カテゴリー別アーカイブ: 社長のひとり言

今年もありがとうございました

2015年12月26日 土曜日

 1227日(日)~14日(月)までお休みを頂きます。

 

3つの住宅展示場 (岐南町八剣・敷島町・六条南)は
 
   13日(日)からオープンしています!

 

今年もあと5日ほど、クニロクは本日26日午前中に大掃除をし、お休みに入らせて頂きました。

ブログでもご案内の通り、現在クニロクでは本社事務所の大改装中!東隣の國六自社ビルの仮事務所で営業しています。

引越したばかりなので大掃除は簡単に済ませ、お餅も飾りお正月の準備も万全です!私自身も引越前に大量の書類を処分し20年間分のあかを落としたような気分です。デスク内も書棚もスッキリ!です。

26日夜1730分から恒例のファミリー会を開催します。ここ数年、出し物もグレードアップしてきており、今年もどんな会になるか?また報告させてもらいますね!

今年もたくさんのお客様に出会いたくさんの良い縁を頂きありがとうございました。 どうぞ良い新年をお迎え下さい。

上記通り、

3つの住宅展示場(岐南町八剣・敷島町・六条南)は、

  13日(日)からオープンしています!

皆さまのご来場をお待ちしております!来年もよろしくお願い致します

(S.K@社長)

なぜならそん40 神戸マラソン、そしてその後・・・

2015年12月8日 火曜日

201512081岡山マラソンに参戦し1週間後、神戸マラソンにも参戦してきました。一般的に2週連続のフルマラソンはよくない、と言われていますが、オリンピック選手であればその論も当てはまるでしょう。しかし所詮素人の趣味ですので大丈夫!また2年前にも2週連続で走った経験もあったので全く気にしませんでした。それどころか2年前自己ベストを出した神戸!せめて3時間10分を切りたいと意気込んでいました。

岡山では35キロ以降大失速したことと40キロ過ぎで脚がつってしまったという反省を活かし、今回ペースは少し遅め、25キロ以降では止まって脚を伸ばしたり、エイドで塩をなめたり、としっかり対策講じました。結果、3時間13分、岡山より脚がつらなかった分、速くなって程度で目標には届きませんでした。

201512082今秋もフルマラソン2本を走りましたが、やはり後半30キロ過ぎでいかにペースを落とさないかが課題と実感しました。更に左の大臀筋をしっかり治して思いっきり走りたいな!って思いました。

治したいなら走るのをやめれば?と思うのですが、1週間もしないうちにそろそろ走りたい、走らなきゃ!という欲求が湧いてきて、走ってしまうのです。どうやら自分にとって走れないことはかなりのストレスのようです。秋のフルマラソンシーズンも終わり今なら休んでも大丈夫という時期なのに、いざ休もうとしても休めないこの性分。。。自分のこととはいえどうしようもないみたいです。。。



今度は2月にフルマラソンを予定していますが、それまでに休んで治すことができるか?それとも走りズルズル痛みも引きずっていくのか?決めきれない私がいます(笑)

(S.K@社長)

なぜまらそん39 第1回岡山マラソン

2015年11月10日 火曜日

第1回岡山マラソンに参加してきました。4年連続で出場していた同日開催のいびがわマラソンも走りたかったのですが、記念すべき第1回ということと、新庄事業所からのお誘いもあり今年は岡山を走ることにしました。

雨予報でしたが、さすが「晴れの国、岡山」だけあってスタート前には雨はやみ、走っている間もほとんど降られない、そして暑くない、いわば絶好のコンディションの中で14,447人が市内を駆け巡りました わーい (嬉しい顔)

201511101私はまだ腰やお尻(大殿筋)の状態は完全ではありませんでしたが、せめて3時間20分を切ることを目標にしていました。しかしスタートするといつものように3時間切ることが頭を占領し、30キロまでは1キロ4分17秒ペースで快調に走れていました。自分でもどこまで続けられるかな?もし余力あればペースアップしたいな・・・などと考えながら走っていましたが、30キロ過ぎでカラダが重くなりペースダウン(涙。。。)35キロ付近ではドリンクを飲みながら足を伸ばすなど止まってダラダラ・・・・挙句の果てあと2キロ付近でやっと元気が出てきてペースアップして走り始めたら脚がつり動けなくなる始末。。。。結局最後の2キロは14分かかり、3時間17分でゴール。目標はクリアしたものの平凡な記録でした。

201511102201511103さて岡山と言えば新庄村!新庄事業所所長の黒田は朝4時に新庄を出て、6時からスタート直後の絶好のポジションに脚立を置きクニロクホームの4色のぼりを建ててスタート直後の私を撮影してくれました(中央でバンザイしているのが私です)。逆にテレビ中継の中で黒田もばっちり映っていました!(見づらいですが青のシャツです、後の棒がのぼりです)

また黒田は今大会のボランティアとしても大活躍しており、ゴール直後ドリンク配布係をしていました。ゴール後ばっちりふたりで撮影できました カメラ

201511104201511105第1回大会でしたが会場やエイドの設営もランナーに配慮された素晴らしい設営でした。更には沿道の応援は42キロどこでもガンバレの声が響いておりすごく励まされました。134,000人の方が応援されたそうで実に岡山市民71万人の5人に1人が応援した計算になります。また生放送はもちろん深夜ずっとゴールシーンを放映するなどテレビやラジオでもかなり盛り上げていました。来年以降「自分も走りたい!」とチャレンジする人が絶対増えることを予感させる素晴らしい大会でした。黒田他ボランティアの皆さんや声援を送って頂いた皆さんには本当に感謝です ハートたち (複数ハート)

201511106その夜は今年の3月まで一緒に働いていましたが都合で故郷岡山に戻った山本隆史さんと黒田と3人で一献。山本さんの送別会で私が「岡山マラソンに参加するのでその夜一杯やろう!」と約束したのですが、ビール 楽しいひとときでしっかり約束を果たす事ができました。

元気な山本さんにも会え、充実の岡山マラソンでした わーい (嬉しい顔)手 (チョキ)

あっ!でも走りは情けなかったので くつ 今週日曜日の神戸マラソンでリベンジです!!

(S.K@社長)

第39回全国育樹祭

2015年10月13日 火曜日

20151013310月11日 に谷汲緑地公園で行われました育樹祭に参加してきました。

古田知事もおっしゃっていましたが、私も林業に携わる者の一人として今回の目玉は「皇太子さまが自らの手でノコギリを持ち58年前に昭和天皇・香淳皇后が植樹したスギを間伐すること」だと思っていました。「皇太子さまにノコギリを持たせ作業させるとは、けしからん!」という噂もあったと耳にしましたが、写真の通りヘルメットをかぶられしっかりノコギリを3回お引きになられました。

201510132そして木が倒れた際に「素晴らしいですね、迫力がありました」とお話しになられたと記事になっていましたが、間伐の必要性が広く発信できたと思いました。こうした皇太子さまの行為から山の施業を放棄している山林所有者が森を育てることの重要性を再認識し、実行に移されることを201510136願うばかりです。そして荒廃した山々が蘇り、山や木の価値が見直されることにつながっていけばと願って止みません。

201510131皇太子さまのお手入れから式典、ミニコンサートまでの時間は2時間半ほどでしたが、地元の様々な団体の皆様の手作り感溢れる演出の中に、201510135要所を締める著名人のナビゲートや演奏、演出の数々・・・、あっという間に時が流れました。ここまで完成度の高い式典を目の当たりにして、出演者の皆さんが積み上げられた相当の努力や練習を想像すると感動を覚え、実際身震いするような場面もたくさんありました。

201510137また、会場へは主催者が準備したバスでないと行けない、空港同様の金属探知機があり会場に持ち込めるものの制限が厳しいなど、素晴らしい警備でした。参加者5800人ほ201510138ど全員をバスで運ぶということもあり、私が会場入りしたのは8時前。式典開始までは2時間以上ありましたが、会場には“おもてなし広場”もあり、岐阜県産の食べ物がいっぱい。お腹はすいていませんでしたが、しっかり猪コロッケと猪汁を頂きました!!

今回の育樹祭の主催は“岐阜県”でありましたが、大成功を収めたのは県職員さん方が総出でご尽力されたからこそだと思います。実際バス車内での案内、会場誘導などすべて県職員さんにして頂きました。出演者の皆さんはもとより知事をはじめとする県職員の皆様、本当にすばらしい育樹祭を見せて頂き、ありがとうございました。

(S.K@社長)

なぜまらそん38 只今休憩中!

2015年9月13日 日曜日

思い起こせば昨年9月、めったにしないゴルフに行き、ハーフ食事後一振り目で「ボキッ!」と周囲にも響くほどの音で腰が悲鳴をあげた時から、私のカラダが壊れ始めたのでしょう(汗。。。)整形外科、針、接骨院、カイロプラクティック・・・いろいろ通いながらもずっと走り続けたせいもあり、よくなるどころか悪化している感じで1年を迎えてしまいしました。都度先生には走ってもよい、という確認をしながら走り続けた訳ですが、秋のフルマ201409141ラソンまで2カ月となってしまい、このカラダで42キロは無理かも・・・という想いが頭をよぎるようになり(「えっ、今頃?」って感じですが・・・ :cry: )とりあえず2週間、走るのはやめようと決意しました。

ランナーの皆さんにはご理解頂けると思いますが、走らないことがどれだけ辛く、悲しく、そして不安なことか・・・。秋に向け本格的に練習をしていかなければいけないこの時期の「断走exclamation and question」。元通り走れるか、心配ですがダラダラ夏場も走ってしまった代償ですね :cry: 9月4日から「断走」していますので今日で1週間です。

201409142今年は11月に2週連続で岡山マラソンと神戸マラソンに出場する予定です。特に岡山は記念すべき第1回大会で、新庄事業所の黒田所長もボランティアで参加してくれます :-)

歩くだけなら大丈夫と聞き5キロ程度のウォーキングはしていますが、1週間休んでちょっとは腰やお尻の痛みや違和感もおさまってきたような気がします。誘惑に負けることなくしっかり休み、万全の状態で練習、本番に臨めれば・・・って祈ってます :-P 以前“カラダが壊れる”の意味が全く分からなかったのですが、壊してみて初めて理解できるものですね。今後は「カラダと相談しながら、年齢も考え走るようにしなきゃ!」って実感しています。

(S.K@社長)

自然との闘い

2015年8月10日 月曜日

201508101クニロク所有の山から砕石が県道に流れてくるということで、先日岐阜県庁の方々と現地を確認の上、工事の予定概要説明を受け、工事の承諾をしました。

ここは“崩谷”という地名の通り頻繁に落石があるところです。弊社所有地以外でも落石は多く、フェンスや法面保護工事がたくさん行われています。

201508102クニロクでは日頃より木こりの仕事もして、山の維持管理を行っていますが、昨年この辺りの県道から作業道をつけ、間伐などして山を整備する計画がありました。しかし、一度弊社で山をさわると、その後に起こって災害が弊社の作業道工事に起因するということになった場合、弊社で責任を負わねばならなくなるからやめたほうが良い、とのアドバイスを受け、その計画は断念しました。

201508103自社所有地からの落石で税金を使って頂くのは申し訳ないと思いますが、崩れる危険性を把握しながらもこの地に道路を作った経緯を考えれば、手を入れていない自然の状態であれば崩れてくるものに対しては県でメンテナンスして頂く理由はあると思いました。

砕石が流れてきた現場の上は、のぼっていく最中でも小石が流れていったりするところで、何度も滑りながら、そして四つん這いにならなくてはのぼれないようなところでした。

ゲリラ豪雨など天災地変が多くなっている昨今、軽微な工事で今後の予防処置がとれ、災害がなくなることを願っています。

(S.K@社長)

さて問題です!何の工場でしょう???

2015年7月21日 火曜日

先日、我々クニロクとは違う業種の工場見学をさせて頂く機会を持たせて頂きました。
ズバリ、何の工場でしょう?
201507201201507202
←①    ここで仕分けします。


→②    大きなサンドバック?
ではありません(笑)
仕分けしたものをここに入れます。

201507203201507204
←③    仕分けしたもの毎にこの機械にいれます。


→④    これがこの機械での完成形です。



201507205
←⑤    拡大すると・・・
デカイせんべいではありません(笑)

201507206
→⑥    デカイせんべいをのばして
乾燥させたものです。
色は一般的には白ですが、
写真はベージュです。


201507207201507208
←⑦    ⑥をつるします。デカイ湯葉ではありません(笑)


→⑧    破れなどがないか、
コンピューターで確認します。





2015072092015072010
←⑨    機械でたたんみました。

→⑩    ひもでくくって完成です。

 





おわかりでしょうか?
わかりづらいアングルで申し訳ございませんが、これは病院などで使用するベッドのシーツであり、工場はシーツを洗い貸し出す“リネンサプライ工場”です。
③が大きな洗濯機で工場全体では36,000キログラムの洗濯物に対応できるそうです。想像つきませんね!!

この工場は富山にあり病院やホテルのリネンサプライを中心に営む日本海綿業株式会社さんの2015年4月にオープンしたばかりの新工場。
作業環境や作業効率を一段とアップさせることができるので、益々清潔な環境を創り上げ、良質なトータル医療サービスに取り組みたい、とのことでした。

業種は違いますが、工場での目指すべき項目は同じ。大変良い勉強をさせて頂きました。

(S.K@社長)

久しぶりの結婚式!

2015年5月26日 火曜日

2015052615月23日(土)川井晶湖さんの ハートたち (複数ハート)披露宴に参列させて頂きましたハートたち (複数ハート)

まず会場に着いてびっくり!
名古屋のど真ん中にこんな緑地を兼ね備えた式場があったの?と思わず探索したくなるような広さ!
ぴかぴか (新しい) おしゃれな川井さんのセレクト、さすがです ぴかぴか (新しい)

201505265スタートは新郎の友人?の
ロンドンさんのバラードの熱唱から。この生歌(エルビスコステロのsheとワンダイレクションWhat Makes You Beautiful)は新郎から新婦へのサプライズ!新婦を想う熱い新郎の気持ちが伝わってくる“粋”なオープニングでした るんるん (音符)

新郎主賓の挨拶後の乾杯 バー (マティーニ) が私のお仕事!新婦からも「手短に・・・」と予め言われ、直前にも同席していた社員の皆からも「長いのダメですよ!」と釘を刺されてました(笑)でもせっかくのめでたい場!話したいこともたくさんあったので、しっかり新婦を持ち上げてきま201505262した!もっともっと祝辞を述べたかったのですが、当初公約通り3分に抑えておきました(笑)

 新郎主賓の目の前にはどこかで見たことのある顔が・・・、

元読売巨人軍のリリーフエース角盈男さんが笑顔で座ってらっしゃる・・・

新郎主賓の会社の顧問という立場でらっしゃるそうで、しっかりお祝いのスピーチもされました。解説者でもある方ですので本当に楽しく、ウィットに富んだ素晴らしい祝辞でした わーい (嬉しい顔)

201505268

201505263会場の雰囲気の通り、普段の新婦の活発ぶりとは正反対に?上品なしつらえの進行でした。
そんな中でも新郎新婦からのプレゼントということで、アンジェリーナ・ジョリー&ブラッド・ピットのヴァン・ド・フランス 赤ワイン2012ミラヴァル・ルージュの争奪じゃんけん大会行われました。さすがにその時は大盛り上がり グッド (上向き矢印)
新婦と会場の参列者がじゃんけんした時は新婦の上司である谷口が決勝まで残り、珍しいワインにありつけるか?と思いましたが、残念賞でした 涙しかし我々クニロク参列者も大変ヒートアップしました 目がハート (顔)

201505267201505264201505266エンディングでは角さんからプレゼントされた本物のジャイアンツユニフォームを身にまとい、仲良くペアルック。そんな幸せそうな新郎新婦を見て2年ぶりの披露宴でしたが「やっぱり結婚式はいいな!」って、改めて感じました。ハートたち (複数ハート)いつまでもお幸せにハートたち (複数ハート)

(S.K@社長)

なぜまらそん37  第5回ぎふ清流ハーフマラソン

2015年5月18日 月曜日

2015051815月17日、すっかり岐阜の大イベントとなった清流マラソンが晴天の下行われました。昨年はクニロクから3人の参加でしたが、今年は都合が合わず私のみの参加となりました。

相変わらず坐骨の調子が良くないながらも適度に走り続け調整してきました。大会前1週間は2日しか走らずカラダを休ませるなど、今までとは違った調整をしてみました。

201505182結果は1時間29分15秒、昨年より80秒ほど遅くなりました。5回連続出場の中、今まで確実にタイムを伸ばしてきたのですが、初のダウン(涙。。。)タイム以上に悲しったのは、確かに最初の5キロは20分というハイペースでしたが、もう疲れて、疲れて。。。「こんなんで21キロ走れるのだろうか?」と思う程厳しいレースで、衰えを感じたことでした。

201505183
さて大会は5回目を迎えましたが、今回から国際陸連の「シルバー」グレードとなり益々盛り上がったことを肌で感じています。“街をあげて”という言葉がぴったり当てはまるようになってきていますが、そのバロメーターのひとつがボランティアの方の数だと思います。今年はうちの息子も給水係りとして大会を支えてくれました。父親として息子の前で汗をかいている姿を見せることができ、ちょっと嬉しかったです。

201505184またいつもは17キロ付近で応援してくれている総務のM・Iもボランティアでゴール地点での給水係りとして支えてくれました!

また会社付近では多くの社員に声援を送ってもらえたので、きつかったのですがその場だけは元気いっぱいでした(笑)。皆に支えられて走ることができる、幸せですねわーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)

左の写真は私の第1回~5回の完走証です。これからも連続出場、目指します!

(S.K@社長)

子離れ?

2015年5月7日 木曜日

先日、私の親友が高校1年生になった娘の入学式に参列した時の校長先生の話を教えてくれました。父母の皆に「雨の日など送迎はやめてください、いい加減に子離れして下さい」と言われたそうです。親友は大拍手!したそうです。私もその考えには賛成です。物騒な世の中になり我々が子ども時代とは比べられないとはいえ、学校や塾など送迎が当たり前の昨今、親にとっても子どもにとっても、“送迎する、送迎してもらう”が当たり前になっています。

もちろん車社会で一家に数台の車、母親でも運転できる、といった時代背景も大きいと思います。一方、塾業界の普及も目覚しく、中学生でも22時頃までの授業は当たり前の昨今、確かに22時の自転車は親としても心配です。

いずれにしても少なくとも学校くらいは送迎なしで行かせるのが当たり前、「甘やかさない、甘えさせない」そんな意識が必要ですね。

さて、「子離れ」に当てはまるのか疑問ですが、毎年私の年賀状は家族5人の写真をメインにしています。近年嫌がる子どもたちをなだめ、なんとか撮影してきました。しかし確かに写真を嫌がる年頃でもある子どもたち。

20150508行楽シーズン、今年はどうなるかな?などと考えていましたが、ある社員が「年賀状に子どもたちと撮った写真を載せる時代はもう終わったの、だからひとりの写真を載せるの!」って、話してました。彼女いわく、「子どもが嫌がるのは当たり前!子どもには子どもの世界があるから年賀状はバラバラで良いの」とのこと。

それもそうだな、無理に撮影するのも子離れできてない証拠かな?でもずっと続けてきたのに・・・などと考えつつ、まだどうしようか模索中の私です。年賀状作成時期までには決めます(笑)

5月17日は恒例の「ぎふ清流マラソン」今年もクニロクカラーを背負って走ります!

(S.K@社長)