木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2014年5月21日 水曜日

私の読書日記19

 

約束の海

山崎豊子

t20140521この本は山崎豊子の絶筆となった作品です。

 昨年9月に亡くなった山崎豊子は、主に社会問題となった大きなテーマを扱い、そのほとんどが長編でした。多くの小説がドラマ化、映画化され、皆、話題を集めました。

 私自身、学生時代に「華麗なる一族」を読み、金融がどういうものかを知り銀行に入るきっかけになりました。また、「大地の子」では、中国残留孤児の苦悩が描かれ「ふれあいタイムズ」でも触れたのですが、原作だけでなくドラマにも何度も涙しました。

 「約束の海」は1988年に起きた、海上自衛隊の潜水艦「なだしお」(この小説では「くにしお」)と地元の漁船との衝突事件を題材に、「日本の平和と安全」や「自衛隊の存在」はどうあるべきか、という大きなテーマに正面から取り組もうとした小説です。

 小説は3部構成で、第一部が「潜水艦くにしお編」、第二部が「ハワイ編」第三部が「千円の海(仮題)編」という構想のようでしたが、残念ながら、第一部のみの完成で第二部、第三部は構想のみで未完となりました。

(あらすじ)

 時代は1989年(なだしお事件とは1年ずらしてある)。主人公は潜水艦「くにしお」の乗組員、花巻朔太郎、28歳。愛知県豊田市出身、父は元海軍少尉で現在、自動車会社役員。父は戦争のことを語らないので、その影響で自衛隊に入った訳ではなく、第一志望の大学に落ちたから防衛大学に入った。

 「くにしお」が東京湾沖を航海中、地元漁船が接近し衝突し、漁船は2分で沈没。多くの乗客が海に投げ出されたり、船中に閉じ込められ死亡する大惨事となった。

 この時、衝突の原因が「くにしお」側にあるとする報道や、「くにしお」の乗組員は溺れている乗客を助けようとせず傍観していたとする報道が相次ぎ、自衛隊バッシングが展開する。その後の海難審判(海上の事故原因を認定する裁判)で、漁船の側に回避義務があったのにそれをしなかったことや、「くにしお」乗組員が救助せず傍観していたとする目撃証言はマスコミの“やらせ”だったことが明らかになっていったが、世間に認知されることはなかった。

 衝突時、乗組員として運行の一端を担っていた花巻朔太郎は自分自身の責任を感じ、自衛隊を辞めようと決意する。

(第二部、第三部の構想)

 第二部は、自衛隊にとどまった朔太郎がハワイへ行き米軍の研修を受けるのだが、ハワイに戦争中の父の記録があることを知る。父は、真珠湾攻撃時に魚雷を乗せた特殊潜航艇「甲標的」の乗組員であり、10人で出撃し9人が戦死する中ただ一人助かり、アメリカでの日本人捕虜第一号となった花巻和男であった。この後、花巻和男の捕虜生活を中心に彼の苦悩が描かれる予定であった。

 第三部は、現在の日本。朔太郎は潜水艦の艦長となり、東シナ海を航海中、中国の不審船と遭遇する。尖閣諸島の問題など今眼前にある危機に対し、どう対処するかなどが描かれる予定であった。

(感想)

26年前のなだしお事件を挟んで、第二世界大戦から現代まで時間軸を長くとる壮大なスケールの小説です。尖閣問題などで緊張感が続く近隣諸国との関係、集団的自衛権で揺れる憲法解釈など、日本の平和をめぐる問題は山積しています。

 未完のまま終わったのは誠に残念ですが、第一部だけでも、これらの問題を充分考えさせられる小説でした。

(M.T@総務部)

2014年4月19日 土曜日

私の読書日記(18)

グリード(上)(下)

真山 仁

 t20140419_1真山仁の「ハゲタカ」シリーズ最新作です。
「ハゲタカ」は、2007年NHKの土曜ドラマ枠で放映され好評で、同じキャスティングで映画化もされました。主演大森南朋のクールな演技が話題を呼び、その後NHK大河ドラマ「竜馬伝」武市半平太役への起用につながって行ったのではないか、と勝手に思っています。

 (あらすじ)
 「ハゲタカ」とは、経営が悪化し破綻寸前になった企業を、安く買いたたき再建した後、売りさばいて転売益を稼ぐ投資集団のこと。主人公鷲津政彦はアメリカの投資銀行出身。独立して投資ファンド「サムライキャピタル」の社長として幾多の企業買収に関わってきた。NHKドラマの中では、日本のt20140419_2老舗旅館や玩具メーカー、総合電機メーカーなどの買収劇が演じられている。

  今回の小説のタイトル「グリード(GREED)」とは強欲の意味。この小説で鷲津は自らを育ててくれたアメリカに乗り込み、アメリカを代表する大企業「アメリカンドリーム(AD)社」の買収を目論む。それを阻止しようと立ちはだかるのが、市場の守り神と呼ばれるほどの財力を持つサミュエル・ストラスバーグ。サミュエルはFBIにも影響力を持つ巨人で、警察力をも利用し鷲津を妨害する。
「食うが食われるか」「やられたらやり返す!倍返しだ!!」という半沢直樹にも似たバトルがアメリカを舞台にして展開される。

(感想)
 シリーズがドラマ化されていますので、頭の中で鷲津政彦を大森南朋にキャスティングし、映像化して読めるのがとても楽しいところです。証券業界の専門用語がたくさん出てきて難しいところもありますが、サブプライムローンの問題やリーマンショックがなぜ起こったのか、その背景がよくわかり、そういう意味でも勉強になります。

 グリード(強欲)とは資本主義の本質でもあり、経済発展の推進力でもあります。そしてそれを体現しているのがアメリカです。そのアメリカに挑戦する鷲津。彼は強欲を賛美しているのか批判しているのか。矛盾に満ちた鷲津もなかなか魅力的です。

(T.M@総務部)

2014年3月7日 金曜日

私の読書日記(17)

蜩(ひぐらし)の記

葉室 麟

t06平成23年度下半期の直木賞受賞作です。この作家の作品は初めて読みましたが、なかなかの名作だと思います。

(あらすじ)

舞台は江戸時代中期、豊後(今の大分県)の小藩である羽根(うね)藩。

物語の中心人物は、元郡奉行(地方役人)で民衆からの信望も厚く、将来を家老になるであろうと評判のあった戸田秋谷(とだしゅうこく)という人物。秋谷は7年前江戸勤務の際、藩主の側室と不義密通があり、それを咎めた藩士を切り捨てた、との罪により切腹を命ぜられた。しかし刑の執行は10年後と定められた。それは、秋谷が当時藩命により編纂していた家譜(藩の歴史書)を完成させるためであった。10年の間に家譜を完成させ10年後の期日に切腹せよとの命令である。秋谷は藩内の山村で幽閉されて家譜編纂を続けている。

もう一人の中心人物が、若手藩士の檀野庄三郎(だんのしょうさぶろう)。庄三郎も藩内で同僚と刃傷沙汰を起こし、切腹を申し付けられたが、切腹を免ずる代わりに、3年後に切腹する戸田秋谷を監視せよ、との命を受ける。

庄三郎は秋谷と近く接するうちに、秋谷の真っ直ぐな生き方、清廉さ、潔さに触れ、次第に尊敬するようになり、秋谷の罪は冤罪ではないかとの疑問を抱き、密かに調査を始める。すると、事件の裏には藩内の隠された秘密があり、その隠蔽工作と関係があることがわかってくる。

しかし、秋谷本人は自らの罪について肯定も否定もしないで、たんたんとした日々を送っている。自分に課せられた使命(家譜編纂)を完遂するとこだけを考え、助命嘆願の気持ちは全くない。

 やがて、事件の全貌が明らかになるが、秋谷の切腹は執行されるのか?

(感想)

 武士とはこういうものなのか、と考えさせられます。突如として自分に降りかかった運命を、一切言い訳せず受け容れて、ただ自分のなすべきことをなす。自分の死が間近に迫っていても、慌てず騒がず静かにその日を迎える。自分に置き換えてみてそんなことはとても考えられませんが、本物の武士とはそういうものだったのでしょうか。ちょっと現実感がない話ではありますが、考えてみると私も60歳を超え、人生残り少ない年齢だけに同じような境遇かもしれません。後悔しない生き方をしたいと思います。

 ちなみに、この本も映画化されるそうです。秋谷は役所広司くらいかなぁ、と思っていたらひらめきホントに役所でした手 (チョキ) 庄三郎役はいろいろ候補があるなと思っていたら岡田准一。このところ「永遠の0」「軍師官兵衛」と続いていますが、売れっ子ですねわーい (嬉しい顔)

(M.T@総務部)

2014年1月31日 金曜日

私の読書日記(16) その1

吉川英治 「黒田如水」
火坂雅志 「軍師の門」(上)(下)

 今年のNHK大河ドラマは「軍師官兵衛」。出だし好調で、なかなか面白そうです。脚本はオリジナルですが、黒田官兵衛を書いた小説は数多くあります。その中から吉川英治と火坂雅志の作品を読んでみました。

(その1) 吉川英治「黒田如水」

 t01この小説で描かれる期間は、官兵衛が播磨(兵庫県)の小寺家という小さな大名の若き家老として信長と同盟を結ぶため謁見するところから、信長に叛旗を翻した荒木村重に捕らえられ、1年間幽閉の後救出されるまでの約6年間です。天正3年(1575年)から天正9年(1581年)、官兵衛の年齢にして30歳から36歳くらいまでです。

 官兵衛は信長の下で頭角を現しつつあった秀吉に認められ、もう一人の軍師竹中半兵衛とともに秀吉の参謀として重用されます。そしてこの頃の秀吉の戦いのほとんどに関わり、軍事面の戦術だけでなく、主に相手側の調略(説得して味方に引き入れること)で力を発揮します。秀吉のめざましい活躍の陰には官兵衛の智謀があったのです。

 官兵衛の交渉の基本は相手との信頼関係でした。交渉した相手との約束事は必ず守ることで、相手側からも信頼されます。そんな官兵衛も荒木村重の説得には失敗し、有岡城(兵庫県伊丹市)の狭い土牢に1年間閉じ込められたことで足は不自由となり身体は痩せさらばえますが、それでも秀吉、信長を裏切らなかったことが、更に彼の評判を高めることになります。

t05

 この小説のクライマックスは、信長勢の有岡城攻めの際、官兵衛の部下たちが真っ先に牢獄に向かい助け出すところです。官兵衛が捕らわれた際、信長は官兵衛が敵に寝返ったものと断じ、人質として預かっていた息子の松寿丸を殺せと秀吉に命じていました。ですから息子は死んだものと思っていましたが、その息子は生きていて再会できたのです。松寿丸が生きていたのは竹中半兵衛が信長の命令に従わず、自分の命を懸けて彼を守ったからです。この辺りは吉川英治の講談のような筆さばきで、泣かせるところです。(右地図:NHK大河ドラマストーリーより)

(M.T@総務部)

2014年1月30日 木曜日

私の読書日記(16) その2

(その2) 火坂雅志「軍師の門」(上)(下)

t03t04 こちらは「秀吉の二兵衛」と言われた竹中半兵衛と黒田官兵衛の二人の活躍を、その友情とともに描いています。

 上巻では、竹中半兵衛の有名な稲葉山城(岐阜城)乗っ取りから始まり、秀吉に三顧の礼で軍師として迎えられ、病魔と闘い自らの死期が近いことを悟りながら、秀吉の戦いに知略を尽くした半兵衛の生涯が描かれます。智謀では官兵衛を上回っていたのでしょうが、残念ながら病には勝てず、36歳で亡くなります。

 下巻では、官兵衛の生涯が最後まで綴られます。官兵衛の生涯で何と言っても有名なのは、中国の毛利攻め備中高松城(岡山市)を包囲している最中に本能寺の変の情報を得、即座に毛利と和解し明智光秀を討つことを秀吉に進言したことです。後に「中国大返し」と呼ばれることになる、秀吉にとって天下取りへの最も大きなターニングポイントになりましたがこの時、信長の死に接し悲嘆にくれる秀吉に対し「今こそ天下への好機であります」と告げたその冷静さが、後々秀吉から恐れられ遠ざけられる一因にもなります。

 その後、天下を取り専制君主へと変わっていく秀吉とは距離を取りやがて隠居し「如水」と名乗りますが、官兵衛の戦いは隠居後も続きます。

波乱万丈の官兵衛の人生を大河ドラマではどのように描かれるでしょうか。竹中半兵衛は美濃出身(揖斐郡大野町)ですし、岐阜城関ヶ原も舞台として度々出てくるでしょう。岐阜にもゆかりのあるドラマですのでこれからも楽しみです。

(M.T@総務部)

2013年12月4日 水曜日

私の読書日記(15)

天佑なり(上)(下)
                      「高橋是清・百年前の日本国債」                幸田真音

  「日本国債」や「代行返上」など、金融・財政ものの小説が得意な作家、幸田真音(こうだまいん)の最新作。2.26事件で殺された高橋是清(当時蔵相)を主人公にしています。高橋は金融財政に詳しく国際通で、日本で初めて外国で日本国債を売った人でもあります。

(あらすじ)

b 高橋の生れは嘉永7年(1854年)。幕府の御用絵師の家柄であったが父が女中に産ませた子であったため、生後間もなく足軽の高橋家に養子に出される。優秀であったのか横浜の医師の下で英語を学び、13歳の時アメリカへ留学することとなる。 
 しかし、アメリカ行の船の船長に騙され有り金を全て奪われ、到着したサンフランシスコでは、奴隷として売り飛ばされ、強制労働を強いられる。様々な抵抗を試み、在留の日本人と出会い彼らの協力で何とかその家を脱出して日本に帰国する。
 人生とは不思議なもので、この時のアメリカでの苦労や経験がその後の高橋の経歴の中で役に立つのである。

 帰国後は英語教師をしたり役人になったりするのだが、芸者遊びや酒に夢中になる時期もあったりして、何度も職を失う。役人時代には日本には概念がなかった特許制度を整えるため、洋行し外国の制度を見て回り、初代特許庁長官にもなる。
 a1889年、35歳の時先輩に誘われペルーにおける銅の鉱山開発に乗り出し、職を辞し自らペルーへ渡り開発の現地での責任者となるが、これが廃坑とわかり事業は失敗、全財産を失う。

 帰国後、浪人生活をしていたが、日本銀行から誘われ一般行員からスタート。その後支店長などを歴任後、1904年50歳の時日露戦争が勃発する。戦争する資金が全く不足していた日本は資金の調達を国外に求め、外国で日本国債を発行する必要に迫られた。国債発行の事務や国債の買い手を見つける交渉事は、外国での経験が豊富な高橋を置いてほかにない。

 高橋は全権を持って交渉にあたるが、明治30年代の日本は世界では無名の後進国。そのような国がロシアと戦って勝つとは誰も思わないし、債券を買おうというリスクを取る投資家もいない。しかし、売れなければ資金調達ができず、戦争は負けてしまう。この難題にこれまでの人脈を生かしながら、独りで立ち向かう。そんな中、ただ一人、高橋の活動や戦争の行方を観察していたドイツ人がいて、高橋に声をかける。初めて日本の国債を買おうという人物が現れたのだ。これがタイトルにもなった「天佑なり」。天の助け、天の声と思えたほど嬉しかったのだ。
 これがきっかけとなり、国債の発行は順調に進み、その後何度も発行することになる。

その後高橋は、日本銀行の総裁や大蔵大臣、総理大臣も務めるが、政界引退後も何度も請われ大蔵大臣は何と7回も就任している。
 何事も遠慮をせず直言する性格で、軍部の肥大化、軍事費の膨張にストップをかけることができるのは高橋だけになってしまう。そのことが結局凶弾に倒れる原因になるのだが、高橋の死後、日本の軍国主義化は一気に進むのである。

(感想)

 高橋是清の数奇な人生が、ジェットコースターのように昇降し、少年時代の出来事から面白く冒頭から引き込まれます。人物伝として大変痛快ですし、明治大正の歴史を財政の視点から見ることができ、勉強にもなります。
 高橋は外国人の知己が多く、彼らとの信頼関係が交渉のベースになっていました。その経験から、外国とは対等な信頼関係を重視すべきことを訴え続けましたが、残念ながらそのような主張は受け入れられませんでした。今の時代にも通ずる話ではないでしょうか 本

(M.T@総務部)

2013年10月10日 木曜日

私の読書日記(14)

画像 永遠の0                                               永遠の0(ゼロ)                   百田尚樹

 本年2月26日のブログで採りあげた「海賊と呼ばれた男」の作者、百田尚樹氏のデビュー作です 鉛筆

単行本としては2006年に出版されましたが、文庫化されて大ブレイク、250万部のベストセラーとなっているようです。映画化もされており、12月に公開されます TV

(あらすじ)
 26歳の佐伯健太郎とその姉の貴子は自分たちの現在の祖父は祖母が再婚した相手であり、血はつながっておらず実の祖父が別に存在していたことを知る。そして母の実の父親であった祖父、宮部久蔵は第二次世界大戦当時、航空隊のパイロットであり、特攻隊として死んだことを知り、どのような人物であったのか興味を持ち、調査を始める。

 各地の戦友会に手紙を書き趣旨を告げ、祖父を知っている人を紹介してもらう。祖父と同年代であれば80代後半。多くの方が亡くなっているはずだがそれでも何人か、祖父を知っている人たちがいた。二人はその人たちに会いに行く。

 最初訪ねた老人からは「宮部は航空隊一の臆病者だった」と蔑んだ言い方をされ、ショックを受ける。「宮部は生き延びることばかりを考え、戦場では逃げてばかりだった」と。

 しかし、続いて何人かの老人の話を聞く内に、次第に宮部久蔵の「臆病」の真相が明らかになっていく。宮部はゼロ戦のパイロットとして素晴らしい技術を持っており、出撃すれば必ず何機か敵の戦闘機を撃墜し、味方の命を何度も救い、それでも決して敵機には撃墜されることはなかった。「臆病者」と呼ばれたのは、常に死と隣り合わせのパイロットであるのに、生き延びることを優先し、無謀な戦いを決してせず、部下にも死に急ぐ戦いはしないよう、厳に戒めていたからであった。あの当時、戦地においては「生きて帰りたい」とは絶対に口にしてはならない言葉だったのだ。

 宮部はなぜ生き延びようと決意していたのか。そして、それだけ生に執着していたにもかかわらず、なぜ最後は特攻隊に志願して死んだのか。それらの大きな疑問を抱きながら調査が続き、元戦友たちが宮部の実像を語っていく。そして、最後に二人が行きついた先は……。

(感想)
 第二次世界大戦時の特攻隊を扱った小説です。主人公など人物の設定はフィクションと思われますが、真珠湾以降の戦闘の推移やゼロ戦の戦闘能力、いつくかの実際の戦闘シーンはとてもリアルで実話に基づくものと思われます。

 読み進むに連れ、なぜ日本はあのような勝算のない戦いに突入してしまったのか、そしてなぜ、誰の目にも敗色濃厚となった段階で戦争を止めることができなかったのか、強い疑問と憤りを感じます。当時の陸軍や海軍の幹部や参謀たちが現実を直視せず、国民にはウソばかりを伝え、精神論だけで国民や兵士に戦争の継続を強要し、尊い命が失われていった事実が浮かびあがります。その象徴の一つが特攻隊です。

特攻隊は志願の形を取ってはいますが、その実態は命令なのです。兵士に死を命じるのです。その特攻隊も緒戦こそ戦術としての効果はあったものの、米軍に研究され、後には飛び立った戦闘機はほとんど敵艦まで到達できず、途中で撃ち落とされているのです。そういう状況の中でも作戦は繰り返され、若い兵士たちは「祖国を守るため」と信じ飛んで行ったのです。

  私たちのような世代も「戦争を知らない子供たち」と呼ばれたくらいで、戦争の実態を知りません。まして、今の若い世代であれば戦争は歴史上の出来事であり、自分たちには関係のない遠い過去の話でしょう。そんな人たちにこの本を是非読んで頂きたい。映画も観てほしいですが、その前に是非読んでほしい。読み始めれば感動のラストまで本が手放せません。心揺さぶられる本です 本

(M.T@総務部)

2013年8月20日 火曜日

私の読書日記(13)

                   オレたちバブル入行組/オレたち花のバブル組 
                                                                   池井戸潤

  今、話題のTBSドラマ「半沢直樹」の原作です。

 私は池井戸潤のファンでもあり、昨年の12月12日付のブログで彼の新作3本を紹介したのですが、あのときはこの小説がこんな形でドラマ化されるとは全く想定できず、「デビュー後しばらくは銀行を舞台にした作品が多かったのですが」と軽く流していました。ですがその「デビュー後しばらく」の時期に発表していたのが、まさにこの2作です。そんなに売れなかったと思いますし、私も読んでいませんでしたので今回のこの人気は驚きです。そこで、私もこの2作を初めて読んでみました 本

俺たちバブル入行組
本 原作と TV ドラマの関係は、
 ドラマ 第1話~第5話  オレたちバブル入行組
 ドラマ 第6話~      オレたち花のバブル組
 となっています。

 ストーリーの紹介は必要ないと思いますので、今回の人気の秘密となっている、脚本や演出の面白さについて触れたいと思います。

(原作とドラマの違い)

俺たち花のバブル組 原作とドラマは演出上、様々な違いがあります。ストーリーの基本線は変わっていませんが、登場人物や設定にはいくつかの工夫がこらしてあります。思いつくまま列記してみましょう。

〇国税統括官のオネェキャラはドラマだけ。
 原作にも国税の査察が入る場面がありますが、統括官に特別なキャラ設定はありません。片岡愛之助扮する統括官のキャラはドラマ独特です。

〇病院に入院している老人と娘の再会はドラマ独自の設定。
 ドラマでは、逃亡している東田の居所を突き止めるため、東田の住むマンションの所有者である老人に接触し、生き別れになってしまっている娘と孫を探し出し、再会させる場面がありますが、原作では全くなし。半沢の人間味あるところを出すための設定でしょう。

〇メールのやり取り。原作ではパソコン、ドラマでは携帯。
 ドラマでは、浅野支店長に対し、半沢がメールで秘密を暴露し脅す場面が出てきます。
大変臨場感があって迫力満点でしたが、原作では支店長が自宅でパソコンにかじりついてメールのやり取りをします。ほぼ10年くらい前の原作ですので、携帯でメールをやり取りすることが今ほど日常的ではなかったのでしょう。

〇原作では半沢の父親は死んでいない。健在。
 ドラマでは、半沢の父親(笑福亭鶴瓶)は銀行に融資を断られ、自殺したことになっていますが、原作では地元の金融機関の支援を受け会社を立て直しています。

〇「やられたらやり返す、倍返しだ」は頻繁には言わない。
 すっかり有名になり、今年の流行語大賞の候補にもあがりそうなこの言葉ですが、原作では半沢が言うのは1度だけ。ドラマでは連発していますが、この辺りが演出の面白さでしょう。

  こうやってみてくると、ドラマ化するにあたっての一番の変化は登場人物のキャラ立てでしょうか。個性あふれるキャラクターにすることによってドラマを面白くしているように思います。

  さて、次回第6話からは後半に入ります。東京の本店に入り、営業第二部という精鋭部隊に入った半沢に更なる試練が待ち構えています。どんな難題、難敵が現れるか、楽しみですね わーい (嬉しい顔)

鉛筆 私の読書日記・・・平成25年7月までの過去のブログはこちら

(M.T@総務部)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地