木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

page_title

丈夫な構造

素材・面・大きさの3つの力でつくる丈夫な住まいの構造をご紹介します。

丈夫な構造、素材

丈夫な構造、素材

日本の風土に適した国産材100%を用いた木造軸組工法で建築。そのため間取りの自由度が高く、将来リフォームする際も大幅な間取りの変更が可能です。

丈夫な構造、素材

国産材のヒノキには、シロアリの嫌がるにおいを発し、寄せ付けにくいという効果があります。腐りにくくシロアリの食害に強いとされているのは心材(赤身)と呼ばれる樹の中心付近の材に限られます。

丈夫な構造、素材

床下の隅々にまで自然の風をいきわたらせる「基礎パッキン工法」。床下の湿気を排出して理想的な床下環境をつくりだすことで、腐朽菌やシロアリの発生を未然に防ぎます。さらに、壁の中に「外気通気層」とよばれる空気の通り道を設けて、湿気を野外に排出。その結果、住まいの耐久性も向上します。

丈夫な構造、面
丈夫な構造、面

底面全体の支持力で建物を支えるので、偏った地盤の不動沈下が起こりにくく建物の損傷を防止します。地震発生時の液状化を抑制し、不動沈下を低減します。

丈夫な構造、面

地震や台風などの横からの外力に対して、建物全体のゆがみを抑え、面全体で受け止めることで耐震性を高めます。たわむ量が少ないため床鳴りもほとんど発生しません。

丈夫な構造、面

地震や台風によって建物に生じる力を負担しているのは、柱や梁ではなく耐力壁だといわれています。ハイベスト耐力壁を採用することで強い壁に。

丈夫な構造、大きさ

丈夫な構造、大きさ

建築基準法の1.3倍の大きさの柱を採用しています。大きい柱を使用することで、1.5倍の柱・梁量になり強度をUPさせることができます。

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地