SE構法

SE構法

SE構法

SE構法のメリット

SE構法

 

木造住宅最大の大空間・大開口

柱と柱の間に差し渡す梁の距離をスパンと呼びますが、SE構法は木造住宅では困難とされている9メートルのスパンを可能にしています。スパン9メートルとは「クルマ3台が停まるビルトインガレージ」を柱なしでつくれる大きさといえば、そのスケールが想像していただけるでしょう。
これだけの大胆な構造を、耐震性の裏付けをもって実現できることから、SE構法ならではの自由な空間が生まれます。狭小3階建てから大型店舗まで。その可能性は、木造の限界を超えて広がります。

SE構法

 

SE構法の吹き抜け

吹き抜け周りの床は、実験によって検証した補強方法に従って補強を行い、通常の床と同等の性能が確保できるようにした上で、吹き抜けの大きさを反映した立体フレーム解析による構造計算を行って安全を確かめています。

SE構法

 

SE構法の屋根

火打ちを用いる和小屋組みの屋根だけでなく、登り梁を利用した屋根をつくることもできます。 登り梁を利用した屋根では、屋根面を水平構面とすることができるため、屋根荷重を効率良く躯体に伝達できると共に、水平梁や火打ちを省略できるため、小屋裏空間を最大活用することができます。

SE構法

 

リフォームの可能性が広がるS&I

子どもが増える。2世帯暮らしになる。家族構成は次第に変わっていくもの。そんなライフスタイルの変化に応じて間取りを変化させるのが、スケルトン&インフィルの考え方です。
SE構法なら、躯体や基礎、外壁などの構造部分(スケルトン)と、内装や設備、仕切り壁など(インフィル)を分け、 リフォームによって間取りを大きく変えていくことができます。 資産価値の向上にも繋がる、SE構法の「性能」の1つです。

SE構法の概要

 

SE構法のシステム

SE構法は、柱と梁で構成される木造軸組工法です。強度や品質に優れた構造用集成材と独自の接合金物を用い、強靭な構造躯体を組み上げます。一般の木造住宅と異なり、接合部や構造部材の強度や挙動が把握できるため、SE構法を用いた建物はすべて構造計算が可能になります。
SE構法ではすべての建物で構造計算を行う上に、構造設計・供給・施工プロセスを管理することで、自由で安全な建物をつくることを可能にしています。

SE構法

 

 

木造ラーメン構法

柱や梁を剛接合し、骨組み全体で建物を支える構造をラーメン構造といいます。ラーメン構造は信頼性や自由度が極めて高いことから、RC造や鉄骨造では一般的に用いられてきましたが、木造住宅でラーメン構造が取り入れられることはほとんどありませんでした。SE構法は、信頼性の高い構造部材を用い、接合部を独自開発の金物で剛に接合することで、美しい木組みによる木造ラーメン構法による建物を可能にしています。
SE構法によるシステム化されたラーメン構造を採用すれば、光や景色をふんだんに取り込む大きな窓や、間仕切りの無い広々した空間、狭小な敷地での開放的な間取り等が実現します。

SE構法

 

 

耐力壁の品質

地震などの天災は1度だけではありません。SE構法では、何回も起こる地震(繰り返しの力)に対応できるよう、構造用合板とCN釘による耐力壁を採用しています。耐力壁に使用する構造用合板には「せん断強度」の基準が明確で性能の高いJAS特類1級構造用合板を標準仕様とし、耐震性能を担保しています。
※せん断強度とは、地震などの発生により、構造用合板に負荷(せん断力)が生じた際に、合板自体が破断せずに耐えられる強度のことです。

SE構法

 

 

SE金物

SE構法では、断面欠損の少ない堅固な接合部を追求。丈夫な「SE金物」で、骨組みの中でも特に外力を受けやすい柱と梁を強固に接合し、 優れた耐震性能を実現させています。又、柱の引き抜き現象に対して主要な柱の直下に柱脚金物を配し、柱と基礎とを堅牢に固定します。

SE構法

 

集成材の強度・信頼性

構造部材には平均強度が高く品質の安定した、JAS構造集成材を使用しています。構造用集成材は、強度テストや含水率試験を行い、基準を満たした素材だけを厳選して製造されています。又、ホルムアルデヒドの放散量がほとんどない、JASで認められた「F☆☆☆☆」等級の安全な集成材を使用しています。

SE構法

 

SE構法の構造設計

SE構法は構造設計のプロが全棟を構造計算しています。
構造計算を実現するには、構造を構成するすべての部材の強度がわかり、接合部に強度の基準を持つことが必要です。SE構法では信頼性の高い部材のみを使用し、接合部の強度を実験等で検証。それらのデータを元に、立体解析構造計算プログラムを用いて、全ての家の安全性を証明しています。

SE構法

 

 

有資格者による責任施工

SE構法は独自の施工管理技術が必要なため、どの建設会社でも施工できるわけではありません。試験に合格したSE構法施工管理技士が在籍し、一定の技術水準を有すると認められた「SE構法登録施工店」がSE構法の建物を施工します。

SE構法

 

最大20年の構造性能保証
SE構法では、安全性を担保した構造躯体に対して「SE住宅性能保証書」を全棟発行しています。水平部材に1 ⁄ 120以上の傾斜、床・梁など通常荷重下での1 ⁄ 500以上のたわみ、柱壁の鉛直部材の1 ⁄ 120以上の傾斜、という厳しい基準のもと、基礎・構造躯体とそれを構成する金物に起因する建物の損傷を保証しています。
SE住宅性能保証制度は、基礎と構造躯体、金物が原因で住宅の損傷が起きた場合、完成引き渡しから10年間無償保証。 10年経過後に指定された検査メンテナンスを行うことにより、さらに10年間の保証延長が可能です。

SE構法

 

資料請求|メールもしくは郵送でお送りしますのでお気軽にどうぞ!

注文住宅/SE構法


当てはまるものに
チェック(必須)


お名前(必須)
連絡先(必須)




1つ以上にご入力ください。
ご要望・ご質問

プライバシーポリシーはこちら