カテゴリー別アーカイブ: 社長のひとり言

歓送迎会(江南プレカットセンター)

2016年4月5日 火曜日

春は出会いの季節でもありお別れの季節でもありますね 桜桜桜

クニロクでも先日、江南プレカットセンターで歓送迎会が開かれました。新卒で12年間、コツコツ総務の仕事をしてくれた女性社員が退社されたのです。

冒頭の挨拶でもお話ししたのですが、彼女は入社当時、あどけなさたっぷりで、まだあかぬけない(アッ、ごめんなさい。。。)女の子だったのですが、どんどん化粧洗練され、ぴかぴか (新しい)きれいになりぴかぴか (新しい)、昨年7月にご結婚指輪 そして5月中旬にはお母さんになるというのですわーい (嬉しい顔)ハートたち (複数ハート)ホント、時の流れの速さを実感するとともに、見守ってきた保護者??の私もとても嬉しい気分でした。小柄で細身の彼女でしたのでお腹もだいぶ大きくなっていましたが、ぎりぎりまで働いてくれ、後任にしっかり引き継ぎもしてくれました。

201604061後任の新入社員は、元気いっぱいで明るくとても素直な女の子。話していても、やっぱり素直っていいことだ!と改めて感じさせてくれるような、いい子ですわーい (嬉しい顔)手 (チョキ)

2名が主役の歓送迎会でしたが、笑いあり、涙あり、サプライズありのとてもほんわか温かいひと時を過ごすことができ幸せでしたワイングラス

お別れはさみしいのですが、かわいい赤ちゃんを連れてまた会社に遊びに来てくれることを約束すると共に、今後益々の彼女の幸せを願い、最後にみんなで記念撮影しました!、みんな笑顔でいっぱいでした!

201604062201604063さて、江南プレカットセンターでは、現在男子25名、女子4名が日夜汗を流しております。圧倒的に男子が多いですが、工場担当は男子ばかり!先日は工場の一部の社員さんたちの食事会が行われ、私も参加してきましたビール  男子会らしくガッツリ“肉”でしたウッシッシ (顔)

日頃より住宅を販売させて頂く中では、住宅事業部のメンバーが表に出ておりますが、クニロクの家は100パーセント江南プレカットセンターにて構造躯体を生産しております。江南プレカットセンターのみんなの頭脳と汗の結晶がクニロクホームの骨格なのです!!

(S.K@社長)

なぜまらそん41 初皇居ラン!

2016年2月29日 月曜日

市民ランナーにとって一番走りたい大会はどこですか?と尋ねられたら“ホノルル”という回答がおそらく多いと思います。私もよくホノルル行かないの?と聞かれますが、私にとってホノルルはあまり興味のない大会です。今、私が一番出場したいのは“東京マラソン”です!

今日、東京マラソンは行われましたが、その前週2月20日に東京に行く機会があり、おそらく練習としては日本一多くのランナーが走っているであろう皇居を走ってきました!!

2016022912012年のいびがわマラソンを一緒に走ってくれた私のマラソン師匠であり大学の同級生のTさんが一緒に走ってくれるということで、有楽町のランニングステーションに荷物を置き、雨の中でしたが、皇居2周+四谷までの15キロほど走りました。

Tさんと会うのも走るのも3年ぶり、マラソンの話はもちろん、とにかくひたすらしゃべり続けながらゆったり楽しく走りました。

さすが皇居だなと思ったのは、雨の中でも多くの人が走っているというところでした。

①    1周5キロもわかりやすくていい。
②    なんといっても都心なのに信号なしで走れるのは嬉しい。
③    都心のど真ん中で利便性が高い、近くにランニングステーションがたくさんある。
④    緑とビル郡の景色がよい。

など、メリットがいっぱいの場所だからこそ多くの人が集まるのだと実感しました。

201602292201602293


201602294




もちろん夜は一杯!
Tさんの声掛けで懐かしいメンバーが集まりました。学生持代の写真を持ってきてくれた後輩がいたので余計に想い出話などで大笑いしながら楽しいひと時を過ごすことができました。

来年の今頃は東京マラソンを完走し、充実感を味わっていられたらな、って思います!!

(S.K@社長)

珠泉院様の書院・庫裡 上棟!

2016年2月6日 土曜日

IMG_0978現在、クニロクではお寺の仕事をさせて頂いています。岐阜市三田洞東にあり、周囲に山に囲まれとても風情あるロケーションにある珠泉院というお寺です。

知人のご紹介でご住職さんとご縁を持たせて頂き、その後このような大きな仕事をさせて頂くに至っております。

72052640今まで改築工事であればお寺の仕事もさせて頂いたことはありますが、新築工事は初めてであり、それがゆえに社寺建設では定評が有り、江南プレカットセンターのお取引先様である五藤社寺建設さんと共に仕事をさせて頂いております。そして昨日、本日の2日間で書院・庫裡(くり)が上棟しました。

上棟式ではご住職や副住職がお経をあげる中で、参列者と私共作業員全員がお焼香するなど、仏式ならではの上棟式でした。

 ご住職やお寺の役員さん全員で最初の1本を建てて頂いた後、本格的に作業開始!

IMG_0973手際よく柱が建てられていく中、一際太い7寸の2本の大黒が建物の中央で、玄関の正面にあたる位置に建てられました。更に小屋上にはご住職にご一筆頂いた11mある松の丸太梁、また1辺がヒノキの1枚物で曲線を描いた破風など、社寺建設ならではの木の存在感が溢れている構造躯体が完成しました。
まだまだ工事は始まったばかりで、高品質かつ安全第一はもちろんですが、今後益々地元の方に親しまれるお寺になっていく事も願いながら、工事させて頂く所存です。

IMG_098572052654IMG_0995IMG_0997




(S.K@社長)

新年あけましておめでとうございます。

2016年1月1日 金曜日

2016010801今年のお正月休みは会社によってまちまちだったようですが、クニロクは普段土日の出勤も多いので前述のブログの通り26日にファミリー会を開催し年内の業務を終了しました。昨年は特に厳しい1年でしたがこうして新たな年を迎えられることに幸せを感じます。支えて頂きました多くの皆様に感謝申し上げます。

さて13回目を迎えたファミリー会でしたが今年も更に多くの皆さんが参加してくださり、会場のホテルリソルの大きな宴会会場が過去最高の135名で大賑わいでした。そして今回のファミリー会もたくさんの出し物がありました。

IMG_0574まずは3年前2名から始まったおじさんバンド!最近何かやってみようと習い始めたドラム担当のKさんに、ピアノの先生でもあるキーボード担当の社員の奥様も加わり総勢5名にグレードアップ!堂々たる新クニロクバンドが誕生しました!もちろんかなりの練習を積み重ね、演奏も素晴らしい内容でした。会場とも一体になり大盛り上がりでした。

 次は社員4名によるダンスチームの登場。その内のひとりは講演を開いているダンスチームに所属し活躍している程の腕前。4人が息のぴったりパフォーマンスで会場を魅了しました!また大人だけでなくキッズダンサーも登場!お父さんお母さんに負けず劣らずの堂々たるダンスで会場の皆を驚かせました!!キッズダンサーはポッキーのCMのダンスを披露したのですが、そのサビの部分を皆でもやってみよう!ということで、皆を巻き込んでの大ダンス大会に発展!ダンスとは無縁の私もノリで挑戦してしまいました。。。もちろん見よう見まねのへんてこりんな状態でしたが。。。(笑)

IMG_0580IMG_0585


恒例のビンゴ大会も大人ビンゴと子どもビンゴに分かれこちらも大変盛り上がり、あっという間の2時間半でした。


こうした楽しいひと時を糧に皆で汗をかいて、お客様に“木のぬくもり”をご提供してゆく所存です。2016年もご愛顧頂けますよう、どうぞよろしくお願い致します。

(S.K@社長)

今年もありがとうございました

2015年12月26日 土曜日

 1227日(日)~14日(月)までお休みを頂きます。

 

3つの住宅展示場 (岐南町八剣・敷島町・六条南)は
 
   13日(日)からオープンしています!

 

今年もあと5日ほど、クニロクは本日26日午前中に大掃除をし、お休みに入らせて頂きました。

ブログでもご案内の通り、現在クニロクでは本社事務所の大改装中!東隣の國六自社ビルの仮事務所で営業しています。

引越したばかりなので大掃除は簡単に済ませ、お餅も飾りお正月の準備も万全です!私自身も引越前に大量の書類を処分し20年間分のあかを落としたような気分です。デスク内も書棚もスッキリ!です。

26日夜1730分から恒例のファミリー会を開催します。ここ数年、出し物もグレードアップしてきており、今年もどんな会になるか?また報告させてもらいますね!

今年もたくさんのお客様に出会いたくさんの良い縁を頂きありがとうございました。 どうぞ良い新年をお迎え下さい。

上記通り、

3つの住宅展示場(岐南町八剣・敷島町・六条南)は、

  13日(日)からオープンしています!

皆さまのご来場をお待ちしております!来年もよろしくお願い致します

(S.K@社長)

なぜならそん40 神戸マラソン、そしてその後・・・

2015年12月8日 火曜日

201512081岡山マラソンに参戦し1週間後、神戸マラソンにも参戦してきました。一般的に2週連続のフルマラソンはよくない、と言われていますが、オリンピック選手であればその論も当てはまるでしょう。しかし所詮素人の趣味ですので大丈夫!また2年前にも2週連続で走った経験もあったので全く気にしませんでした。それどころか2年前自己ベストを出した神戸!せめて3時間10分を切りたいと意気込んでいました。

岡山では35キロ以降大失速したことと40キロ過ぎで脚がつってしまったという反省を活かし、今回ペースは少し遅め、25キロ以降では止まって脚を伸ばしたり、エイドで塩をなめたり、としっかり対策講じました。結果、3時間13分、岡山より脚がつらなかった分、速くなって程度で目標には届きませんでした。

201512082今秋もフルマラソン2本を走りましたが、やはり後半30キロ過ぎでいかにペースを落とさないかが課題と実感しました。更に左の大臀筋をしっかり治して思いっきり走りたいな!って思いました。

治したいなら走るのをやめれば?と思うのですが、1週間もしないうちにそろそろ走りたい、走らなきゃ!という欲求が湧いてきて、走ってしまうのです。どうやら自分にとって走れないことはかなりのストレスのようです。秋のフルマラソンシーズンも終わり今なら休んでも大丈夫という時期なのに、いざ休もうとしても休めないこの性分。。。自分のこととはいえどうしようもないみたいです。。。



今度は2月にフルマラソンを予定していますが、それまでに休んで治すことができるか?それとも走りズルズル痛みも引きずっていくのか?決めきれない私がいます(笑)

(S.K@社長)

なぜまらそん39 第1回岡山マラソン

2015年11月10日 火曜日

第1回岡山マラソンに参加してきました。4年連続で出場していた同日開催のいびがわマラソンも走りたかったのですが、記念すべき第1回ということと、新庄事業所からのお誘いもあり今年は岡山を走ることにしました。

雨予報でしたが、さすが「晴れの国、岡山」だけあってスタート前には雨はやみ、走っている間もほとんど降られない、そして暑くない、いわば絶好のコンディションの中で14,447人が市内を駆け巡りました わーい (嬉しい顔)

201511101私はまだ腰やお尻(大殿筋)の状態は完全ではありませんでしたが、せめて3時間20分を切ることを目標にしていました。しかしスタートするといつものように3時間切ることが頭を占領し、30キロまでは1キロ4分17秒ペースで快調に走れていました。自分でもどこまで続けられるかな?もし余力あればペースアップしたいな・・・などと考えながら走っていましたが、30キロ過ぎでカラダが重くなりペースダウン(涙。。。)35キロ付近ではドリンクを飲みながら足を伸ばすなど止まってダラダラ・・・・挙句の果てあと2キロ付近でやっと元気が出てきてペースアップして走り始めたら脚がつり動けなくなる始末。。。。結局最後の2キロは14分かかり、3時間17分でゴール。目標はクリアしたものの平凡な記録でした。

201511102201511103さて岡山と言えば新庄村!新庄事業所所長の黒田は朝4時に新庄を出て、6時からスタート直後の絶好のポジションに脚立を置きクニロクホームの4色のぼりを建ててスタート直後の私を撮影してくれました(中央でバンザイしているのが私です)。逆にテレビ中継の中で黒田もばっちり映っていました!(見づらいですが青のシャツです、後の棒がのぼりです)

また黒田は今大会のボランティアとしても大活躍しており、ゴール直後ドリンク配布係をしていました。ゴール後ばっちりふたりで撮影できました カメラ

201511104201511105第1回大会でしたが会場やエイドの設営もランナーに配慮された素晴らしい設営でした。更には沿道の応援は42キロどこでもガンバレの声が響いておりすごく励まされました。134,000人の方が応援されたそうで実に岡山市民71万人の5人に1人が応援した計算になります。また生放送はもちろん深夜ずっとゴールシーンを放映するなどテレビやラジオでもかなり盛り上げていました。来年以降「自分も走りたい!」とチャレンジする人が絶対増えることを予感させる素晴らしい大会でした。黒田他ボランティアの皆さんや声援を送って頂いた皆さんには本当に感謝です ハートたち (複数ハート)

201511106その夜は今年の3月まで一緒に働いていましたが都合で故郷岡山に戻った山本隆史さんと黒田と3人で一献。山本さんの送別会で私が「岡山マラソンに参加するのでその夜一杯やろう!」と約束したのですが、ビール 楽しいひとときでしっかり約束を果たす事ができました。

元気な山本さんにも会え、充実の岡山マラソンでした わーい (嬉しい顔)手 (チョキ)

あっ!でも走りは情けなかったので くつ 今週日曜日の神戸マラソンでリベンジです!!

(S.K@社長)

第39回全国育樹祭

2015年10月13日 火曜日

20151013310月11日 に谷汲緑地公園で行われました育樹祭に参加してきました。

古田知事もおっしゃっていましたが、私も林業に携わる者の一人として今回の目玉は「皇太子さまが自らの手でノコギリを持ち58年前に昭和天皇・香淳皇后が植樹したスギを間伐すること」だと思っていました。「皇太子さまにノコギリを持たせ作業させるとは、けしからん!」という噂もあったと耳にしましたが、写真の通りヘルメットをかぶられしっかりノコギリを3回お引きになられました。

201510132そして木が倒れた際に「素晴らしいですね、迫力がありました」とお話しになられたと記事になっていましたが、間伐の必要性が広く発信できたと思いました。こうした皇太子さまの行為から山の施業を放棄している山林所有者が森を育てることの重要性を再認識し、実行に移されることを201510136願うばかりです。そして荒廃した山々が蘇り、山や木の価値が見直されることにつながっていけばと願って止みません。

201510131皇太子さまのお手入れから式典、ミニコンサートまでの時間は2時間半ほどでしたが、地元の様々な団体の皆様の手作り感溢れる演出の中に、201510135要所を締める著名人のナビゲートや演奏、演出の数々・・・、あっという間に時が流れました。ここまで完成度の高い式典を目の当たりにして、出演者の皆さんが積み上げられた相当の努力や練習を想像すると感動を覚え、実際身震いするような場面もたくさんありました。

201510137また、会場へは主催者が準備したバスでないと行けない、空港同様の金属探知機があり会場に持ち込めるものの制限が厳しいなど、素晴らしい警備でした。参加者5800人ほ201510138ど全員をバスで運ぶということもあり、私が会場入りしたのは8時前。式典開始までは2時間以上ありましたが、会場には“おもてなし広場”もあり、岐阜県産の食べ物がいっぱい。お腹はすいていませんでしたが、しっかり猪コロッケと猪汁を頂きました!!

今回の育樹祭の主催は“岐阜県”でありましたが、大成功を収めたのは県職員さん方が総出でご尽力されたからこそだと思います。実際バス車内での案内、会場誘導などすべて県職員さんにして頂きました。出演者の皆さんはもとより知事をはじめとする県職員の皆様、本当にすばらしい育樹祭を見せて頂き、ありがとうございました。

(S.K@社長)

なぜまらそん38 只今休憩中!

2015年9月13日 日曜日

思い起こせば昨年9月、めったにしないゴルフに行き、ハーフ食事後一振り目で「ボキッ!」と周囲にも響くほどの音で腰が悲鳴をあげた時から、私のカラダが壊れ始めたのでしょう(汗。。。)整形外科、針、接骨院、カイロプラクティック・・・いろいろ通いながらもずっと走り続けたせいもあり、よくなるどころか悪化している感じで1年を迎えてしまいしました。都度先生には走ってもよい、という確認をしながら走り続けた訳ですが、秋のフルマ201409141ラソンまで2カ月となってしまい、このカラダで42キロは無理かも・・・という想いが頭をよぎるようになり(「えっ、今頃?」って感じですが・・・ :cry: )とりあえず2週間、走るのはやめようと決意しました。

ランナーの皆さんにはご理解頂けると思いますが、走らないことがどれだけ辛く、悲しく、そして不安なことか・・・。秋に向け本格的に練習をしていかなければいけないこの時期の「断走exclamation and question」。元通り走れるか、心配ですがダラダラ夏場も走ってしまった代償ですね :cry: 9月4日から「断走」していますので今日で1週間です。

201409142今年は11月に2週連続で岡山マラソンと神戸マラソンに出場する予定です。特に岡山は記念すべき第1回大会で、新庄事業所の黒田所長もボランティアで参加してくれます :-)

歩くだけなら大丈夫と聞き5キロ程度のウォーキングはしていますが、1週間休んでちょっとは腰やお尻の痛みや違和感もおさまってきたような気がします。誘惑に負けることなくしっかり休み、万全の状態で練習、本番に臨めれば・・・って祈ってます :-P 以前“カラダが壊れる”の意味が全く分からなかったのですが、壊してみて初めて理解できるものですね。今後は「カラダと相談しながら、年齢も考え走るようにしなきゃ!」って実感しています。

(S.K@社長)

自然との闘い

2015年8月10日 月曜日

201508101クニロク所有の山から砕石が県道に流れてくるということで、先日岐阜県庁の方々と現地を確認の上、工事の予定概要説明を受け、工事の承諾をしました。

ここは“崩谷”という地名の通り頻繁に落石があるところです。弊社所有地以外でも落石は多く、フェンスや法面保護工事がたくさん行われています。

201508102クニロクでは日頃より木こりの仕事もして、山の維持管理を行っていますが、昨年この辺りの県道から作業道をつけ、間伐などして山を整備する計画がありました。しかし、一度弊社で山をさわると、その後に起こって災害が弊社の作業道工事に起因するということになった場合、弊社で責任を負わねばならなくなるからやめたほうが良い、とのアドバイスを受け、その計画は断念しました。

201508103自社所有地からの落石で税金を使って頂くのは申し訳ないと思いますが、崩れる危険性を把握しながらもこの地に道路を作った経緯を考えれば、手を入れていない自然の状態であれば崩れてくるものに対しては県でメンテナンスして頂く理由はあると思いました。

砕石が流れてきた現場の上は、のぼっていく最中でも小石が流れていったりするところで、何度も滑りながら、そして四つん這いにならなくてはのぼれないようなところでした。

ゲリラ豪雨など天災地変が多くなっている昨今、軽微な工事で今後の予防処置がとれ、災害がなくなることを願っています。

(S.K@社長)