好きの新郎にちなんで、新婦がたい焼きを餌にリールで新郎を吊り上げるという演出があり、とても盛り上がりました。また新郎新婦の多くの友人が楽しいエピソードを披露するなど、笑いあり涙ありのとても密度の濃い楽しいひと時を過ごすことのできる素晴らしい披露宴でしたバー (マティーニ)

IMG_5487晴天の下、外では参列者とのふれあいタイムや記念撮影などもあり、私たちも幸せいっぱいの彼らを祝福させて頂くと共に、幸せをお裾分けして頂きました!挙式での5つの誓いをいつまでも守り、暖かく笑IMG_5510顔いっぱいの家庭を築いてもらいたいですぴかぴか (新しい)





ハートたち (複数ハート)平岡君、おめでとうハートたち (複数ハート)



 (S.K@社長)

 

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地