木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

2015年4月6日 月曜日

シーズン到来!

寒さも和らいできて、温かい日が多くなってきました。
これからが1年で一番気持ちよく走れるシーズンで、待ちにまったという感じです。

20140406先日も温かい日を狙ってサクッと走りにいってきました。20年以上前から通っている八百津町のとある場所ですが、今も当時と変わらない景色がそこにありました。
私が乗っているのは、YAMAHAのV-MAXという単車で、基本設計は実に20年以上前にもなる旧式のエンジンですが、当時としては 145馬力とかなりの性能を誇っていました。
個人的には現在でも通用するデザイン、そして不変な存在感がある唯我独尊という表現がぴったりな単車だと思っています。

現在の販売されている単車は自動車と同じように燃料をインジェクションで供給しているので、始動性も燃費ともCPUでコントロールされているので、とても良くなっていますが、キャブレター独特のガソリン臭さがある単車で、製造中止になって8年目、走行距離3000kmというコンディションは恐らく日本中探しても遭遇する確率が少なく、こうして乗っていられる事は奇跡だと思います。
車と比べればむき出しの身体が晒されている分リスクは多いかもしれませんが、全身に受ける風、振動、眺める風景、スピード感は、一度味わってしまうと止められません。
昔、漫画家の東本昌平氏がキリンという漫画を連載していて、その世界観にどっぷり浸かってしまっいました。「こっち側」と「むこう側」という、単車に乗っている者と乗っていない者と区別する言葉で表現されていました。
「ようこそこちら側へ」 のフレーズがたまらなく好きです。

(T.Y@建設チーム)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地