カテゴリー別アーカイブ: スタッフブログ

私の読書日記36

2017年4月19日 水曜日

ギリシャ人の物語Ⅱ(民主政の成熟と崩壊)

 塩野七生

 塩野七生の最新刊、私にとって待望の「ギリシャ人の物語第Ⅱ巻」です。

20170419塩野氏のこの本は全3巻で成り立っています。

  第Ⅰ巻  民主制の始まりからぺルシャ戦役まで

  第Ⅱ巻  アテネの隆盛からペロポネソス戦争を経てその没落まで

  第Ⅲ巻  マケドニア王アレクサンダーにギリシャ全体が征服されるまで

 第Ⅰ巻では東方の大国ペルシャの侵攻をギリシャ諸都市が団結して撥ね返したペルシャ戦役が描かれましたが、この後、アテネには優れた指導者が続き繁栄を謳歌します。

(あらすじ)

 アテネは直接民主政の国で、全人口約6万人を10の地区に分け、各地区から毎年一人の代表を選ぶ(再選は可)。この選挙で選ばれた10人の代表をストラテゴスと呼び、1年間国政を執行する。しかし、決定権はあくまで国民にあり、重要政策は必ず市民集会にかけられ、決定事項はストラテゴスも守る義務がある。

 このストラテゴスに毎年選ばれ、この時代(紀元前461年~430年)国政を実質的に一人で担ったのが、ペリクレス。彼はペルシャと講和するだけでなく、ギリシャ世界のライバル、スパルタとも和解した。一方で海軍力を強化しエーゲ海の制海権を握ると、エーゲ海東西両岸の都市国家やエーゲ海内の島々と同盟を結んだ。これをデロス同盟と呼ぶ。これはペルシャに対抗する軍事同盟という目的だけなく、エーゲ海を通じた自由な貿易の確保という狙いもあった。海洋国家であったアテネは貿易を通じて繁栄し、ギリシャ世界に君臨した。

 アテネが平和で隆盛するとギリシャ各地から様々な人材も集まり、文化面でも大きな繁栄が続いた。今に残るギリシャの文化遺産はほとんどこの時代のものである。歴史作家ツキディデス、悲劇作家ソフォクレスら、喜劇作家アリストファネス、医学の父と言われるヒポクラテス、哲学者ソクラテスがこの時代の人である。そしてペリクレスその人も巧みな弁舌家であり、彼の演説は今でも民主主義の意義を示したものとして名高い。そしてペリクレスが残したものとして、今の時代の我々にとって大きな功績はパルテノン神殿であろう。彼はその任期中一貫して神殿の再建を市民に訴え膨大な国費も支出し実現した

しかし彼の死後、アテネの民主政は迷走し始める。様々な政治家が現れては消え、市民集会の決定は煽動家たちによって右に左に揺れ、ペリクレスが避け続けていたスパルタとの戦い(ペロポネソス戦争)に深入りし、ついには全市民の半分以上を投入して地中海のシチリア島へ派遣した海軍が、スパルタとシラクサ(シチリア島の都市国家)の連合軍の前に全滅。その後の戦いでスパルタに無条件降伏、デロス同盟も崩壊した。ペリクレス死後25年後のことであった。

(感想)

 アテネの繁栄に対し、その没落はあまりにも急であっけなく悲しい。民主政の担い手は同じアテネ市民なのに、昨日と今日でなぜこんなにも違ってしまうのか。結局政治は、民主政であれ、王政であれ体制はどんな形をとろうとも、それを指導する人物次第なのか、思ってしまいます。

 アテネの降伏を受け、スパルタ側で戦った都市国家、テーベとコリントはアテネ市民全員の処刑とアテネ市内の更地化を要求したといわれます。しかし、これをスパルタ王が撥ねつけます。「お前たちはペルシャ戦役でアテネがギリシャのために払った犠牲を忘れたのか」と。スパルタもまたペルシャとの戦いでは多大な犠牲を払っています。アテネに対しては同志にも似た気持ちが少しは残っていたのでしょう。もし、この時、スパルタ王がテーベ、コリントの要求を呑んでいたら、パルテノン神殿は今に残ってはいなかったわけです。そこに少しだけ救われた気持ちです。

(M.T@総務部)

「リクシルリフォームショップ クニロクホーム」をOPEN

2017年4月17日 月曜日

201704171
このたびクニロクでは、皆様のリフォームのお悩みを専門的にご相談いただけるリクシルリフォームショップをオープンすることになりました。
オープンまであと少しお待ちください。

map20170417

住所/岐阜市六条南二丁目14番地2




平成29年5月26日(金) GRAND OPEN

5月26日(金)・27日(土) OPENイベント開催予定

 

六条南住宅展示場近く!

(A.N@総合企画室)

なぜまらそん45 お花見マラソン

2017年4月6日 木曜日

春です!暖かくなってくると朝も起きやすく益々走りやすいです!特にこのシーズン特別なのは“桜”です!私は夜桜が大好きなので、この時期は好んで夜に走ります。昨日も「そろそろ夜桜マラソンだ!」と思い、各地を走り渡ってきました!

近所の公園、高校のグランド、青柳公園、金華橋付近四谷公園、河原町、ホテルパークさん前、護国神社、中華公園・・・と、各所の夜桜を満喫してきました!

4月6日から週末まで天気も優れないということで、今朝も昨夜のおさらいのように同じコースを走り、お花見してきました!

毎年のこととは言え、やっぱり桜はきれいですね!日本で暮らせてよかった!と思える瞬間ですね。

下手な写真ですが、七分咲きくらいの桜とあわせて我が家のシデコブシをアップさせていただきます!

IMG_4945

夜桜と月

IMG_4943

中華公園

IMG_4988

中華公園

IMG_4987

河原町から岐阜城

IMG_4982

護国神社の鵜飼桜

IMG_4978

ホテルパークさん前

IMG_4971

河原町

IMG_4955

四谷公園

IMG_4949

高校のグラウンド

IMG_4990

シデコブシ

IMG_4992

大きいシデコブシ






























(S.K@社長)

 

はしご

2017年4月3日 月曜日

201704031気が付けばもう4月桜の木も色づきはじめました。

さくら、さくら・・・

という事で先週末は各務原の境川に、「味見」もとい「花見」に行ってまいりました。

お祭り大好き総務部のIです

毎年行く「桜まつり」今年も人で溢れかえっておりました。
唐揚げ、ウインナー、桜
ポテト、田楽、桜
と、まだ2分咲き程度でしたが、桜とダンゴを堪能してきました。

それが、午前の出来事
それから、岐阜駅前周辺の「せんい祭り」「玉宮ご当地グルメ王決定戦」
更に移動して、柳ケ瀬周辺の「道三まつり」と1日かけて地元岐阜を盛り上げに!

201704032201704033201704034







少し前は寂しかった岐阜駅前周辺も、新しい世代で盛り上げていただいており、賑やかになってきました。

地元のイベントに遊びに行き、お腹に貯蓄をすることが岐阜を盛り上げるために自分が出来るこだと言い訳をして、これからも心と体を成長させていきたいと考えております。

(M.I@総務部)