木を植え、森を育て、
木のぬくもりが宿る家づくり

國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926
資料請求・お問い合わせ

スタッフブログ

20181112今年もいびがわマラソンに参加してきました。今年は再来週に控えた大阪マラソンを本命にしていますので、難コースのいびがわは大阪の練習としてキロ4分45秒で最後まで続けることを目標にしました。しかしほとんど最前列に並べてしまったので、周囲には速い人ばかり!(笑)そんな中でゆっくり走れるほど大人の走りが身についていない私は、4分30秒で走り切る目標にあっさり変更!(笑)

30キロまではほぼそのペースを守り、結構いいタイム出るかも!と思ったりもしましたが、そんな甘くなかったです。30キロからペースダウンで、結局3時間16分でゴール。苦しいレースでした(汗)。。。

 

先々週の横浜マラソンでは、もっと走れた!と思えるくらいでしたが、いびがわマラソンでは30キロ以降惨敗、ペース配分の難しさを痛感しています。

ペース配分など考えず、ガツガツ走ってしまえていた昔が懐かしいな。。。(笑)

(S.K@社長)

2018年10月30日 火曜日

なぜまらそん56 横浜マラソン

20181030昨年は台風の為中止となった横浜マラソンに参加してきました!昨年走れなかった人は抽選なしで走れる、更に今年完走すれば2年分のメダルももらえる、ということもあってか?28000人の参加者の内、私も含め21000人が2年分の想いを込めて横浜を駆け抜けたそうです。

コースは平坦でとても走りやすかったのですが、スタートから5キロくらいまではかなり渋滞で、走りづらかったです。その遅れを最後まで取り戻すことができず3時間16分でゴール!今までとは違いゴール後「もっと頑張れたのでは?」と思えるレースでした。具体的には、山下公園前の応援が多い39キロ辺りから声援に後押しされペースアップしたのですが、今から思えば37キロ辺りから頑張らなければいけなかった、と振り返っています。

 

私にとっては初の関東圏での大会、学生時代よく遊びにいき土地勘もある横浜の街を走ることができとても嬉しかったです!完走後は学生時代の仲間と一杯!とても楽しい一日でした!!

(S.K@社長)

2018年10月25日 木曜日

早生樹「コウヨウザン」

20181025先日「コウヨウザン」という樹種について調べる為に、広島県庄原市まで、新庄事業所の黒田、西田で行ってきました。日本では古くからヒノキやスギを植林し、枝打ち間伐などして手塩にかけて育て、節のないまっすぐな太い木を育てることが鉄則と考えられ、実践させてきています。しかし昨今本格的な木造住宅や和室需要の減少などから、立派なヒノキやスギの価格も下がり、従来の価値観だけでは林業も成り立たなくなってきています。

 

言い換えれば、「コストをかけずにそこそこの木を育てる」「山の木を畑の野菜感覚で育てる」という考え方で林業経営をする必要もあるということなのです。そこで最近脚光を浴びているのが、早生樹であるコウヨウザンなのです。

 

見学させて頂いたコウヨウザン林は、0.63haに818本、樹齢56年、中には樹高40m、直径65㎝の大木もありました。また苗の研究もなされており、将来性を感じました。
早く育つといっても30年はかかります。孫の代の為の植林でなく、私自身が伐期を見届けることができるかもしれないタームでの今までない林業。30年後、コウヨウザンに対して需要があるのか?将来の可能性に賭け、岡山で挑戦してみようと思います!!

 

せっかく広島まで来たので翌日は江南プレカットセンターで大変お世話になっている中国木材様 (http://www.chugokumokuzai.co.jp/home.html) の本社工場を見学させて頂きました。中国木材様は集成材メーカーでは国内トップシェアのリーディングカンパニーです。工場見学のつもりでお邪魔したのですが、素晴らしい大企業を一代で築き上げた堀川会長との面談の時間も頂き、いつも前向きで木の将来を常に考えてらっしゃる堀川会長からパワーを頂き、とても有意義な時を過ごさせて頂きました。

 

P.S. 広島と言えばお好み焼き、もちろんお好み焼きもしっかり食べてきました!(笑)

(S.K@社長)

20181001クニロクの岡山の森で行われているトレイルランニングが、今年から「新庄-蒜山 FORESTRAIL(フォレストレイル)」と名称を変え開催されました。第3回目の今年は、業者さんのサポートを減らし、村民を中心とした手作りの設営を心掛け、村内だけでなく県外からも多くのボランティアの方々にお越し頂き、素晴らしい大会を開催することができました!今年も大会実行委員長を務めさせて頂いた新庄事業所長の黒田の苦労は計り知れないものがあったと思います。

 

さて私は、「今年はちょっとテンションを下げ、山の中できれいな景色とおいしい空気を楽しもう!」と考えていましたが、スタートの合図と共にいつも通りのテンションで走り始めていました(笑)

昨年は下りの走り方が下手な為、太ももが痙攣を起こし後半ボロボロでした。その経験を活かし、今年は「下りはゆっくりにし、抜かされても構わない、でもアスファルトで挽回しよう!」と決め徹底しました。また昨年より後半に2つの山越えが加わり3キロ距離が増え25キロとなったのですが、黒田から変更したコースをしっかり伝授してもらい、どんなプランで走るかをしっかり描くことができました。

その甲斐あって、下りでは多くの人に道を譲りましたが、13.5キロ以降は抜かさせることなく、20人抜き返すことができました!<しっかり数えながら走りました(笑)>結果、昨年より10位順位をあげ、266人中ですが30位、50歳以上の部で2年連続の準優勝でした!!

 

自社の森を走れることはこの上ない幸せです。しかしそれ以上に、自社の森をこんな多くの人が訪れ、楽しんで頂けることがとても嬉しくてたまりません。開催して下さった新庄村の皆様、多くのボランティアの皆様、本当にありがとうございました。益々この大会が大きくなることを願っています!!

 

4人の写真は、実行委員長の黒田、自転車でスタート直後先導役を担った西田と塚田です。森の中の2人の写真は10キロ付近で道案内役を担った入澤です。

UFOと宇宙人は、最後の最後の登りで心が折れそうな時にいきなり登場したものです。和んでもらおうと皆さんへ心配りした黒田が創作したファンタジーです!

(S.K@社長)

 

2018年8月27日 月曜日

岐阜車体工業様 工場見学

20180827先日弊社プレカット工場にて加工を担当しているメンバーなど13人で、各務原市鵜沼三ツ池町にある岐阜車体工業株式会社様の工場見学をさせて頂きました。以前私の所属している会で岐阜車体様の工場見学をさせて頂いたことがあり、その時から「プレカット工場の皆にも見せてやりたい」と思っており、岐阜車体の星野会長に依頼し実現したものであります。

 

岐阜車体様はトヨタ自動車の主にハイエースやコースター(マイクロバス)を製造する最新鋭の工場です。人力での行程を少なくし、ロボット化がかなり進んでいます。また“カイゼン”という言葉が至る所に張り出されてあり、「常にカイゼンを意識しなさい!」という会社の指導が行き届いている工場です。

そんな環境で働いている社員さんからの提案で、実際に採用になったカイゼン事例はたくさんあるようです。印象に残った事例は、タイヤを取り付ける行程でナット5個を確実に更に素早く取り出す方法として、うまく磁石を活用していたことです。

 

木造住宅の骨組みを加工する工場と車を組立てる工場とではかなりの違いがあり、参考にもならないとの見方もありましたが、皆も多くの気づきを得ることができ、自社のカイゼンへの意欲が高まったに違いありません。岐阜車体様素晴らしい気づきの機会を頂き、ありがとうございました。

(S.K@社長)

201807302暑い夏こそ走る!を信条としている私はこの暑い夏もスピードこそ落ちてしまいますが、回数や距離は落とすことなく走っています!しかし先日お世話になっている接骨院の先生に、「猛暑の中で走っても精神的なトレーニングになっても、本当のトレーニングはならないから、歳も考慮し無理しない方がよいよ」と言われモチベーションダウン。しかしとても気楽な気分になれました。ということで、今日は日向を避け、金華山ドライブウェイへ。

急な坂道なので大変ですがやっぱり木陰は走りやすい!!いいトレーニングにはなったな、と実感できました!!

写真はドライブウェイからの岐阜市内(クニロクビル)や名古屋のビル群です。台風あとで澄んだ空気の中、景色もきれいでした!

(S.K@社長)

2018年6月21日 木曜日

新入社員研修in新庄

クニロクでは新たに仲間入りしてくれた社員対象に様々な研修を行っています。先日は3人の新入社員と共に岡山研修に行ってきました!

初日はあいにくの雨の為に予定を変更し、隣町の久世町や勝山町のバイオマス工場・製材工場・原木市場・CLTの建築物などを見学し、新庄に入りました。

201806211201806212201806213

新庄の宿泊施設では食事のサービスは行っておらずすべてセルフです。今回はクニロクの誇る料理の達人“西田シェフ”が中心となり、新入社員歓迎の料理を披露してくれました!食材から調達してくるという手の込みよう。ふれあいタイムズ52号にて写真入りで紹介した真鯛をはじめ、太刀魚、カサゴ、イカなどなど海の幸がいっぱい。更には新庄ならではの山菜の天ぷらなど、本当においしい料理で食卓は埋め尽くされました!

食事がおいしいと会話も弾みます。新入社員は岡山メンバーとの懇親をしっかり深めることができました。

 

201806215201806214

2日目は林業体験中心に森に入りました。チェーンソーで大木を伐り倒したり、グラップルなどの重機で原木を運んだり、山林業の醍醐味を体感してもらいました。また森林セラピーロードなども探索し、クニロクの森を満喫してもらいました。

 

 

 

201806216

あっという間の2日間でしたが、自らが森の素晴らしさを体感することで、益々木や森が好きになり、お客様にもその詳細を語れるようになったと思います。それにしても今回の研修は西田シェフの素晴らしい料理で大変盛り上がりました!私の研修レポートも食事の話がメインとなってしまいましたね!!(笑)

(S.K@社長)

スタート前

スタート前

全国的に4月とは思えない30度近い暑さの中、今年も走ってきました、清流マラソン!第1回から皆勤賞を続けています :-o

2月京都マラソン以来の大会でしたがしっかりトレーニングはしてきました。目標タイム1時間30分を切るexclamationを達成する為には1キロ4分15秒を継続しないといけないので、その数字をいつも頭に入れて、30キロ走やスピード練習をしてきました。しかし距離は走れてもスピードが出せない、というのが最近の悩みなのです冷や汗2 (顔)  以前はハーフならいつでもそこそこ走れる自信はあったのですが、最近ではスピードを追求しなければいけないハーフマラソンもとてもきついんです冷や汗2 (顔)

おまけに暑い!という状況でしたが、とにかく行けるとこまでいこう!と、いつものように最初から飛ばして5キロ20分47秒。もうこの辺りでバテバテでしたが、沿道の声援や社員や友人の応援してくれている地点まで頑張ろう!と必死でした。10キロ、15キロ、20キロのラップも21分30秒前後、ラストスパートもそれなりにかけることができ、1時間29分48秒でなんとか目標達成グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

途中、何度もスピードを落とそうか・・・と自問自答しましたが、走り通せてよかったです。やっぱり「マラソンは練習を裏切らない」って改めて実感しましたdouble exclamation

ゴール後

ゴール後

さて今回はチームクニロクとして過去最高の6名(斉藤、市橋夫婦、服部、栗田)が出走!全員しっかり完走しました!特にすごいのが今回初マラソン大会出場の斉藤の走りです。最後尾のIゾーンからごぼう抜きで1時間35分という素晴らしい記録。ジグザグ走行しながらきっと1万人以上を抜いたことになりますdouble exclamation数キロ余分に走り体力の消耗も激しいはず。本当に期待の星の登場です手 (チョキ)

IMG_8813
今回も益々大きくなったこの大会、開催日1週間前のボストンマラソンで優勝された川内優輝選手も参加し大会を盛り上げて頂けました。また本当に大勢のボランティアの皆様は朝7時半に集合し、ランナーより長い時間炎天下の中をサポートして頂きました。本当に有難いですハートたち (複数ハート)

来年は大会委員長の高橋尚子さんにちなんで第Q回の記念大会になるそうです。益々盛り上がることが期待されますねグッド (上向き矢印)

(S.K@社長)

2018年3月16日 金曜日

サプライズいっぱいの結婚式!

2018031673月11日、江南プレカットセンターの那須君の結婚式に参列させて頂きました。平成21年に入社して9年目の那須君、入社当初から加工チームで機械のオペレーションを担当してくれており、今ではすべての精密機械をオペレイトできるスキルの高い人物です!

若いふたりにふさわしい人前結婚式では、緊張感ある中にも絶えず笑顔のふたりがとても輝いて見えましたハートたち (複数ハート)
201803161201803162


披露宴では、私が主賓の挨拶、江南プレカットセンター所長の細野が乾杯をさせて頂くなど我々も盛り上げ役のお手伝いをさせて頂きましたが、新郎新婦や式場の皆さんの計らいで数多くのサプライズもとても盛り上がりました。

201803163201803164那須君はお姉さんと妹さんの3人兄弟なのですが、新郎のお色直しは兄弟姉妹仲良く手をつないで退場、照れる新郎がかわいかったです!また、新郎友人の余興では、いきなり変装した妹さんが登場したり、いつの間にやら友人の余興に交じって完璧に踊り歌う新郎がいたり。。。とても楽しかったです!

201803168那須君のお父様は永年建築会社を経営なさっているのですが、その前職はクニロクの兄弟会社である国六木材にて勤務して頂いていました。ですから20年以上前からお父様とお付き合いがあり、より親近感溢れる感動的な結婚式でした!

201803165201803166新婦もとてもしっかりされた方でこの女性であれば那須君をしっかり支え、そして明るく笑顔の絶えない家庭を築いてもらえるな!って確信しました!
那須君、本当におめでとう!いつまでもお幸せにハートたち (複数ハート)

(S.K@社長)

西京極競技場スタートで気分が高揚しました!

西京極競技場スタートで気分が高揚しました!

京都マラソンに出場してきました!2年前にも当選し手続きも完了していましたが、どうしても出場できなくなり、2年越しの念願の出走でした :-D

いいな、京都の街はハートたち (複数ハート)なんて思いながら走れたのは最初だけ(笑)

とにかく最初5キロはゆっくり、それから35キロまではキロ4分30秒、残り7キロはど根性!!というプランで3時間9分台を出そう!!と必死でした台風

お腹がすかないようにとスタート前に少し食べ過ぎたこともあり、カラダが重く感じられ、結局少しずつ遅れ35キロまでで予定より約2分10秒遅れ、35キロ~40キロの5キロはど根性どころか更にダレてしまい予定より1分30秒のロス。結局3時間13分47秒でゴール。。。目標を達成できませんでした涙しかし何とかラスト2キロはど根性走りができたので、昨年秋の神戸マラソンより1分だけ縮めることができましたグッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

 初の京都マラソンでしたが、大きな坂などはなく、走りやすいコースでした。沿道の声援もたくさんあり、ゼッケンに「しげちゃん」と書いてあることもあり、「しげちゃん、がんばれ!」という声援を約45回受けました!これは過去最高の数です。数えてるところが(笑)ですねわーい (嬉しい顔)。呼んで頂いた方には右こぶしを挙げて応じていました!

 

ゴールの平安神宮前!

ゴールの平安神宮前!

本当に有難い声援にも助けられましたが、30キロ過ぎでダレ始めた時のエイドにちょうど「ココナッツサブレ」がありました!ココナッツサブレは私の大好物なんです!事前にチェックしていましたが、「パサパサのサブレを食べているようでは、ダレダレで歩いている時やな・・・」と思っていました。しかし走りながらでも思わず手に取ってしまい、むせながら走ることになりました冷や汗 (顔) あわせて八つ橋も取り食べました!なんとこれで元気になり走り続けることができましたグッド (上向き矢印)

ボランティアの方の多さ、そして笑顔、エイドの充実、トイレの数、など「さすが京都!素晴らしい大会だな!」って思いました。

神戸マラソンに続き、最初の5キロを抑えることで、後半大きな落ち込みはなく走ることができました。やはり課題はスピード練習をもっとすることだと実感しています。つらいけどもっとトレーニングして、また来年も京都、参加したいです!もちろん来年は明日行われる予定の東京マラソンにも出たいです!京都マラソンと東京マラソンを2週連続で走れたら、幸せやわ~グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)グッド (上向き矢印)

(S.K@社長)

  • LIXILリフォームブログ

資料請求・お問い合わせ

メールでお問い合わせ資料請求はこちら
本社・ショールームへご来店の方はこちら
國六株式会社フリーダイヤル0120-055-926

【本社】〒500-8175 岐阜県岐阜市長住町5丁目8番地