カテゴリー別アーカイブ: スタッフブログ

ふれあいタイムズ №49 ホウセンカ号

2017年7月6日 木曜日

201707
竹笹の色とりどりの七夕飾りに、夏の訪れを感じる季節になりましたが、皆さんお元気にお過ごしですか?

ふれあいタイムズ ホウセンカ号を発行しました。

2017年クニロクは5月に新店舗リフォームショップを岐阜市六条南にオープン!7月に國六ビル2階にショールームをオープン!更に11月には岐阜市鷺山に3棟の住宅展示場をオープンと様々に走り続けています。

ぜひ皆さんもお誘い合わせの上、お気軽に遊びに来てくださいね~

PFDのダウンロードはこちら

 

難読地名 各務原市

2017年7月5日 水曜日

各務原市について正式になんと読むのか岐阜県民はもとより当の各務原市民でも難解だそうです。

正式には「かかみがはら」と読むのが正しいそうですが何となく私は「かがみはら」

と言ってしまいます。他の読み方をする人もいるようですが当の市民たちがほとんど

気にしていない事が意外です。住所にふり仮名をつける時にはどうしているのでしょうか?

20170705かかみがはら → 〇
かがみがはら → ×
かかみはら  → ×
かがみはら  → ×

JRの駅にしても漢字の「ヶ」が入り「各務ヶ原」とかいて「かがみがはら」と2文字目が「が」と濁点が付いています。

各務原高校は開校当時の勘違いで「かかみはら」となっているそうです。読み方を勘違いして校歌を作詞してしまった事もあり変えられないそうです

読み方が一定しない理由としては諸説あるようですがもっとも納得出来そうな説は元々この地域は美濃国各務(かかみ)郡という地域であった事、また市の南部が鉱物の産地で大昔の鏡の生産地である鏡原(かがみはら)と呼ばれる一帯があった事による混乱、勘違い説です。地域に細かい事を気にしないおおらかな人が多かったのも一因なんだと思います。どちらにしろ私は多分これからも正式でない市名を言い続けるのではないかと思っています。

(K.A開発チーム)

LIXILリフォームショップ祈願

2017年7月1日 土曜日

201707011201707012リフォーム専門ショップとして、5月26日にグランドオープンした『LIXILリフォームショップ クニロクホーム』ですが、少し遅くなりましたがお客様からご依頼頂いた工事の安全と商売繁盛を祈願してお祓いを行いました。お祓いは岐阜市の中心にある金神社の宮司にお願いをして滞りなく済ませることが出来ました。

201705163オープンして約1ヶ月になりますが、様々なリフォーム工事のご相談をお電話でのお問合せや、ショップまでお越し頂き誠にありがとうございます。また、オープンイベントの際はご近所の方々を始め多くの方にご来場頂きありがとうございました。

これからも地域の皆様にご愛顧頂けるような、身近なリフォームショップとして多くのご相談をお待ちしております。近くをお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。

(K.T@住宅事業部)

柳津町上佐波・南鶉 新発売!現地販売会開催!

2017年6月23日 金曜日

国産材を使用した木質感あふれる住まいはいかがですか?

ガーデンスクエア柳津町上佐波Ⅳ 全1棟新発売
ガーデンスクエア南鶉 全3棟新発売

6/24()25() 現地販売会開催 AM10:00~PM6:00
201706141201706142
PFDのダウンロードはこちら


詳しくは不動産を探す。物件詳細情報をご覧ください。
ガーデンスクエア柳津町上佐波Ⅳ
ガーデンスクエア南鶉

木造住宅にこだわるみなさま、是非この機会にご家族お誘い合わせのうえご見学ください。お待ちしております。

(@住宅事業部)

知床旅情

2017年6月21日 水曜日

 永年勤続10年表彰で頂ける3日間の休暇を利用し、先週北海道へ行ってきました。

 行先は知床、釧路、阿寒湖などの道東エリア。中でも知床の自然がとても素晴らしく、印象に残りましたので知床中心に報告します。

201706218 今回の旅の目的の一つが、知床半島から北方領土を自分の目で見ること。知床半島はオホーツク海に突き出る細長い形をしていてその真ん中を1000m級の山脈が走っているのですが、その山脈を横断する国道が知床横断道路。その峠(知床峠)まで行くと、北方領土が見えます。訪れた時は曇っていてあまりクリアではありませんが、写真の真ん中付近を横に伸びている島影が見えるでしょうか。実際に見てみると、その近さに驚きます。距離にして30キロ弱、新潟と佐渡との距離より短いくらいではないか思います。橋でもできれば30分ほどで着きそうな距離でしょう。これまでの歴史や交流を考えると、北方領土の問題は、竹島や尖閣諸島とはまた違った意味で切実な問題なのだろうと理解できました。

 201706219201706213知床半島は世界自然遺産になっていて、半島に生息する動植物の保護がなされています。道路も半島の手前側半分までしか通っておらず、奥側半分は立ち入りができません。そのため、ヒグマ、エゾシカ、キタキツネなどの動物が数多く生息しており、しばしば道路上にも現れます。私が運転中にも何度もシカに遭遇、道路を横切るシカに車を止めることも。観光地には必ず「ヒグマに注意」とか「動物にエサを与えないで」という注意書きが多くあります。

 201706214

 知床の魅力は何と言ってもその雄大な自然です。知床五湖と呼ばれる湿地帯は柵もある木道が整備されており、ヒグマを気にせず気持ちよく散策できます。ここから見る知床の海と山々は雄大で美しい。


 

 201706215201706216観光クルーズにも乗船しましたが、半島の周囲はほとんど全てが断崖絶壁になっています。そして巨岩の数々。何百万年に亘る火山活動や地形の隆起、海水の浸食でつくられたのでしょうか。自然の営みに驚きます。船からはヒグマの姿もチラホラ。
 201706217
 ホテル近くの港に知床旅情の歌碑がありました。この歌のように、しばし旅情に浸り心洗われる旅でした。今回は駆け足でしたが、できればいつかもう一度ゆっくり訪れたいと思いました。

(M.T@総務部)

ガーデンスクエア笠松町北及Ⅱ 建売住宅完成

2017年5月29日 月曜日

5/27()・28()・6/3()・4() am10:00~pm6:00
完成披露 特別内覧会&現地販売会開催いたします。

会場/羽島郡笠松町北及字北山1999番       PFDのダウンロードはこちら
201705251201705252









日中は少し汗ばむほどの季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

笠松町北及に趣の異なるこだわりの建売住宅が3棟完成いたしました。
小学校に近く全棟敷地60坪以上南向き、広い庭付きの物件です。
各棟ダイニングには大き目のカウンターを配置。
収納もたっぷりでインテリアも一棟一棟工夫を凝らしています。
注文住宅用地も用意しております。ぜひこの機会にご来場、ご見学ください。
お待ちしております。
詳しくは不動産を探す。物件詳細情報をご覧ください。

(@住宅事業部)

私の読書日記37

2017年5月29日 月曜日

君の膵臓をたべたい

住野 よる

201705292 2016年度本屋大賞第2位受賞の本。本屋大賞は毎年チェックしている私も、「さすがに猟奇小説?には興味ないし」と敬遠していましたが、今回映画化されるらしく、映画のPVを観ると高校生の恋愛モノであることを知りました。

映画オフィシャルサイト → http://kimisui.jp/

 読んでみると、タイトルからは想像できない、儚くも美しい、そしてテンポのいい恋愛小説でした。映画化に合わせ文庫化もされ、読者が一気に広がることでしょう。

<あらすじ>
 
山内咲良(さくら)は高校2年生。重い膵臓の病気に侵され、余命が告げられているが、日常生活は普通にできており、病気のことは家族以外誰も知らない。一方、主人公の「僕」は咲良と同級生ながら、地味で目立たない生徒。人との関わりを極力避け、人生で一人の友達もつくったことがない。読書だけが自分を幸せにしてくれる時間で、文庫本を常に読んでいる根暗な生徒。そんな「僕」が、ひょんなことから咲良の秘密を知ってしまう。「僕」は咲良にとって【地味なクラスメイトくん】から【秘密を知ってるクラスメイトくん】になる。

 咲良は積極的な行動派で、「僕」は他人の意見に流される「草船」のような存在。結果、「僕」は行動的な咲良に半ば強引に誘われるまま、様々な場所へ遊びにでかける。咲良には「生きているうちにやりたいことリスト」があり、それら全てに付き合わされる。最初は、流されるように嫌々つきあってきた「僕」だが、咲良の存在が自分の中で徐々に大きくなり、咲良の明るさで自分が変わっていきていることに気づく。

 咲良にとっても、「僕」は自分の秘密を知っていてもそれでも変わらず普段通りに付き合ってくれる、心許せる相手として貴重な存在になっていく。
 二人がお互いの存在を強く意識し始めた時、悲劇が起こる。

201705293<感想>
 
いい歳をしたおっさんが読む本ではないかも知れませんが、なかなかいい本です。ツッコミ所がないわけではありませんが、それを上回る感動があります。
 二人の会話はテンポ良く、とてもウィットが効いています。良い言葉もありました。
 咲良「二人が出会ったのは偶然でも運命でもない。私たちがこれまでの人生でたくさんの選択をしてきた結果なんだ。私たちは自分の意志で出会ったんだ
 もう一か所。
 僕「君にとって生きるってどういうこと?」

 咲良「生きるって、きっと誰かと心を通わせることかな

 著者はこの辺りが言いたかったんじゃないかな、と最後に思いました。とてもヘビーなテーマを扱っているのに、とてもライトなタッチで描かれていて、どんどん引き込まれます。最後の30~40ページくらいは、なかなか泣かせます。

(M.T@総務部)

LIXILリフォームショップオープン

2017年5月25日 木曜日

5/26(金)GRAND OPEN
家族の笑顔がひとつになる!あなたの街のリフォーム専門ショップ誕生。
一戸建からマンションまで、リフォームのことなら何でもお気軽にご相談ください。

201705161201705162











弊社では今般、住宅設備関連商品の国内トップメーカーである株式会社LIXIL(リクシル)が展開するLIXILリフォームショップのフランチャイズチェーンに加盟し、岐阜市六条においてLIXILリフォームショップをオープンする運びとなりました。リフォーム専門ショップとして一戸建てからマンションまでリフォームのことなら何でもお気軽にご相談していただける店舗を目指し、地域の皆様のご期待に沿えますよう日々精進する所存でございます。なにとぞご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

オープンを記念してオープンイベントを下記の日時にて開催いたします。
ご家族やご友人をお誘い合わせの上、是非ご来場いただけますようお願い申し上げます。

201705163日 時  2017年5月26日(金) ・ 27日(土) 10:00~17:00
場 所  LIXILリフォームショップ クニロクホーム
住 所  岐阜市六条南2丁目14番3号

        = 通 常 営 業 =
営業時間 10:00~18:00 日曜・祝日・月曜日定休
TEL:058-201-1901 FAX:058-201-1902
フリーダイヤル 0120-114-926

(@住宅事業部 リフォームチーム)

嬉しい結婚式!

2017年5月23日 火曜日

IMG_54455月21日、江南プレカットセンターの チャペル平岡君の結婚式ハートたち (複数ハート) に参列させて頂きました。入社5年目の平岡君、入社当初は加工チームで機械のオペレーションを担当してくれていましたが、27年1月からは元々有していた2級建築士の資格を活かす意味においても他でチャレンジしたい、という意向が本人からあり、現在はCADチームで頑張ってくれていますわーい (嬉しい顔)

IMG_5447チャペルでの挙式だったのですが、牧師様の前で「神に誓います」という形でなく、“参列者全員が立会人”の人前挙式でした。指輪 新郎新婦が皆に5項目を誓ったのですが、「ケンカをしてもその日のうちに仲直りします!」などユーモラスで彼ららしい誓いの言葉も含まれており、とても和やかな挙式でしたハートたち (複数ハート)

IMG_5479披露宴では、私が祝辞、江南プレカットセンター所長の細野が乾杯をさせて頂くなど、盛り上げ役を担わせて頂きました。ケーキ入刀ではお互いにケーキを食べさせ合う場面はよく見られますが、釣り好きの新郎にちなんで、新婦がたい焼きを餌にリールで新郎を吊り上げるという演出があり、とても盛り上がりました。また新郎新婦の多くの友人が楽しいエピソードを披露するなど、笑いあり涙ありのとても密度の濃い楽しいひと時を過ごすことのできる素晴らしい披露宴でしたバー (マティーニ)

IMG_5487晴天の下、外では参列者とのふれあいタイムや記念撮影などもあり、私たちも幸せいっぱいの彼らを祝福させて頂くと共に、幸せをお裾分けして頂きました!挙式での5つの誓いをいつまでも守り、暖かく笑IMG_5510顔いっぱいの家庭を築いてもらいたいですぴかぴか (新しい)





ハートたち (複数ハート)平岡君、おめでとうハートたち (複数ハート)



 (S.K@社長)

 

家庭菜園2017

2017年5月9日 火曜日

hara201705a毎年恒例のGW家庭菜園。
まずは伸びていた庭木の剪定。
昨年はゴミ袋2袋だったのが、今年は4袋に。
ゴミ袋に入るように枝を細かく切るのですが、4袋分にもなるともう握力が・・・
土に肥料を入れてかき混ぜる頃には、もうクタクタ。
苗を植えるのは後日にしました。

ホームセンターや園芸店に行き、苗や種を物色。
定番の緑のカーテン(キュウリ・ゴーヤ)、オクラ、今年はスイカとメロンにも挑戦します。
種は小ネギ、ベビーサラダ、昨年採取したモロヘイヤです。

今年は子どもの友達まで手伝ってくれたので、助かりました。
7月~には収穫ができるので、それを楽しみにしているようです。
水やり・追肥を忘れないように、大切に育てようと思います。

(Y.H@開発チーム)