木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2014年3月7日 金曜日

私の読書日記(17)

蜩(ひぐらし)の記

葉室 麟

t06平成23年度下半期の直木賞受賞作です。この作家の作品は初めて読みましたが、なかなかの名作だと思います。

(あらすじ)

舞台は江戸時代中期、豊後(今の大分県)の小藩である羽根(うね)藩。

物語の中心人物は、元郡奉行(地方役人)で民衆からの信望も厚く、将来を家老になるであろうと評判のあった戸田秋谷(とだしゅうこく)という人物。秋谷は7年前江戸勤務の際、藩主の側室と不義密通があり、それを咎めた藩士を切り捨てた、との罪により切腹を命ぜられた。しかし刑の執行は10年後と定められた。それは、秋谷が当時藩命により編纂していた家譜(藩の歴史書)を完成させるためであった。10年の間に家譜を完成させ10年後の期日に切腹せよとの命令である。秋谷は藩内の山村で幽閉されて家譜編纂を続けている。

もう一人の中心人物が、若手藩士の檀野庄三郎(だんのしょうさぶろう)。庄三郎も藩内で同僚と刃傷沙汰を起こし、切腹を申し付けられたが、切腹を免ずる代わりに、3年後に切腹する戸田秋谷を監視せよ、との命を受ける。

庄三郎は秋谷と近く接するうちに、秋谷の真っ直ぐな生き方、清廉さ、潔さに触れ、次第に尊敬するようになり、秋谷の罪は冤罪ではないかとの疑問を抱き、密かに調査を始める。すると、事件の裏には藩内の隠された秘密があり、その隠蔽工作と関係があることがわかってくる。

しかし、秋谷本人は自らの罪について肯定も否定もしないで、たんたんとした日々を送っている。自分に課せられた使命(家譜編纂)を完遂するとこだけを考え、助命嘆願の気持ちは全くない。

 やがて、事件の全貌が明らかになるが、秋谷の切腹は執行されるのか?

(感想)

 武士とはこういうものなのか、と考えさせられます。突如として自分に降りかかった運命を、一切言い訳せず受け容れて、ただ自分のなすべきことをなす。自分の死が間近に迫っていても、慌てず騒がず静かにその日を迎える。自分に置き換えてみてそんなことはとても考えられませんが、本物の武士とはそういうものだったのでしょうか。ちょっと現実感がない話ではありますが、考えてみると私も60歳を超え、人生残り少ない年齢だけに同じような境遇かもしれません。後悔しない生き方をしたいと思います。

 ちなみに、この本も映画化されるそうです。秋谷は役所広司くらいかなぁ、と思っていたらひらめきホントに役所でした手 (チョキ) 庄三郎役はいろいろ候補があるなと思っていたら岡田准一。このところ「永遠の0」「軍師官兵衛」と続いていますが、売れっ子ですねわーい (嬉しい顔)

(M.T@総務部)

いよいよ迫ってまいりました。名古屋ウィメンズマラソン2014足

皆様、私がエントリーしたことを覚えて見えましたか?

先日(と、言っても2週間ほど前)大会の参加案内と共にナンバーカード引換証が届きました手 (チョキ)



昨年の3月から、少しずつ、ホントーに少しずつですが練習してきた成果が試されると思うと、かなりドキドキもうやだ〜 (悲しい顔)

本番まであと10日。あまり走り込みは出来ませんが、しっかり準備したいと思います。

結果はまたご報告しまーすハートたち (複数ハート)

(A.K@総合企画室)

2014年2月24日 月曜日

今年のゆき

testこの冬は関東地方や甲信越地方で大雪となっています。 岐阜は例年よりはまだ少ないでしょうか。
根尾の現場も一面白くなっていますが、まだそれほど 奥で無い現場には行けるようです。
冬前は今年は大雪になりそうという話も多く聞かれました。 まだこれから大雪になるかもしれません。
備えは十分にしたいと思います。

(T.Y@岐阜)

2014年2月5日 水曜日

夢のマイホーム(2)

m02こんにちは。営業の村田ですわーい (嬉しい顔)

我が家の住まい造りの進展状況をお伝えさせて頂きたいと思います。

現在、我が家はというと昨年の12月解体が終わりましてまっさらな土地になりました。
私は産まれてからずっと29年間住んでいた住まいなので、何もなくなるとちょっと寂しくなりました。

その分良い住まい建てるぞ!と再認識しました。

1月は東側の石積を擁壁に変更するため石積の撤去を行いました。
大きな石がゴロゴロあり撤去する職人さん達の腕に惚れ惚れしてしまいました手 (チョキ)


最近では家具やタイル等を見学にいく事が多くなり、住まいのイメージを膨らませています。

(S.M@営業チーム)

2014年2月5日 水曜日

私が講師Ⅱ

IMG_0410 以前、私が講師となったメキシコ人の方を対象としたセミナーのご紹介をさせて頂きましたが、先日は岐阜聖徳学園大学にて「企業が望む人材とは?」というテーマで講義をさせて頂きました。岐阜新聞のコラムなどでもおなじみの同大学の河野公洋教授と懇意にさせて頂いており、河野教授から2年前に引き続き2回目の講義の機会を頂いたのでしたぴかぴか (新しい)

 2回目とはいえ大きな講堂で大勢の方を目の前に話をするのは緊張します。ましてや普段話す機会のない学生さん、自分の話を聴いてもらえるのかな~?と不安な気持ちでいっぱいでした。また対象は大学2年生でしたが「やはり2年生で就職や進路のことを真剣に考えなければいけないんだな」と、2年生のころは遊び呆けていた自分を振り返っていました。 約80分、パワーポイント資料を使用しながら私自身やクニロクの紹介や「職業選択」という授業でしたので珍しい林業の話など前半にした上で、私が考える企業が求めている人材について話をさせて頂きましたカラオケ
IMG_0434①諦めない強い心を持っている人
②誠実で素直である人
③常に他人の責任にせず、言い訳なしに自責を問える人
④おかげさまの心で人と触れ合える人
⑤身の回りと頭の整理整頓できる人
その他「目的意識の話」などいろいろさせて頂きましたが、私にとってはあっという間の時間でした。

 その後、河野教授や大学の職員の方、また学生さんと共に昼食を頂きました。場所はもちろん学食!久しぶりの学食、ウキウキワクワクでしたウッシッシ (顔) きれいな学食、多くの学生さんが集まっており活気も満ち溢れており、これぞ懐かしい大学の香り~!って感じでした。 定食を頂きましたが味も抜群!でしたわーい (嬉しい顔)
IMG_4808IMG_4807









 講義の内容は少しでも今後の就職活動や社会に出てから活かして頂ければと思いますが、私自身こういった機会を頂き、改めて学生の頃自分がどんなことを考え、何を求めて生活してきたかなど振り返り、今の自分はどうであるかなど考える素晴らしい機会を頂けたことに感謝です。 つたない話を真剣に聴いて頂き質問までいろいろして頂いた学生の皆さん、こんな素晴らしい機会を頂いた河野教授をはじめとする大学職員の皆様に感謝申し上げます。 ありがとうございましたハートたち (複数ハート)

(S.K@社長)

2014年1月31日 金曜日

私の読書日記(16) その1

吉川英治 「黒田如水」
火坂雅志 「軍師の門」(上)(下)

 今年のNHK大河ドラマは「軍師官兵衛」。出だし好調で、なかなか面白そうです。脚本はオリジナルですが、黒田官兵衛を書いた小説は数多くあります。その中から吉川英治と火坂雅志の作品を読んでみました。

(その1) 吉川英治「黒田如水」

 t01この小説で描かれる期間は、官兵衛が播磨(兵庫県)の小寺家という小さな大名の若き家老として信長と同盟を結ぶため謁見するところから、信長に叛旗を翻した荒木村重に捕らえられ、1年間幽閉の後救出されるまでの約6年間です。天正3年(1575年)から天正9年(1581年)、官兵衛の年齢にして30歳から36歳くらいまでです。

 官兵衛は信長の下で頭角を現しつつあった秀吉に認められ、もう一人の軍師竹中半兵衛とともに秀吉の参謀として重用されます。そしてこの頃の秀吉の戦いのほとんどに関わり、軍事面の戦術だけでなく、主に相手側の調略(説得して味方に引き入れること)で力を発揮します。秀吉のめざましい活躍の陰には官兵衛の智謀があったのです。

 官兵衛の交渉の基本は相手との信頼関係でした。交渉した相手との約束事は必ず守ることで、相手側からも信頼されます。そんな官兵衛も荒木村重の説得には失敗し、有岡城(兵庫県伊丹市)の狭い土牢に1年間閉じ込められたことで足は不自由となり身体は痩せさらばえますが、それでも秀吉、信長を裏切らなかったことが、更に彼の評判を高めることになります。

t05

 この小説のクライマックスは、信長勢の有岡城攻めの際、官兵衛の部下たちが真っ先に牢獄に向かい助け出すところです。官兵衛が捕らわれた際、信長は官兵衛が敵に寝返ったものと断じ、人質として預かっていた息子の松寿丸を殺せと秀吉に命じていました。ですから息子は死んだものと思っていましたが、その息子は生きていて再会できたのです。松寿丸が生きていたのは竹中半兵衛が信長の命令に従わず、自分の命を懸けて彼を守ったからです。この辺りは吉川英治の講談のような筆さばきで、泣かせるところです。(右地図:NHK大河ドラマストーリーより)

(M.T@総務部)

2014年1月30日 木曜日

私の読書日記(16) その2

(その2) 火坂雅志「軍師の門」(上)(下)

t03t04 こちらは「秀吉の二兵衛」と言われた竹中半兵衛と黒田官兵衛の二人の活躍を、その友情とともに描いています。

 上巻では、竹中半兵衛の有名な稲葉山城(岐阜城)乗っ取りから始まり、秀吉に三顧の礼で軍師として迎えられ、病魔と闘い自らの死期が近いことを悟りながら、秀吉の戦いに知略を尽くした半兵衛の生涯が描かれます。智謀では官兵衛を上回っていたのでしょうが、残念ながら病には勝てず、36歳で亡くなります。

 下巻では、官兵衛の生涯が最後まで綴られます。官兵衛の生涯で何と言っても有名なのは、中国の毛利攻め備中高松城(岡山市)を包囲している最中に本能寺の変の情報を得、即座に毛利と和解し明智光秀を討つことを秀吉に進言したことです。後に「中国大返し」と呼ばれることになる、秀吉にとって天下取りへの最も大きなターニングポイントになりましたがこの時、信長の死に接し悲嘆にくれる秀吉に対し「今こそ天下への好機であります」と告げたその冷静さが、後々秀吉から恐れられ遠ざけられる一因にもなります。

 その後、天下を取り専制君主へと変わっていく秀吉とは距離を取りやがて隠居し「如水」と名乗りますが、官兵衛の戦いは隠居後も続きます。

波乱万丈の官兵衛の人生を大河ドラマではどのように描かれるでしょうか。竹中半兵衛は美濃出身(揖斐郡大野町)ですし、岐阜城関ヶ原も舞台として度々出てくるでしょう。岐阜にもゆかりのあるドラマですのでこれからも楽しみです。

(M.T@総務部)

2014年1月28日 火曜日

クニロクファミリー会

i04゚*。(o’∀’)b。*゚こんにちは♪
昨日、フォトスタジオより1枚の写真が届いた
それは昨年末に実施した弊社行事ファミリー会の際の集合写真

会社行事をブログにて報告しようと、日常業務に追われ後回し・・・後回し・・・気が付いたら新年を迎え、はや1ヶ月
新鮮なネタじゃなくて(;´・ω・`)ゞごめんなさい
ネタは新鮮じゃなくても内容で挽回!ということで今回はファミリー会ネタです

それではまずファミリー会とは何かを説明しよう!
國六の全社員及びその家族が一堂に集結し当年の業務を振り返り支えてくれた家族にも感謝しつつ非宗教的ななんたらかんたら・・・
早い話が社員&社員家族が集まっての忘年会のことであ~る!

今年で11回目
毎年、隣のホテルリソルにて実施しておりますが、人数が毎年徐々に増え今年は大人80名 子ども37名 合計117名の参加となりました
そして人数が増えてきたため写真写りが小さくなってきている・・・ブツブツ
冗談はさておき、ファミリー会では幹事さんが色々な計画を練っていただき

IMG_4891IMG_4892IMG_4909






1 (one) 各部署からの精鋭の集まり SKB(青春??クニロクバンド)演奏 カラオケ
IMG_4931IMG_4963IMG_4974






2 (two) 万歩計を利用した ふりふりダンシングゲーム わーい (嬉しい顔)

IMG_5024IMG_5030IMG_5033






3 (three) 宴会の王道 ビンゴ大会 プレゼント

等々満載の余興で今年もあっという間に時間が過ぎてしまいましたウッシッシ (顔)

帰りには、大人にはビンゴの景品 子供にはお菓子の詰め合わせで両手がいっぱいに
我が家の子供も毎年この行事を楽しみにしております。

我が社の経営方針「お客様の笑顔の為に・・・・」とありますが
やはりお客様を笑顔にするにはまず社員が笑顔でなければなりませんね(o^―^o)ニコ

毎年のこの行事ができるのは、社長は言うまでもなくたくさんのお客様の笑顔があるからこそですわーい (嬉しい顔)

今年の年末もまたファミリー会に参加出来るよう日々全力で業務に取り組み笑顔のお客様を増やすことを心に誓った総務部Iでしたハートたち (複数ハート)

(M.I@総務部)

2014年1月23日 木曜日

寒さ対策に・・・。

hukuno_01寒い日が続きますね雪
そんな時、南側からの太陽の日差しはありがたいものです晴れ
冬は太陽が低いので、部屋の奥まで日差しが届き温かくなります

冬場の太陽が出ている時間は短いもので
日差しが入らなくなると、室内はみるみる冷えていきます
日差しを取り込める時間だけカーテンを開けるようにして
hukuno_02温かく過ごせるようにしましょうわーい (嬉しい顔)

寒さ対策としてもうひとつ、断熱性能の高いカーテン
暖気を逃がさず、冷たい外気を室内に入れない効果もあるので、
冬にはぜひ取り入れてほしいアイテムですハートたち (複数ハート)



(W.F@建設チーム)

2014年1月21日 火曜日

カキ食べ放題

i.kaki先日家族で、以前より一度行ってみたかった鳥羽市浦村町へ「カキ食べ放題」に行ってきましたわーい (嬉しい顔)
ネットで調べてみると、たくさんの食べ放題の店がありました。
その中から値段や内容を確認しながら、気に入った店に予約しました。
今の時期、週末は早めの予約が必要です。

ほとんどの店が、調味料・飲み物持ち込みOK。
我家も準備万端で挑みました。
次から次へと出てくる熱々の牡蠣は、とても美味しかったですわーい (嬉しい顔)
しかし1時間もしないうちに、お腹一杯に…。
牡蠣好きな方は、一度挑戦してみてはいかがでしようか。


(K.I@総務部)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地