カテゴリー別アーカイブ: 森林の日記

グローバル実践型教育プログラム

2015年6月25日 木曜日

6月15日~3週間、岡山大学の「グローバル実践型教育プログラム」の一環で、クニロク新庄事業所の林業現場では1名の学生を受け入れています。昨年に引き続き2年目となりますが、昨年は岡山大学の学生2名でしたが、今年はカナダのブリティッシュ・コロンビア大学から来ている学生と一緒に山林仕事をしています。

学生のうちから企業に出向し、給与を得ながら現場で製造や経営について学ぶ、コーププログラムといったシステムを利用しての来日で、今年日本で初めて岡山大学が受け入れをし、クニロクにもやって来てくれたのです。

クニロクには地元中学生から社会人まで色々な人が毎年林業体験に来ますので、クニロクのスタッフも作業の手順や危険の回避法、林作業の必要性や意味等の説明は慣れたものです。片言の英語と岡山大学生の通訳を介して説明していきます。

留学生の方は大学でも林業関係を専攻していて、わざわざ遠く離れた日本に来てまで学びたいと思っているくらいですから、興味をもって様々な質問をしてきます。我々にとっても海外での木の活用法や林作業のやり方などを知る事ができ、大いに刺激になっています。

3週間という短い期間ですので、コミュニケーションをしっかりとって我々も色々と学ばせてもらおうと思います。

こうした活動を通じて将来林業に携わってくれる若者がどんどん増えていくことを願っています。
201506263201506265201506266201506268201506267201506261

(T.N@山林部 新庄事業所)

12月の下呂山林

2014年12月11日 木曜日

IMGP0449.2この日は比較的暖かかったのですが
さすがにクニロク山林も冬本番、
作業道には結構雪が残っていました。

急に大雪が降ると、木が倒れるなど
被害も発生します。

この冬もソコソコの雪であることを
願うばかりです。





IMGP0451.2こちらはシカの足跡です。
今年も山の中では本当に多くのシカをみました。

雪が積もるとシカのエサは限られてきます。

山に植林した後などは、積もった雪から飛び出た
植林木の先端だけを食べられたりします。

植林の際には、シカに食べられないように工夫が
必要になります。



(T.Y@山林部)

インターンシップ

2014年10月3日 金曜日

DSC00825s本年度より、國六新庄事業所では岡山県の林業・木材関連の企業と共に岡山大学と産学連携の包括協定を締結しました。
林業に関する各種施策の推進、試験研究、知識や技術交流等の取組を行うため相互の連携強化を目的とするものです。

今回その連携の一環として、新庄事業所にて岡山大学、岡山大学大学院の学生の方のインターンシップ受け入れを行いました。

学生の方には、実際の間伐現場にて作業を経験していただきました。
森林関係の研究をされている学生さんでも伐倒の瞬間や林業機械に触れる機会はなかなないとのこと。
今回の体験を今後の進路で活かしていただければと思います。

DSC00832s新庄事業所では、地元中学校の職場体験の受け入れも毎年行っています。
受け入れるこちら側としても、毎年新しい発見があり、自らの業務を振り返るよい機会となっています。

今後もこのような機会を多く持っていきたいと思います。

<T.N@山林部>

マイマイガ

2014年7月30日 水曜日

IMG_6002昨年あたりから、岐阜県でもマイマイガの大量発生というニュースをよく耳にします。
今年も大量発生は続くようで、國六の根尾山林でもものすごい量の毛虫が発生しています。
写真の木には本来葉っぱがたくさんついているはずなのですが、マイマイガに食べられてほとんど丸坊主になっています。

IMG_6004

マイマイガの毛虫は、一本の木を食べ終わると、木から降りて次の木へ移動し、次々に被害木が増えていきます。

最近は住宅地でも大量発生しているというこのマイマイガ。
山の中では、なかなか対策も難しいのですが、皆様のお家の近くでも発生していたら、早めの対策が重要だそうです。
特に、蛾の産んだ卵が孵化するまでの駆除が肝心とのことですので、もしお家の周りにこの蛾が飛んでいたら卵を産んでいないか注意してみてください。

(T.Y.@山林部)

JICA研修

2014年6月11日 水曜日

Exif_JPEG_PICTURE昨日、森林総合研究所より依頼を受けたJICA研修を 國六本社、敷島町住宅展示場、江南プレカットセンターにて 行いました。

今回の研修は、『気候変動への適応のための乾燥地耐性育種プロジェクト』の一環として 日本の森林総合研究所とケニア森林研究所の方が日本各地で研修される中、 日本での木材普及の在り方と日本林業の現状について弊社に研修に来られました。


まず、社長の國井より國六の事業内容や取組、経営理念等説明させていただき、 その後國六敷島町展示場の見学、江南プレカットセンターにて工場見学を行いました。


Exif_JPEG_PICTURE日本での林業や住宅事情等を説明するとケニアとの違いに驚いてみえました。

また、江南プレカットセンターでは工場にてプレカットした木造の骨組みの
ミニチュアを 組み立てられ、日本の住宅への理解が深まったのではないでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE


今回の研修が、参加された方の研究活動のお役に立てば幸いです。
また、研修を通して、弊社自身の取組についても再確認できた気がします。

今後ともこの様な取り組みにご協力できればと考えています。

(T.Y@山林部)

今年のゆき

2014年2月24日 月曜日

testこの冬は関東地方や甲信越地方で大雪となっています。 岐阜は例年よりはまだ少ないでしょうか。
根尾の現場も一面白くなっていますが、まだそれほど 奥で無い現場には行けるようです。
冬前は今年は大雪になりそうという話も多く聞かれました。 まだこれから大雪になるかもしれません。
備えは十分にしたいと思います。

(T.Y@岐阜)

冬到来

2013年12月9日 月曜日

IMG_5405岐阜市内もだんだんと寒くなってきましたが
根尾の國六社有林には一足早く冬到来です 雪

まだまだ大雪というわけではありませんが、
少し標高が上がると、日影には雪が積もっています。
今後一回大きく積もると、ここへは春まで来ることが
出来なさそうです うれしい顔

(T.Y@山林部)

 

マタタビ

2013年9月10日 火曜日

IMG_5157先日、根尾山林でマタタビの実を発見しました。
マタタビはキウイフルーツの仲間なので、熟すと
美味しいそうなのですが、写真の実はまだまだ
食べられませんでした。

マタタビといえば、猫が酔っぱらうことで有名ですが、
まだ酔っぱらった光景は見たことがありません。
トラやライオンも酔っぱらうというその威力、
一度見てみたいものです。

(T.Y@山林部)

機械更新!

2013年8月17日 土曜日

DSC00537


この度、新庄山林にて、機械(ショベルカー)の更新を行いました。
まだまだ新車のにおいがプンプンします。

写真の機械は比較的小型の物ですが、先端のスコップの部分を木をつかむ
アタッチメントに付け替えることが出来ます。

今年度はさらに大型の高性能林業機械の更新も予定しています。
新しい機械になると、作業能率も向上し、環境性能もアップします。
機械の導入により、効率のよい施業を目指します。

(T.Y@山林部)